メインメニューを開く

京都FM丹波放送株式会社(きょうとエフエムたんばほうそう)は、京都府福知山市及び兵庫県丹波市の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FM丹波(エフエムたんば)の愛称でコミュニティ放送をしている。

京都FM丹波放送株式会社
愛称 FM丹波
コールサイン JOZZ7BF-FM
周波数/送信出力 79.0 MHz/20 W
本社・所在地
〒620-0947
京都府福知山市旭ヶ丘111
北関西IITメディアセンター福知山
設立日 2007年8月1日
開局日 2008年3月3日
演奏所 所在地と同じ
送信所 所在地と同じ
中継局 なし
放送区域 福知山市及び丹波市の各一部
公式サイト http://fukuchiyama.fm-tanba.jp/

目次

概要編集

福知山FM放送株式会社免許人となりFMキャッスルの愛称で、2007年(平成19年)秋に開局の運びだったが、ずれ込んで2008年(平成20年)3月3日に開局した。 親会社は兵庫県豊岡市に本社を置く近畿コンピュータサービス(N関西)。N関西社長の松井喜久夫がFM放送の局長(社長)も務める。

聴取可能エリアは、受信可能ロードマップとしてカーラジオによる調査結果で表す[1]

24時間放送を基本とし、過去には自社制作番組以外の時間帯はミュージックバードの配信番組を放送していたが、2010年(平成22年)4月より自社のランダム再生機器による音楽放送に変更、2011年(平成23年)4月からはリッスンジャパンの番組配給を限定的に受けている。

2012年(平成24年)より、パーソナリティという呼称をRJ(ラジオジョッキーの略)に変更した。

RJは現在4名(女性2名、男性2名)で、局管理者や総合制作主任等の役職者も含まれている。

メッセージやリクエストはEメールFAXを基本とし、一部の番組ではハガキでの受付も可能となっているが、聴取ターゲット層となっている20-30代を中心としている為、EメールとFAXをメインに募集告知している。なお、電話による受付は行っていない。

中継機は自局製作で3台配備。小型のジュラルミンケースで肩かけも可能なサイズになっている。携帯電話を接続して中継先とスタジオを結んでいる。

なお、ラジオ局でよくある"ラジオショッピング"や"占い"、"交通情報"のコーナーは一切設けていない(以前、福知山生き活きモーニングとサタデー目覚ましキャッスルで占いと交通情報のコーナーがあったが、終了している)。最近[いつ?]では国土交通省福知山河川国道事務所からの由良川を河川水位情報を天気予報と同時に放送している。

京都新聞の丹後中丹版には自社製作番組の番組表がFMいかるとともに掲載されている。

2008年秋頃から、開局当初に制作されたCMが順次リニューアル版に差替えて放送されている。これは、開局当初に在籍していたパーソナリティーが退職した事が大きく影響している。ただ、制作時期と素材変更の有無の関係上、既に退職したパーソナリティーがナレーションしたCMも流れている。

2008年7月15日からサイマルラジオに参加。

2012年3月1日より愛称を「FMキャッスル」から「FM丹波」へ変更。

2015年(平成27年)5月に『同年6月30日で閉局する』と発表したが[2]、その後、一転して当面の放送継続が決定した。

2015年7月、自社製作番組を大幅に縮小。再びミュージックバードからの配信を受けるようになる。

2015年9月4日、「福知山FM放送株式会社」から「京都FM丹波放送株式会社」に社名を変更。「FM丹波」の愛称は継続使用する[3]

インターネット放送編集

山間部や旧市域等の難聴取地域解消として、インターネットを利用したラジオ配信サイトであるSimulRadioを利用したインターネット放送を近畿のコミュニティ放送局で初めて2008年7月15日に開始した。これにより、以前から福知山市旧市域内での難聴取地域の改善は勿論の事、ネット環境さえあれば全国どこでも聴取する事が可能になる。

配信内容は、当初自社制作番組のみに限定されていた、2010年4月から全てが自社制作となった為、全時間帯で聴取可能となった。

FMキャッスルの放送内でもサイマルラジオでの放送を告知している。

サイマルラジオ以外での聴取方法として親会社のN関西と共同でandroidアプリ"FM聴(エフエムテイ)"を開発。福知山市内在住者限定での試験運用を経て2012年4月よりGooglePlayにて配布を開始した。

現在ではiPodTouch、iPhone、iPadのラジオ系アプリ、前述のFM聴を含むandroidスマートフォン向けのラジオ系アプリでも聴取可能である。

RJ(ラジオジョッキー)編集

  • mizushima(担当 おはよう丹波)
  • noto(担当 福知山ふるさと季行)
  • fukui(担当 元気だぜ福知山、元気だぜ福知山総集編)
  • matsui(担当 キャッスルヤングステーション)

番組編集

放送中編集

基本的に生放送番組は1番組1パーソナリティー体制である。

  • 福知山ふるさと季行(月-金 12:00-13:00、再放送 18:00-19:00)
福知山各地の自治会、ふるさとの情報を紹介する番組
2012年6月からはその週の放送内容を再放送として放送(土日 9:00-13:00)
土曜日は月・火の放送分、日曜日は水・木の放送分
  • キャッスルニュース全国版・地域版(月-金 8:50 - 9:00)
  • FM丹波 七色バラエティ(月-金 16:00 - 17:00)
  • 朝まで音楽(毎日 22:00-翌日7:00)

放送終了・休止中編集

  • サタデー生き活きモーニング(土 7:00-9:00)
おはよう丹波と統合により終了
  • CASTLEcafe(月-金11:00-13:00)
福知山ふるさと季行のスタートに伴い、終了
  • Let's funny in Fukuchiyama(土曜 16:00-19:00)
平日の同じ時間に放送している"キャッスルヤングステーション"の土曜版という位置付け。
多少、番組内容が異なるが、福知山city information等の一部コーナーが共通となっている。
2008年6月7日より放送終了、わずか約3か月の放送だった。
  • 福知山昔話(水 18:30-19:00)
  • キャッスルヤングステーションin Summer(2008年7月-8月)
2008年9月1日より、サブタイトル"in Summer"が外れ、再び通常のキャッスルヤングステーションに戻っている。
この時は月曜日-金曜日まで5人のパーソナリティーが日替わりで担当していた。
  • ListenRadio「Find Your Music!」presented by Listen Japan(水 22:00〜23:00)
初のミュージックバード以外からの配給放送。
  • おはよう丹波(月-土 7:00-9:00)(2015年6月終了)
FM丹波への名称変更に伴い、土曜日に放送されていたサタデー目覚ましキャッスルと統合
  • 元気だぜ福知山(月-金 13:00-15:00)(2015年6月終了)
福知山市民に元気を出してもらえるよう、福知山の元気な人、物、イベントにスポットを当てた番組
  • キャッスルヤングステーション(月-金 16:00-18:00)(2015年6月終了)
当初は"若い世代が中心となる番組"をコンセプトにしていたが、現在は"福知山市民が主役となる番組"になっている。
2012年4月より19:00終了から18:00終了に変更された
2012年6月からはその週の放送内容からピックアップしたものを再放送として放送(土日 13:30-15:30)
土曜日は月・火の放送分、日曜日は水・木の放送分
  • FMキャッスルミュージックシャワー(月-金 9:00-11:00、15:00-16:00)(2015年6月終了)
"キャッスルなつかしのあの歌この歌"から改名
月・木…童謡・唱歌・軽音楽
火・金…フォークソング
水…歌謡曲・演歌
  • ふくちやまミュージックパーク(日 7:00-9:00)(2015年6月終了)
2010年4月よりスタートし、前述のミュージックシャワーでのジャンルに加えJ-POP等も放送
以前は土日のほぼ全時間帯で放送されたが、再放送番組の開始により上記の曜日、時間帯での放送となった
  • 元気だぜ福知山総集編(土日 9:00-13:30、日曜日は再放送)(2015年6月終了)
その週に放送された中から厳選して放送。
Let's Funny in Fukuchiyama以来約3年10ヶ月ぶりに土曜日の生放送番組が復活
土曜日は生放送だが日曜日は土曜日放送分の再放送
  • 福知山city information(福知山市からのお知らせ)(月-金曜 7:55 - 8:00、17:20 - 17:25)
福知山市からのお知らせを5分間放送。

特別番組編集

  • 福知山お城まつりスペシャル
2008年分は土曜のみだったが、2009年分から2日間にわたって生放送になった。
  • 福知山市長選挙スペシャル(2008年6月15日 21:00-23:15頃)
開票所からの中継も行われたが、実際は音楽が流れていた時間が多かった。
福知山ドッコイセ花火大会の実況生中継。
  • 福知山市地域防災訓練実況生中継(2008年8月31日 8:30-11:00)
由良川河川敷で行われた福知山市地域防災訓練の実況生中継。
  • 福知山昔話(水 18:30-19:00)
名目上では特別番組となっている。一時期、レギュラー番組に格上げされたが、キャッスルヤングステーションin Summer開始に伴い、休止。しかし、キャッスルヤングステーションに戻った9月1日以降も休止している。
  • LIVEで福知山産業フェア特別番組(2008年10月18日 9:00-15:00)
FMキャッスルの特別番組史上最長の特別番組。"元気だぜ福知山"の特別編という位置づけとなっている。福知山産業フェアに出店されている企業のPRや来場者へのインタビュー。
  • LIVEで福知山マラソン
福知山マラソンの生中継特別番組。特別番組としては初の現地特設スタジオを設けての放送となったが、途中に流れる音楽はFMキャッスル本社スタジオから流している。
  • FMキャッスル開局記念番組
毎年3月3日の開局日に放送。
福知山成美高校が選抜高校野球の初戦突破により、2回戦の試合を生中継で放送。
阪神甲子園球場から中継機を通じて実況。

年末年始特別番組編集

毎年、年末年始にかけて特別編成で行われている。

11:00-14:00 生放送番組
各パーソナリティーが制作した収録番組
福知山昔話

BGM編集

防災ラジオ編集

2013年(平成25年)よりCMスポンサー及び賛助企業を対象に防災ラジオの無償頒布を開始した[4]。 FM丹波専用の受注生産品であり一般市民への有償頒布は行わない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 聴取可能エリア FM丹波(Internet Archiveのアーカイブ:2012年3月23日収集)
  2. ^ キャッスルeマガジン 2015年5月号 (PDF)
  3. ^ 「京都FM丹波放送」に社名を変更 福知山FM 京都新聞 2015年9月8日
  4. ^ CM提供企業・キャッスルフレンズ企業にFM丹波専用防災ラジオを無償で好評提供中! FM丹波(Internet Archiveのアーカイブ:同上:2013年5月9日収集)

関連項目編集

外部リンク編集