メインメニューを開く

人生 (バンド)

かつて活動していた日本のバンド

人生(じんせい、ZIN-SÄY!)は、1980年代後半にインディーズで活躍した電気グルーヴの前身にあたる日本バンド[1][2][3]ナゴムレコード所属。1985年3月結成。1989年4月解散。

人生
ZIN-SÄY!
別名 ZIN-SÄY!
出身地 日本の旗 日本静岡県
ジャンル テクノポップ ニュー・ウェイヴ
活動期間 1985年 - 1989年
レーベル ナゴムレコード
共同作業者 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
メンバー 卓球
畳三郎
おばば(EX分度器)
若王子耳夫
グリソン・キム
越一人
旧メンバー K太
くちづけ
狂人川井
ブードゥー田中
ひょでしからー渡辺
ポートピア83才
山本圭三(K3)
イトチュー
ボーイスカウト塚本
王選手

目次

歴史編集

人生(ZIN-SÄY!)のメンバーは顔にメイクをしており、卓球は白塗りに目が赤と青の独特なメイク[4]で、時に怪しいピエロ風、時にカッターシャツネクタイ、時に大ファンである鬼太郎ファッションに身を包んでいた。また畳(ピエール瀧)は、時にドラえもん、時にゴルゴ13、時には殿様等のコスプレをしていた。

1985年、当時高校2年生だった石野卓球が地元静岡で結成。同年3月25日、静岡サーカスタウンでデビューライヴを行う。この時は卓球ひとりでカラオケライブ[5]をしていたが、後に卓球の友人関係からメンバーが増え、同年6月28日に夜中の静岡駅で行った3回目のライヴ[6]からピエール瀧(当時の芸名は畳三郎)もメンバーとして正式に参加する[7][8]

ちなみに人生は初期から「ロックンローラーに対抗して歩行者天国マイムマイムを踊る」「地球儀をつけて夜中に町を徘徊する」「自転車ハードルをステージに持ち込む」「マヨネーズボンカレーを顔に塗りたくる」といったゲリラ的なパフォーマンスやコントを行っており、これが後に電気グルーヴの瀧のパートにつながっていった。また静岡時代のメンバー構成は非常に流動的で、多い時には10人以上に達したが、のちに卓球畳三郎おばば(EX分度器)若王子耳夫グリソン・キム越一人の6人に固定された。

1986年、静岡モッキンバード有頂天の3度目の前座をした時に、ナゴムレコードを主宰するケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)から「レコード出さない?…ナゴムから出さないでどこで出す!?」と言われた。その後、卓球の勉強部屋で1985年夏に自宅録音されたデモテープが、そのままナゴムから1stソノシート『9TUNES FOR MIRAI』として発売されることをきっかけに、ナゴムに就職する気持ちで上京する。ちなみに上京直後に卓球の音源をミックスしたのは当時CSV渋谷の店員だったもすけさん山口優(現在はマニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ代表/作曲家)と東京タワーズ岸野雄一ナゴムレコードの命名者)だった[9]

同年6月6日と8月29日に行われたナゴム総決起集会では筋肉少女帯ばちかぶり死ね死ね団らと共に出演。その特異なパフォーマンスが注目を集め、同年11月6日にはナゴムギャルのまゆたんガールズバンドマサ子さん」を後に結成)を中心に新宿ロフト前でファンクラブ「人生教」[10]が発足する。その後、インディーズ・ブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランク・インされる程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する[11]

しかし、人生と同じくらいレコードが売れているインディーズ・バンドにはメジャーデビューの話があるにも関わらず、人生にレコード会社からの声は一向にかからなかった。その後、バンドブームによってバンド形態になるが、便乗しきれず(そのことを卓球は「ウチらは漫才ブームでついでに売れたゆーとぴあみたいなもんだよな。」とコメント)、バンドとしてなかなか芽が出ない、結果が出せない困窮した状況が続いていた。そして1989年4月26日、おばば(EX分度器)脱退を記念した「おばば崩御 さよならおばば(EX分度器)ツアー」において、梅田にあったバーボンハウスでのライヴ(卓球の好きな大阪に拘った)を最後に解散となった。

その日の解散ライヴは凄まじく、それまでは座ったままの大阪の客が最初から全員総立ちで、代表曲にて最終曲になった「オールナイトロング」では激しいポゴダンス状態になり、解散を惜しんだ。最後に卓球は「今は“電気”というバンドもやってますので、そちらもよろしく!」といった言葉を残して終演した。ちなみに電気グルーヴの初ライヴも大阪の十三ファンダンゴで密かに行ったが、あまり知られていない。

解散後編集

電気グルーヴとして活動後も、しばしばセルフカヴァーというかたちで披露されたり、わざわざ当時の音源を模してサンプリングされている[12]

2008年、DJ OZMAのラストアルバムにおいて代表曲「オールナイトロング」をカヴァーしたいというオファーを受けていたが、元々インディーズ時代の楽曲であるため著作権管理をしていないことが発覚。加えて童謡「クラリネットをこわしちゃった」から一部の歌詞とメロディを引用しているため、改めて日本語訳詞の作詞者・石井好子に許諾を打診(メロディは本来フランスの童謡のもので作者不詳であるとされる)するものの「キンタマはNG」との判断により却下された。このように、オリジナルバージョン発表から20余年を経て発禁となったことを翌年掲載の電気グルーヴの連載「メロン牧場」で吐露している。

2013年12月8日、ケラリーノ・サンドロヴィッチ生誕50周年記念・ナゴムレコード30周年ライブ「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」に石野卓球、ピエール瀧、砂原良徳牛尾憲輔が「電気グルーヴ plays 人生」として出演、約24年ぶりに人生の楽曲を演奏した。

2019年3月12日、ピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、卓球は腕に「電」というタトゥーを彫り、3月24日に「Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生」という短文をTwitterに投稿[13]。「人生」というバンド名の伏線を(ある意味)30年かけて回収した形となった。

2019年6月18日、東京地裁の判決公判でピエール瀧に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡される。この日、裁判官は判決を言い渡した後、瀧の自宅の一室に張られている人生の1stソノシート『9TUNES FOR MIRAI』(ナゴムレコード NG-030 1986年)の証拠写真を見せ、「なぜこの書が飾られているのか気になっていましたが、あなたのインディーズ時代からの活動で、たびたび作品に出てくる言葉だと分かりました。あなたが大切にしている『人生』という言葉について、3つ問いたいと思います。『人生』をこれからどうしたいのか。『人生』の意味とは何なのか。『人生』という言葉を贈ってくれた人の気持ちに応えているのかということです。この先、迷ったり悩んだりした時は自分の胸に手を当てて『人生』という言葉の意味を考えてください」と問いかけた上で「この文字を書いた人は、ダークサイドではなくて、仲間としての純粋な思いを語り合ったのではないか」と瀧に人生と書いてくれた人=石野卓球と見立て、コンビ愛の重要性を説諭し、「この先、芸能界に復帰できるのか、復帰に何年かかるのかは分かりませんが、薬物の力を借りなくても、これまでよりも活躍していると社会の人たちが思ってくれる日が来ることを願っています」と復帰を後押しした[14][15][16]。判決後、石野卓球はTwitterで「人生ってバンド名考えたの俺だかんな。よって、偉いのは俺、裁判官、瀧元死刑囚の順な」と言及した[17]

メンバー編集

固定メンバー編集

  • 卓球(石野卓球
    ボーカルプログラミングキーボード
    ピエロ鬼太郎書記長アメリカ人喧嘩握り、国際工業大学非常勤講師、石野"卓球"ペルニーニャ6世
    1967年12月26日、静岡市生まれ。性格はお調子者で頑固者。優しくなったり意地悪になったり忙しい。泣き虫だという意見もある。外出はあまり得意ではない。暇な時はだいたい家に閉じこもっている。好きな食べ物は[18]
    人生解散翌日の1989年4月27日に電気グルーヴを結成。人生・電気ともにほぼ全ての曲で作詞・作曲を担当している。
  • 畳三郎(ピエール瀧
    ボーカル
    ドラえもんゴルゴ13殿会計コミックパブチャップリン」勤務、瀧北京(パピヨンと読む)、瀧とかいう人、顔
    一時期人生を「カッコつけるから」とクビにされ、女装をした「瀧レモン」や「おっかけ」として参加している[19]
    持ち歌に「俺が畳だ!殿様だ!」がある。電気グルーヴでは作詞、映像、を担当。
  • おばば(EX分度器
    ボーカル、ギターベース
    番長F1レーサー、奇行&、御婆"分度器"
    おばけのQ太郎のような白塗りメイクが特徴。
    1985年10月23日、静岡モッキンバードでのライヴより正式加入[7]。以前は「分度器」と呼ばれていた。
    持ち歌に「ルンバdeオババ」「ラップdeオババ」「オ・バンバ」「吹けよオババ呼べよオババ」などがある。
    好きなアーティストはクリストファー・クロス。音楽活動引退後は郷里の静岡県ミシンセールスマンとなる[20]
  • 若王子耳夫(わかぷりんすみみお)
    ボーカル、ベース、ギター
    卓球の高校の同級生、中学生見習いデストロン日本支部長、自転車の後輪をまわす係、“嫌なヤツ”担当
    奇声を発しまくる気狂いじみたボーカル&コーラスが特徴。持ち歌に「耳夫サンバ」「耳夫ジャズ」がある。
    1985年7月23日、静岡サーカスタウンでのライヴから加入するも「ギャグレベルが低い」という理由から一回のライヴでクビになる。翌1986年10月10日、静岡モッキンバードでのライヴから正式に再加入[7]。その後、一浪して東京の大学に進学し、1987年春から東京でも活動する[21]
    人生解散後、そのまま電気グルーヴにも加入したが、インディーズ1stアルバム『662 BPM BY DG』の発表前後の1990年に脱退した。その後、ナゴム時代の同僚バンドである死ね死ね団ベーシストを経て、2003年からCUBISMO GRAFICO FIVEに330 mimio名義でギタリストとして加入するが2009年に脱退する。かつて瀧とは〈悲しい〉という別ユニットも組んでいた。
  • グリソン・キム
    ボーカル、キーボード、ナレーション、プログラミング
    爆弾班長高句麗紅一点、晴海物流サービス、バンバラバンバンバンKIM、グリソン・アンダーソン・キム2世
    人生唯一の女性メンバー。1985年11月28日、静岡サーカスタウンでのライヴから正式加入[7]
    卓球がキーボードを入れたいと思い、知人を介して知り合った。その後、レコード屋店員という職を捨て人生と共に上京する。ちなみに人生以前はクセナキスというサイケデリック系のハードコアガールズバンドをやっていたという[21]。人生解散後は主婦として活躍中[20]
  • 越一人(えつひとり)
    ドラムス
    固い物を噛んだりする人、新宿“モンキーちゃん”契約社員、チュルルチュッチュッチュルチュルイエー菊池
    静岡時代からのメンバー。卓球とは小学校からの同級生。二浪して明大生になったので上京し、王選手と入れ替わる形で人生に再加入した。人生解散後は会社員となる[20]
  • 王選手(旧芸名:井ノ頭健康)
    ボーカル、ダイビング、奇行
    消火器、人さらい、健康地蔵、特効隊長魏志倭人伝、元劇団健康
    身体をクネクネしながら客席で暴れて全力で人にぶつかってくる人。当時のメンバーとファンからは「あっちゃん」と呼ばれていた。人生の中では飛び道具的な存在でダイビングなど強烈なパフォーマンスを担当していた[22]
    1986年8月29日の第二回ナゴム総決起集会で卓球にスカウトされ[22]、同年10月19日のCSV渋谷でのライヴから正式に加入[7]
    1987年10月3日、池袋のビルで行ったライヴで壁に投げつけた消火器が跳ね返って頭に当たり四針縫う大けがをする。しかし、血まみれになりながらもライヴは続行され、30人ほどの観客は終始大爆笑していた。その後、王選手の血染めのTシャツはファンクラブ「人生教」の会報で抽選1名にプレゼントされた[23]。さらに何を思い立ったのか沖縄塾講師(エテ講師?)になるため早稲田大学の学生という名誉を捨て、1988年2月に人生も脱退する。だが、ほどなくして塾講師をクビになったので東京に戻ってきた[24]
    1989年4月16日、新宿LOFTで行われた人生の東京ラストライヴに元メンバーとしてゲスト参加を果たした。人生解散後は都内翻訳会社勤務[20]

一時的なメンバー(人生〈ZIN-SÄY!〉セピア)編集

作品編集

小学生感覚の下品な歌詞と安っぽいシンセサウンドが特徴的で、中には奇声だけで曲にすらなってないパフォーマンス的なものまでレパートリーに存在する。曲の長さも短いものが多く、数秒で終わるような極端に短いものもある。

シングル編集

  1. 9TUNES(FOR MIRAI)(NG-030)ナゴムレコード 
    人生のテーマ/カランコロンの唄/下克上/幻のホームラン王/オールナイトロング
    バカッツラファンク/男の中の男/ヘアピンカーブを曲がりきれ!/オールナイトロング(おやすみバージョン)
  2. Techno Gourmet
    • ミニコミ『6×9=54』付録ソノシート。1986年12月発売。
    ベネズエラの赤い星/笠地蔵/幻のホームラン王(Ver2.0)~はるかなる故郷
  3. LOVE(NG-040)ナゴムレコード 
    • ソノシート+7インチEP。1987年6月発売。仮面ライダーZS三部作の一発目。ケラ大槻モヨコなどのゲストを迎え、初のスタジオ録音[34]
    Punks not dead(イントロ)/世界あの店この店/シティロマンス/恐怖カメレオン人間/Kiss×3/Punks not dead(アウトロ)/ラップde人生/行け!行け!人生三人衆/若き人生
  4. FASCINATION(NG-043)ナゴムレコード
    • 7インチEP。1987年8月発売。仮面ライダーZS三部作の第2弾。
    P-ONE/おさびし山/P-TWO(いかすぜ彼女)/エチオピア/Punks not dead(リプライズ)
  5. バーバパパ(CAP-1047)キャプテンレコード
    • 12インチ。1988年6月発売。人生最後のレコーディング作品。後にCD化されて1991年6月と1998年9月に再発。
    • バンド内が倦怠期だったディープな時期にリリースされ、結果としてディープなセールスを記録した作品[34]
    バーバパパ/耳夫Jazz/ラップdéオババ/生ゴミ王2/メカ林(改造ツラ林)

アルバム編集

現在すべて廃盤

  1. 顔として…(NG-048)ナゴムレコード
    • ソノシート+LP。1988年1月発売。仮面ライダーZS三部作完結編。
    ソノシート『さよならライダーZS』のおまけとしてLPが発表された。ちなみにソノシートに入っている楽曲はメンバーの放屁の音と「宝島見た? あっちゃん」という声だけである。
    • ソノシート
    さよならライダーZS
    • LP
    エビなげハイジャンプ/ダギダギ/砂漠/おやじの詩/男尊女卑/エジプト/俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ/ルンバでオババ/俺が畳だ!殿様だ!/Punks not dead(復活)/耳夫サンバ/おどり/なわとび小僧が飛んで来た/メリー
  2. SUBSTANCE III
    • 1992年8月31日発売。人生の初CD化。シングル曲を中心として編集された未発表曲入りベスト版CD。全30曲入り。
  3. SUBSTANCE V
    • 1992年9月16日発売。アルバム『顔として…』を中心に編集された未発表曲入りベスト版CD。全33曲入り。
  4. 人生 ナゴムコレクション
    • 2006年3月23日発売。ナゴムレコードから発売されたシングル・アルバムから選曲されたベスト盤。「We are the 明大前」「エビ投げハイジャンプ」のライブバージョンと上記『サブスタンス』には収録されていない「愛をこめてもっともっと」(GO-BANG'Sのカバー。1987年11月30日のライヴ「ジャイアン・リサイタル[36]にて入場者全員に無料配布された非売品ソノシート)をボーナス収録。全27曲入り。
    人生のテーマ/カランコロンの唄/幻のホームラン王/オールナイトロング/バカッツラファンク/男の中の男/オールナイトロング(おやすみヴァージョン)/ベネズエラの赤い星/幻のホームラン王~遥かなる故郷/世界あの店この店/恐怖カメレオン人間/kiss×3/Punks not dead(殺人)/おさびし山/P-Two(いかすぜ彼女)/エビなげハイジャンプ/砂漠/おやじの詩/俺のからだの筋肉はどれをとっても機械だぜ/ルンバ de オババ/俺が畳だ!殿様だ!/痛えよ/悪者賛歌/We are the 明大前(Live)/エビなげハイジャンプ(Live)/嫌、やめてよ/愛を込めてもっともっと

カセット編集

  1. 愛の人生
    • 詳細不明
  2. 唐井ケンジのために
    • FC「人生教」からリリースされた25曲入りのデモテープ。1983年から1987年にかけて卓球が自宅で録音した音源をはじめ「オールナイトロング」の初期デモ、別テイク、ライヴ音源を収録。
  3. HOME TAPING IS LIVING MUSIC
    • FC「人生教」からリリースされた16曲入りの非売品カセット。バンド形態になってからのライブをカセットで録音したもの[34]
    ミック宮川ご挨拶/悪者賛歌/吹けよオババ呼べよオババ/KY-2/新造人間キャシャーン/耳夫サンバ/オ・バンバ/WHY?/眠斗ご挨拶
    WHY?/トルコ行進曲/オバッシャー/ド根性でヤンス/痛えよ/KY-1/オールスター家族対抗蛇合戦

VA等の参加作品編集

  • LP/子どもたちのCity(1987年)
  • カセット・ブック/HI'LDE Vol.4(1987年)
  • VHS/昔、ナゴムレコードがあった(1988年)
  • VHS/VOS Vol.2(1988年)
  • VHS/Rooftop ACT2 オール・ザット・ナゴム(1988年)
  • カセット/人生×ミック宮川ショー「ひみつ㊙カセット」(1989年4月26日)
    • ビンビンレコーズ製作。ラストツアー「おばば崩御 さよならおばば(EX分度器)ツアー」で配布されたスプリットカセット。A面に「人生のモンゴロイド」(未CD化)とB面にミック宮川ショー「かおるちゃんⅠ・Ⅱ・Ⅲ」を収録。内容は人生の解体と終末を存分に知らしめてくれるもの[34]

ビデオ編集

  1. VIDEO ATTACK(1987年)
    • FC「人生教」からリリースされたビデオ。1985年3月25日に静岡サーカスタウンで行った幻のデビューライヴを収録。
  2. 人生海賊ビデオ PLAY AT HOME(1989年)
    • FC「人生教」からリリースされたビデオ。全25曲60分収録。
  3. 1988.12.6 中央大学(19??年)
    • 無許可でリリースされた海賊版ビデオ。1988年11月6日[37]中央大学文化祭で行ったライヴを収録。
  4. ZIN-SÄY LAST LIVE(19??年)
    • 卓球がほとんど個人的にリリースしたビデオ。ラストツアー「おばば崩御 さよならおばば(EX分度器)ツアー」最終日の1989年4月26日に大阪バーボンハウスで行った幻の解散ライヴと解散直後に撮影された卓球のインタビュー映像を収録。

ツアー・ライヴタイトル編集

  • ナゴムナイト・デラックス(1986年4月5日)※東京初ライブ
  • ナゴム総決起集会 第1回(1986年6月6日)
  • ナゴム総決起集会 第2回(1986年8月29日)
  • ナゴム総決起集会 第3回(1986年12月31日)
  • 子どもたちのCity(1987年1月20日)
  • ナゴム総決起集会 第4回(1987年5月14日)
  • 俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ(1987年8月31日)
  • 人生 ウルトラスーパースター列伝スペシャル~ジャイアン・リサイタル(1987年11月30日)
  • ZIN-SÄY! TOUR オールスター家族対抗蛇合戦(1988年8月12日)
  • 6×9=54廃刊記念ライヴ(1988年10月21日)
  • ワンマンライブ~ニク坊だジョー!(1988年12月13日)
  • ZIN-SÄY! WORLD TOUR おばば崩御 さよならおばば(EX分度器)ツアー(1989年4月16日・4月26日)※解散ライブ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 石野卓球、人生 (ZIN-SAY!)のライヴ写真(1984年)をツイッターで公開”. amass.jp. 2019年5月27日閲覧。
  2. ^ INTERVIEW: 石野卓球 - Red Bull Music Academy Japan”. www.redbullmusicacademy.jp. 2019年5月27日閲覧。
  3. ^ 電気グルーヴPlays 人生(ZIN-SÄY!)とサポートメンバーのまりん。”. www.pinterest.jp. 2019年5月27日閲覧。
  4. ^ 人生”. kawaisou.files.wordpress.com. 2019年5月27日閲覧。
  5. ^ 正確にはK太(後に電気グルーヴの結成メンバー)がスライド係として初ライヴに参加している。ちなみに初ライヴの観客にはピエール瀧もいた。
  6. ^ この時のメンバーは卓球、畳、ブードゥー田中の3人。畳(瀧)の回想によれば「ある夜中、石野の家で僕と石野と田中って奴と話してたらムラムラしてきたんですよ。それで今から何かやらねぇって事になって。で、考えついたのが、地球儀靴べらギターと何か持ってって、それらを体につけて、夜中の静岡駅を歩こうって、そういう事になったんですよ。それが人生ユニット3です。ほんとバカですね(笑)」とのこと(電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』JICC出版局、1992年6月、87頁)。後にコンビニエンスストアに場所を移して引き続き路上パフォーマンスを再開した。
  7. ^ a b c d e f 人生教『人生 ウルトラスーパースター列伝スペシャル~ジャイアン・リサイタル パンフレット』1987年
  8. ^ 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』JICC出版局、1992年6月、87頁。
  9. ^ 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、132頁。
  10. ^ 人生のファンクラブ「人生教」の会員番号1番”. twitter.com. 2019年5月27日閲覧。
  11. ^ 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、136頁。
  12. ^ 電気グルーヴ Plays 人生 (ZIN-SÄY!) @ 新宿LOFT”. togetter.com. 2019年5月27日閲覧。
  13. ^ “Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生””. twitter.com (2019年3月24日). 2019年5月27日閲覧。
  14. ^ 瀧被告に執行猶予付き有罪判決” (日本語). NHK 首都圏 NEWS WEB. NHK首都圏放送センター (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  15. ^ ピエール瀧被告に有罪判決 裁判官が異例の“コンビ愛”説諭” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  16. ^ 濵田理央 (2019年6月18日). “「人生をどうしたいのか」裁判官はピエール瀧被告に問いかけた(東京地裁の判決公判)” (日本語). 朝日新聞社. ハフポスト日本版. 2019年6月18日閲覧。
  17. ^ 人生ってバンド名考えたの俺だかんな”. twitter.com (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  18. ^ 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、28頁。
  19. ^ 石野卓球選曲 お昼に聞きたい面白い曲(2012年6月14日放送・TBSラジオ『たまむすび』にて)
  20. ^ a b c d e f 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、156頁所載「電気グルーヴ物語・資料編/人生~電気グルーヴ参加メンバーチャート」より。
  21. ^ a b c 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、133頁。
  22. ^ a b 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、134頁。
  23. ^ 似た事例としてオルタナティヴ・ロックバンドガセネタ」「TACO」の山崎春美が1982年9月1日に「自殺未遂ギグ」という自傷や流血を伴うライヴを決行した後、着用していた血染めのTシャツを『宝島』の応募企画で限定1名にプレゼントしたということがあった。
  24. ^ 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、138頁。
  25. ^ a b 平田順子『ナゴムの話 トンガッチャッタ奴らへの宣戦布告』太田出版、2000年、130頁。
  26. ^ 石野卓球のツイート 2019年4月18日
  27. ^ 録音したのはたぶん三歳の時だったはず”. twitter.com (2019年5月2日). 2019年6月18日閲覧。
  28. ^ 石野卓球のツイート 2019年5月7日
  29. ^ 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、45頁。
  30. ^ 石野卓球のツイート 2017年6月14日
  31. ^ 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、44頁。
  32. ^ 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、83頁。
  33. ^ a b 1987年9月26日、新宿JAMで1日限りのユニット「ゲロゲリ人生狂人團」(山之内純太郎石野卓球バカ社長)を結成したことがある。
  34. ^ a b c d e 電気グルーヴ+宝島編集部『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』1992年、JICC出版局、154-155頁所載「電気グルーヴ物語・資料編/人生~電気グルーヴ完全ディスコグラフィ ※オムニバス、参加含む」より。
  35. ^ 電気グルーヴ、リキッド11周年祝し「フェスでやらない曲」連発 SPICE 2015年7月17日付
  36. ^ 人生の人気凋落が明らかになったライヴ。この時の対バン死ね死ね団ザ・ゲロゲリゲゲゲ
  37. ^ ビデオのタイトルに付けられた12月6日は間違い。

参考文献編集