人間になりたがった猫

関連ポータルのリンク

人間になりたがった猫』(にんげんになりたがったねこ、原題:The Cat Who Wished to Be a Man)は、アメリカ児童文学作家ロイド・アリグザンダーの小説、およびそれを原作とした日本のミュージカル

小説のあらすじ編集

人間の言葉が話せる猫ライオネルは、人間になるのが夢だった。ある日ライオネルは、魔法使いの主人ステファヌスに口答えをしてしまう。その「罰」として、ステファヌスはライオネルを2日間人間に変える。

それから、人間の街「ブライトフォード」で、数々の危機に見舞われながらも、ライオネルとその仲間は、「仲間」の必要性、重要性に気が付いていく。

劇団四季の公演編集

劇団四季初演は1979年の日生名作劇場[1]。それから何回か全国公演などの公演を繰り返している。劇団四季のファミリーミュージカルシリーズ最多の1900回を記録している[1]

こころの劇場シリーズとしてブランド展開をしている。

この作品のDVD版もリリースされている[2]

スタッフ編集

[3]

キャスト編集

公演によって、配役がその都度変わるため、ここでは過去に当該登場人物を演じた俳優女優を記す(順不同)。

公演記録編集

脚注編集

  1. ^ a b 2日間だけ人間になった猫の物語、劇団四季「人間になりたがった猫」開幕ナタリー
  2. ^ 劇団四季 人間になりたがった猫 [DVD]NHKスクエア公式ホームページ
  3. ^ スタッフ人間になりたがった猫公式ホームページ

外部リンク編集