メインメニューを開く
2008年J1リーグ第1節ヴィッセル神戸戦 (味の素スタジアム)において、FC東京の応援席で行われた人文字。この年Jリーグ加盟10周年を果たし、バックスタンドの応援団が10の文字を作る
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・平壌の「金日成競技場」での祭典で行われる人文字を使ったマスゲーム。バックスタンドに陣取る市民が人文字で北朝鮮の歴史を表現する(1998年)

人文字(ひともじ)は、マスゲームの一種で、多数の人間[1]様々な道具などを使い、鮮やかな表現を使ってパフォーマンスをする。コレオグラフィー: Choreography)とも。

目次

概要編集

自由な発想で、人間のグループが、色画用紙ポンポン帽子服飾等自由な衣装・道具を用い、チーム一丸となって、ある一つのテーマに沿った文字などを表現するもの。

応援団のパフォーマンスのほか、学校企業の記念事業の空撮などに用いられる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集