メインメニューを開く
人皇。「三才図会」より。

人皇(じんこう)は、道教及び中国神話における天地人三皇の一つである。また、古代中国における伝説上の帝王。人皇は地皇から生まれたとされる。泰皇(たいこう)とも呼ばれるが、人皇と同一視するか否かは諸説存在する。

三才図会』に描かれた想像図では、胴体が(天皇・地皇には腕が描かれている)で、顔はたて髪のある人外(天皇・地皇は人の顔で描かれている)と、三皇の中でも外観が人間とはかけ離れている。『三才図会』では、外観上、一番人に似ているのは天皇だが、体には鱗が描かれ、一方、地皇は、頭にとさかを有し、羽毛が一部にあり、腕は鳥類の脚となっている。

日本においては、神々が治めていたとされる神代に対して、神武天皇以後の天皇人皇(にんのう・じんのう)と称することがある。


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集