京阪600形電車(けいはん600がたでんしゃ)は、京阪電気鉄道が所有する大津線と呼ばれる路線網を走る電車路面電車車両)の1形式。1984年の登場当初は京都府滋賀県に跨る京津線で使用されたが、1997年以降は滋賀県を走る石山坂本線で運用に就く[4][12][8][9][10]

京阪600形電車 (3代)
Keihan 600 series set 613 Ishiyamadera 20060315.JPG
614 + 613(2006年撮影)
Keihan 612 Ishiba Station.jpg
612 + 621(新塗装、2019年撮影)
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 京阪電気鉄道錦織工場
製造年 1984年 - 1988年
製造数 20両(2両編成10本、601 - 620)
改造年 1993年(昇圧対応工事)
改造数 20両
運用開始 1984年4月
投入先 大津線京津線石山坂本線
主要諸元
編成 2両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600 V→直流1,500 V
架空電車線方式
最高運転速度 60 km/h
車両定員 95人(着席40→38人)
車両重量 21.0 t
全長 15,000 mm
全幅 2,380 mm
全高 3,980 mm
車体高 3,512 mm
車体 鋼製
台車 住友 FS-503A
固定軸距 1,900 mm
台車中心間距離 9,000 mm
動力伝達方式 TD平行カルダン駆動方式
主電動機 TDK-8565A(150 V、410/65A、1,150 rpm)(登場時)
TDK-8760A(改造後)
主電動機出力 53 kw(登場時)
70 kw(改造後)
歯車比 6.00(登場時)
6.11(改造後)
出力 212 kw(登場時)
280 kw(改造後)
制御装置 ACRF-M853-788A(電動カム軸式、抵抗直並列界磁位相制御)(変更前)
分巻界磁位相制御(8M1C)
制動装置 非常直通式空気ブレーキ(SME)(登場時)
全電気指令式電磁直通ブレーキ(HRD-1)(変更後)
回生ブレーキ発電ブレーキ併用)
備考 車体は260型300型から流用
主要数値は[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]に基づく。
テンプレートを表示

最初の車両が製造された1984年当時の京阪電気鉄道は車両形式に「型」という漢字を用いていたが、その後1986年に「形」へと変更した。そのため、この項目では「600型」ではなく形式表記変更後の「600形」として記す[13]

導入までの経緯編集

京阪大津線を走る列車のうち、京津線を走る準急列車用には、1979年から1981年にかけてカルダン駆動方式TD平行カルダン駆動方式 )や発電ブレーキを常用する制動装置、乗務員室の面積を広げた非貫通の前面デザインなど多数の新要素を取り入れた高性能電車である500形が導入された。しかし、この車両は従来の車両と同様に冷房装置が搭載されておらず、大津線のサービス改善が求められるようになっていた。そこで導入されたのが、冷房を始めとした更なる新要素を導入した600形である[1][8][9]

製造は石山坂本線錦織車庫に隣接した錦織工場で行われ、500形と同様に従来の非冷房車の車体を流用し、新たに製造された運転台や台車、機器と組み合わせる形で作られた。1次車(601 - 608)には300型の、2次車から4次車(609 - 620)までの車両には260型の車体が用いられ、前者に関しては全ての車両が600形に車体を供出した。ただし「改造」扱いであった500形とは異なり、600形は車歴上これらの車両の「代替新造」という形で製造された[9][10][14][15]

形式番号の「600」については、1927年に1550形として登場後1929年に改番され、「ロマンスカー」という言葉が誕生するきっかけとなった初代、様々な経緯を持つ車両が混在した通勤用電車である2代目が存在しており、本項目で紹介する600形は3代目にあたる[16][17][18][17]

車体・機器編集

車体側面は2箇所に設置された両開き乗降扉を始めとする流用元の車両の扉・窓配置が活かされた一方、先頭部は京阪線[注釈 1]向けの6000系の流れを汲んだ半流線形状となり、非貫通式の2枚窓が設置された。ただし窓の形状は製造年代によって異なっていた。また運転室も拡大し、車体長が従来の車両から200 mm程伸びた。車内は全席ロングシートで、製造時は6000系と500形の要素を取り入れた暖色系の色調で纏められていた[1][8][10]

編成は2両固定編成で、集電装置(パンタグラフ)は運転台側に1基搭載された。連結面の形状は種車によって異なり、300型の車体を用いた1次車は雨樋が連結面まで伸びる外観(丸妻)であった一方、製造時から片運転台であった260型の車体を用いた2次車と3次車の一部(613・614)は連結面の上部が張り上げ構造に改造され、製造時両運転台だった260型が由来の3次車(615・616)および4次車は連結面側の運転台跡を撤去し定員を増加させる工事が行われ、平面状(切妻)となった[10][12]

台車には500形に導入された空気ばね台車のFS-503形を改良した住友金属工業製のFS-503A形を採用しており、軸箱支持用の緩衝ゴムがシェブロンゴムに付け替えられた。製造時の主電動機には、直巻巻線と分巻巻線双方を有した直流複巻電動機である東洋電機製造製のTDK-8565Aが使用され、電力を回収可能な回生ブレーキや後述の定格制御装置の使用が容易となった。これに加え、制動装置として発電ブレーキを常用したほか、これらと独立して非常直通式空気ブレーキ(SME)も搭載された[9][1][18][20]

駆動装置は500形と同様にTD平行カルダン駆動方式を採用したが、500形が中空軸式であった一方、600形は中実軸式に変更された。奇数番号の車両に設置された制御装置(ACRF-M853-788A)は電動カム軸式で、抵抗直並列界磁位相制御の3つの制御方式に対応していた。また5 km/h刻みの定格制御が可能であり、導入当初のノッチ数は30 - 60 km/hの間の7ノッチであったが、1985年以降は25 km/hが追加され8ノッチとなった。偶数番号の車両の床下に搭載された補助電源装置(SVM55-440、55 kVA)は、床下空間の都合上GTO素子を用いた静止型インバータ(SIV)を京阪の車両で初めて採用した。構造はブースター式で、制御装置に用いられる交流電源もここから供給された[1][20]

冷房装置として東芝製のRPU-3042(11,500 kcal/h)[注釈 2]が採用され、各車両の屋根上に2台設置された。車内への送風にはダクトに加えてラインデリアが使われている[1][18][21]

増備編集

1984年4月に営業運転を開始し、登場時には大津線初の冷房車であることをアピールするため装飾付きの大型ヘッドマークが付けられた。以降も好評を受けて同年夏までに2両編成3本が導入され、10月22日に製造された707 + 708をもって1次車(301 - 308)の製造が完了した。これにより、車体流用元となった300形は形式消滅し、それまで京津線の準急に使用されていた260型や500形は石山坂本線での運用が増加した[9][10]

その後、更なる冷房化促進のため、多数が残存していた非冷房車である260型の車体を用い600形を増備することが決定し、前面窓の曲線ガラス(パノラミックウィンドウ)への変更が施された2次車(609 - 612)が1986年に完成した。続いて翌1987年には側面窓の下段固定化を実施した3次車(613 - 616)が導入され、1988年には最終増備車となる4次車(617 - 620)が製造された。この3次車・4次車における側面窓の形状変更は、冷房化により窓を全開にする必要性が薄れたことが要因であり、1992年から1993年にかけて1・2次車も同様の形状に改造されている[4][5][10][14]

昇圧対応工事等編集

 
浜大津駅(現:びわ湖浜大津駅) - 三井寺駅間(2015年撮影)

京津線の部分廃止および京都市営地下鉄東西線への片乗り入れ開始に合わせ、大津線全体の架線電圧が直流1,500 Vに昇圧されることになったが、それに先駆け昇圧後も継続して使用されることになっていた600形は、製造当初から複電圧車として製造された700形と同様への機器の交換を含め、以下のような改造が1993年に実施された[10][22]

昇圧が実施された1997年10月12日をもって600形は京津線から撤退し、以降は2019年現在まで石山坂本線で使用されている。その後も車内への車椅子スペースの増設[注釈 3]2003年に実施されたワンマン化対応工事など小規模な改造が行われている[4][5][10]

塗装変更編集

 
新塗装(2018年撮影)

600形の塗装は、後述のラッピング車両を除いて製造時から長らく車体上半分が若草色(ライトグリーン)、下半分が青緑色(ダークグリーン)のツートンカラーであった。2017年以降、上半分が濃緑色(レストグリーン)、下半分が白(アトモスホワイト)、両色の境目に黄緑色(フレッシュグリーン)の帯を配した、京阪線一般車と同様の新塗装へ塗り替えられており、他の大津線用電車と共に2021年3月までに塗装変更を完了する予定となっている[24]

ラッピング・特別塗装編集

 
特急色(2013年撮影)

1997年以降、大津線石山坂本線)では多数のラッピング電車が運行されている。当初は公共機関からのお知らせや沿線イベントの紹介などが中心で、ラッピング自体も年に数件ほどであったが、613 + 614編成を用いて2011年8月22日に登場した映画「けいおん!」とのタイアップによるラッピング電車「HO-KAGO TEA TIME TRAIN」が高い反響を呼んだことで、以降様々なアニメ作品とタイアップしたラッピング電車が登場している[25][26]

それ以外にも坂本ケーブルとのタイアップ塗装「坂本ケーブル80周年記念トレイン」や交通安全を呼びかける「パト電」など様々な特別塗装の列車が登場している他、大津線開通100周年を記念して2012年には603 + 604編成が上半分マンダリンオレンジ、下半分カーマインレッドの京阪特急色に塗り替えられ、同年9月26日から2016年3月21日のラストランイベントまで運行していた[注釈 4][28][29][30][31][32]

車歴・編成編集

京阪600形[16][10][33][5][12]
 
 
車種 形式 竣工日 連結面 車体流用元
600形 (Mc1) 600形 (Mc2) 形式 番号
1次車 601 602 1984年4月16日 丸妻 300型 307+308
603 604 1984年7月20日 303+304
605 606 1984年8月1日 305+306
607 608 1984年10月22日 301+302
2次車 609 610 1986年4月22日 丸妻
(張り上げ屋根)
260型 277+278
611 612 1986年7月4日 275+276
3次車 613 614 1987年4月17日 274+279
615 616 1987年7月4日 切妻 269+270
4次車 617 618 1988年4月19日 271+272
619 620 1988年7月4日 273+274

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 京阪電気鉄道のうち、本線鴨東線宇治線交野線中之島線を含む路線群の総称[19]
  2. ^ 京阪線用の6000系にも同型の冷房装置が使用された。
  3. ^ これに伴い着席定員数が製造時の40人から減少し38人となった
  4. ^ 600形に車体を流用した300型や260型は、1980年代初頭まで京津線の優等列車塗装であった京阪特急色を纏っていた経歴を持つ[27]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 68-69.
  2. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 127-137.
  3. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 164-165.
  4. ^ a b c d 寺田祐一 2003, p. 63.
  5. ^ a b c d 寺田祐一 2003, p. 151-152.
  6. ^ 清水祥史 2017, p. 187.
  7. ^ a b c 倉堀耕一「新車ガイド5 京阪700形電車」『鉄道ファン』第32巻第7号、交友社、1992年7月1日、 72-73頁。
  8. ^ a b c d 車両紹介 - 600形”. 京阪電気鉄道. 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 第1回: 石山坂本線 600形電車(1)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 第4回: 石山坂本線 600形電車(4)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  11. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 150.
  12. ^ a b c 清水祥史 2017, p. 184.
  13. ^ 清水祥史 2017, p. 3.
  14. ^ a b 第2回: 石山坂本線 600形電車(2)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  15. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 171.
  16. ^ a b 第3回: 石山坂本線 600形電車(3)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  17. ^ a b 奥田行男, 野村薫 & 諸河久 1981, p. 116.
  18. ^ a b c 奥田行男, 野村薫 & 諸河久 1981, p. 72.
  19. ^ 列車運行状況”. 京阪電気鉄道. 2019年12月18日閲覧。
  20. ^ a b 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 134-136.
  21. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 140.
  22. ^ 第7回: 石山坂本線 700形電車(3)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  23. ^ a b c d e 第5回: 石山坂本線 700形電車(1)”. keihan-o2.com. 京阪電気鉄道. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  24. ^ 「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」のブランドイメージを統一 大津線車両のカラーデザインを変更します”. 京阪電気鉄道 (2017年3月13日). 2019年12月18日閲覧。
  25. ^ 井上遼一 (2011年8月25日). “京阪電鉄大津線で映画「けいおん!」ラッピング電車運転”. 鉄道ファン. 交友社. 2019年12月18日閲覧。
  26. ^ “ラッピング電車でGO!"湖都"を快走する”. 電気と保安 (関西電気保安協会) (469): 3-6. (2015-9・10). https://www.ksdh.or.jp/pages/wp-content/uploads/2015/09/469.2015_9.10.pdf 2019年12月18日閲覧。. 
  27. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 88.
  28. ^ 山川良太 (2008年3月20日). “京阪 石山坂本線「坂本ケーブル80周年記念トレイン」が「源氏物語」ラッピング列車に”. 鉄道ファン. 交友社. 2019年12月18日閲覧。
  29. ^ 釜淵洋 (2012年5月3日). “京阪電鉄石山坂本線で「パト電」運転”. 鉄道ファン. 交友社. 2019年12月18日閲覧。
  30. ^ 国府孝行 (2012年9月26日). “京阪600形603編成が京阪本線特急色に”. 鉄道ファン. 交友社. 2019年12月18日閲覧。
  31. ^ 京阪「600形車両ラストランイベント」開催”. 鉄道ファン. 交友社 (2016年2月25日). 2019年12月18日閲覧。
  32. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 8.
  33. ^ 飯島巌, 青野邦明 & 諸河久 1986, p. 153.

参考資料編集

  • 奥田行男、野村薫、諸河久『京阪』保育社〈日本の私鉄 7〉、1981年8月5日。ISBN 4-586-50541-9
  • 飯島巌、青野邦明、諸河久『京阪電気鉄道』保育社〈私鉄の車両 15〉、1986年4月25日。ISBN 4-586-53215-7
  • 寺田祐一『ローカル私鉄車輌20年 路面電車・中私鉄編』JTB〈JTBキャンブックス〉、2003年4月1日。ISBN 4533047181
  • 清水祥史『京阪電車 1号型・「びわこ号」から「テレビカー」・「プレミアムカー」まで』JTBパブリッシング〈キャンブックス〉、2017年8月26日。ISBN 978-4533120817