メインメニューを開く

京阪50型電車(けいはん50がたでんしゃ)は、かつて京阪電気鉄道京津線で使用されていた電車路面電車車両)の一形式である。

沿革編集

1932年(昭和7年)7月に1次車として51が大阪鉄工所(現・日立造船)で、52 - 54が田中車輛(現・近畿車輛で製造され、1933年(昭和8年)2月1日に2次車として55が田中車輛で、56 - 58が日本車輌製造で製造された。台車は電動貨車から流用した高床式のものを履いた反面、逢坂山トンネルや急カーブに対応するため幅を詰めたことで、前面は高さの割に幅が狭く、また中央窓が左右の窓に比べて上下、左右ともに大きい独特のデザインとなった。1次車は濃緑色1色の塗装で登場したが、2次車は上半分クリーム色、下半分がコバルトブルーという京阪線の1000型・1100型に近い塗装となった。後に1次車は上半分だけを2次車と同じクリーム色に変更した後、2次車と同じ塗装に統一された。

1次車の51 - 54は種車より流用した直流直巻電動機を搭載、発電制動を備える。2次車の55 - 58(55・56は初代)は日本初の直流複巻電動機東洋電機製造TDK-582-A)を用いた回生制動付き車両であった。ただし、当時の技術では下り勾配での減速時にしか回生制動が使用できず、また直接式制御だったために連結運転が不可能だった。

京津線で1934年(昭和9年)4月から運行が開始された急行用として運用され、三条大橋駅 - 浜大津駅間を21分で結んだ。

1949年(昭和24年)8月7日四宮車庫で発生した火災によって8両全車が被災焼失した。このうち6両はそのまま翌1950年(昭和25年)1月31日付で廃車となったが、焼損度合が軽微であった発電制動仕様の52・54の2両についてはナニワ工機にて車体の修復工事が実施され、東洋電機製造にて修復された電装品を搭載、回生制動仕様車として復旧された。そのため、1950年(昭和25年)4月に竣功した際には54・52の順で55・56(いずれも2代)と改番され、廃車となった回生制動車の車番を継承した。

復旧された55・56はその後も京津線で使用された。戦後の塗装は上半分が濃いクリーム色、下半分が濃緑色であった。80型の導入に伴い、2両とも1968年(昭和43年)12月23日付で廃車となった。

主要諸元編集

※復旧後の55・56のもの。

  • 最大寸法(長さ×幅×高さ):12,200mm×2,326×4,000
  • 自重:23.00t
  • 定員:70人(座席34人)
  • 主電動機:63.4kW×2
  • 駆動方式:吊掛式
  • 歯車比:59:20

参考文献編集

  • 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』1962年7月号(通巻133号)同志社大学鉄道同好会 私鉄車両めぐり(48)京阪電気鉄道〔終〕
  • 同上、1991年12月増刊号(通巻553号)沖中忠順 大津線の車両 ~各線開通時から四宮車庫火災まで~