メインメニューを開く

京阪2400系電車(けいはん2400けいでんしゃ)は、1969年昭和44年)に登場した京阪電気鉄道通勤形電車。製造は川崎重工業兵庫工場

京阪2400系電車
京阪2400系新塗装編成(京阪本線枚方市駅)
京阪2400系新塗装編成(京阪本線枚方市駅
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 川崎重工業
製造年 1969年 - 1970年
製造数 6編成42両
主要諸元
編成 7両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1500V架線給電
最高運転速度 110 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 1030人
車両定員 先頭車140人・中間車150人
編成重量 215.5 t
全長 18,700 mm
全幅 2,720 mm
全高 4,185 mm
主電動機出力 155 kW
駆動方式 平行カルダン駆動
歯車比 84:15 (5.6)
編成出力 2,480 kW
制御方式 界磁添加励磁制御
制動装置 回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキ HSC-R
保安装置 K-ATS(出町柳 - 枚方市間)
京阪型速度照査ATS
テンプレートを表示

モノコック構造のいわゆる「卵型電車[注 1][1]」系列群の1つで、2000系の急行用2200系にさらに改良を加え関西の鉄道事業者では初めて冷房装置を搭載した通勤用車両で、1969年(昭和44年)と1970年(昭和45年)に7両編成3本ずつの42両が製造された。

投入の経緯編集

2200系に続く増備ならびに1000系(2代)の代替として1969年に登場した。2200系をベースとしながら冷房装置を搭載した設計で、1968年にロングシートの通勤車である京王5000系に冷房車が登場したのに続く、関西地区の通勤形車両では初めて冷房装置を搭載した車両となった[2]。1969年と翌1970年に7両編成3本ずつの計42両が製造された。

営業開始は1969年12月であったため、実際に冷房装置を営業運転で使用したのは1970年5月15日が最初となった[3]

車体・機器編集

 
昇圧前、ほぼ原型の京阪2400系

車体は2200系と同じく鋼製で、全長18.7mの両開き3扉車である[4]。前面のデザインは、前照灯シールドビームが採用された点、尾灯・標識灯も丸型から四角い形に変更されている点が、2200系と異なっている[5]

2200系をベースにしているため、性能的にはほぼ同じである。制御装置は、東洋電機製ACDF-H4155-576B(直列17段、並列13段、弱め界磁10段、発電制動34段)で、発電ブレーキ付きの抵抗制御、エアーブレーキもHSC-D(電磁直通空気ブレーキ)である。

架線電圧の600Vから1500Vへの昇圧を当初から前提にしており、電装品は昇圧に対応した複電圧仕様のものを使用していた。

2200系から変更箇所として、冷房装置の搭載が挙げられる。冷房装置は、分散式小型ユニットクーラーRPU-1509A(東芝製)を屋上に1両あたり8台搭載している。 1969年度(昭和44年度)に製造された前期の3編成(1次車)と1970年度(昭和45年度)製造の後期の3編成(2次車)では、冷房装置の外観が異なっており、後者は角が丸くなっている。

冷房用の大容量電動発電機が搭載されたことを生かし、その三相交流電源による容量の大きい暖房装置が取り付けられた。 2400系には導入当初、出力70kVAの電動発電機が2450形(50番台、Tc車)には2台、2450形(60番台、Tc車)と2550形(T車)には1台ずつ搭載されており、空気圧縮機は電動車に1台ずつ搭載されていた。

 
KS76A形エコノミカル台車
写真は5000系用

台車は、電動車(M車)はKS-76A(汽車製造)・付随車(T車)・制御車(Tc車)はFS-337E(住友金属工業(現・新日鐵住金→日本製鉄))に統一されている。

パンタグラフは、1次車は菱形のPT-4202Cが搭載されたが、2次車は下枠交差型のPT-4805Aが搭載された。下枠交差型パンタグラフは、京阪で初めて採用された[5]

本系列は、京阪では初めて運転台つきの電動車がなく、主電動機は中間車のみに装備されている[6]。これにより、編成は中間に運転台を持たない7両の固定編成となった。これは通勤客の増大により収容力を増やす必要があったためと考えられている[7]

1次車は、竣工当時、正面に成田リコ式の貫通を装着していたが、固定編成であり分割併合の必要がないため、京都方は1970年代初頭、大阪方先頭車については1970年代後半に撤去された[5]。2次車は側面方向幕を準備された状態で竣工した[8]。また、営業開始後に列車無線装置が追加されている。

1次車については、屋上の滑り止めに由来する「砂地処理」が先頭車の前頭上部に施されていたが、2次車からはこれがなくなっている[9]。1次車の砂地処理は1972年に取りやめられた[5]

内装編集

 
車体改修工事施工前の車内イメージ。ただし写真は2200系のもの。
 
車体改修工事施工後の車内イメージ。ただし写真は同様の改修工事を施工した1000系のものであり、車体構造、窓配置などは本系列と異なるが床や壁の色は同じ。

車内の座席はロングシートである[10]。混雑に対処するため、扉付近の立席スペースを2200系(1965年度以前の製造車)よりも広げた[11]。反面、座席定員は減少しており(中間車4 - 6人、先頭車6人分)、定員1人あたりの座席幅も狭くなっている。当初の内装の色調は、京阪標準の緑系であった[12]。網棚は、従来の繊維製から金属製になった。

改修工事編集

 
更新後の旧塗装編成(京阪本線西三荘駅
 
更新後の旧塗装車(2460形)

1988年(昭和63年)から1991年(平成3年)にかけて改修工事が実施された。それ以前に実施された2200系の改修工事とは内容が大きく変化している。

  • 制御装置はACRF-H8155-790Aに交換され、回生ブレーキ付きの界磁添加励磁制御となった。また補助電源装置には京阪線初のSIV(静止形インバータ)を採用した[13]
  • 正面貫通開戸は外開きに改修され、大型ガラスを採用し正面行先表示器を設置した。本系列に正面行先表示器が設置されたことにより、京阪線では正面の方向・種別板が使用されなくなった。また尾灯のデザインも変更されている。
  • 内装は、壁の化粧板を従来の薄緑色から6000系と同じベージュ系のものに張り替えた。
  • 戸閉予告ブザー、ドア開時の自動放送装置を設置した。
  • 続いて1000系でもこれに準じた改修工事が実施されており、1000系は一部の編成で車椅子スペースが設置されたが、2400系には車椅子スペースは設置されていない。

その後の小改造・新塗装化編集

  • 2002年12月3日付で、第1編成 (2451F)のパンタグラフが、菱形のパンタグラフから、廃車された2600系から取り外した下枠交差形のPT-4805A-M改[14]に交換された。
  • 2003年5月から2004年7月にかけて、2400系全車に対して、転落防止幌の取り付けが行われた。
  • 2004 - 05年頃に優先座席の背ずりをオレンジ色に交換し、カーテンにも「優先座席」の文字を追加している。
  • 2008年度より京阪の新CIロゴの貼付が行われているほか、車体塗装の変更が実施されている。第一陣として2452Fが2008年12月24日付けで新塗装編成となり、2011年11月末現在2451F・2452F・2454Fの3編成が新塗装化された[15]。本系列を含めた京阪線車両の塗装変更は2013年5月までに完了している[16]
  • 2010年2月12日に2453Fが、同月19日に2452Fが、廃車となった2600系から流用された下枠交差型のPT-4805A-M改パンタグラフに取り替えられた[要出典]。これにより、京阪線では菱型のパンタグラフは消滅した[17]
  • 京阪では2014年から在来車の前照灯をシールドビームからLEDに交換する改造が行われている[18]2017年7月に2456Fが、2018年5月に2455F、2453F、2454F、7月に2451Fがそれぞれ前照灯をシールドビームからLEDに換装し8月にLEDに換装された2452Fを最後に2400系全6編成の前照灯のLED化改造が完了した[要出典]

組成表編集

2009年4月1日現在[19]

← 出町柳・私市・宇治
淀屋橋・中之島 →

形式 2450形 2500形 2500形 2550形 2500形 2500形 2450形 竣工 備考
区分 Tc M M T M M Tc
車両番号 2451 2511 2521 2551 2531 2541 2461 1969年11月
2452 2512 2522 2552 2532 2542 2462 1969年12月
2453 2513 2523 2553 2533 2543 2463 1969年12月
2454 2514 2524 2554 2534 2544 2464 1970年9月
2455 2515 2525 2555 2535 2545 2465 1970年9月
2456 2516 2526 2556 2536 2546 2466 1970年10月

その他編集

  • 川崎車輛が川崎造船川崎航空機と合併して川崎重工業となった1969年製の2461・2553・2463号車は、同社が合併による新体制への移行の過渡期であったため、製造銘板は車外が「川崎重工」で車内が「川崎車輛」となっている。また、その逆に2462号車は、車内は「川崎重工業」であるが車外は「川崎車輛・昭和44年製造」のものが取り付けられている。
  • 運用開始以来40年以上の間に、大規模な改修を受けて正面デザインや内装は変化しているものの、系列内の形式の変更や編成の組み直しは行われておらず、昇圧以前からの在籍車両では最も変化の少ない系列である。ただし、全般検査の際に一時的に編成を4+3両に分割して片方を2200系(非冷房時代から)や2600系(第29編成)と連結して運用した事例はある[5]

注釈編集

  1. ^ 2000系、2200系、2400系、2600系0番台(2000系改造車)、2600系30番台(完全新造車)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『京阪電車』60ページ 清水祥史 JTBパブリッシング
  2. ^ 青野邦明『私鉄の車両15 京阪電気鉄道』、保育社、1986年、44頁
  3. ^ 京阪電気鉄道株式会社/編集 『京阪70年のあゆみ』、1980年、213頁。 
  4. ^ 『私鉄車両年鑑2013』、イカロス出版、2013年、73頁
  5. ^ a b c d e 清水、2017年、pp.84 - 85
  6. ^ このため、京阪では唯一、系列と同じ番号の形式(2400形)が製造以来一度も存在していない。
  7. ^ 7両固定編成のために留置線有効長の短い深草車庫への入出庫は不可能であったため守口車庫および寝屋川車庫入庫/出庫列車に限定されていた
  8. ^ 清水、2017年、p.84。1次車は営業開始後に設置された。
  9. ^ 清水、2017年、p.87
  10. ^ 『私鉄車両年鑑2013』、イカロス出版、2013年、73頁
  11. ^ 2000系および2200系の1966年度以降の製造車両は本系列と同じ仕様となっている(清水、2017年、p.85)。系列としてこの仕様を採用したのは本系列が最初である。
  12. ^ 『私鉄車両年鑑2013』、イカロス出版、2013年、73頁
  13. ^ 京阪で初めて採用されたのは大津線600形である。
  14. ^ 架線と接触するスリ板をカーボンファイバーに交換された
  15. ^ 出典・『関西の鉄道』№60 102頁「京阪だより」
  16. ^ Kプレス2013年6月号(vol.171) - 「くらしの中の京阪6月号 vol.448」内「京阪線車両のカラーデザイン変更が完了しました」を参照。
  17. ^ 清水、2017年、p.86
  18. ^ 京阪電車 JTBパブリッシング 清水祥史 145頁
  19. ^ ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2009』交通新聞社、2009年、120頁。

参考文献編集

外部リンク編集