メインメニューを開く

人間ビジョンスペシャル』(にんげんビジョンスペシャル)は、北海道テレビ放送(HTB)が年1回制作、放送していたドキュメンタリースペシャル番組の名称。1992年から2006年まで年1回ペース、全15本が制作された(うち最終回を除く14本が全国同時ネット)。

人間ビジョンスペシャル
ジャンル ドキュメンタリー
出演者 作品により異なる
プロデューサー 湯口幸一
戸島龍太郎
沼田博光
制作 北海道テレビ放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1992年4月29日 - 2006年2月5日
放送時間 作品により異なる
回数 15
HTB公式

特記事項:
基本的に日曜か祝日の午後の時間帯でANN全国ネット(最終回のみ北海道ローカルでゴールデンタイム)放送。

目次

番組概要編集

HTBでは北海道の大自然や、人間群像に迫るドキュメンタリーを制作し、毎回高い評価を得てきた。

同局では初の本格ドキュメンタリーとなるこのシリーズは1992年4月29日に第1回「カムイ・ミンタラ 神々の遊びの庭・阿寒」をテレビ朝日系列全国ネットで放送したのが最初で、以後、2005年の第14回まで毎年全国ネットで放送された。ただし最終回(2006年、第15回)のみ北海道ローカルで放送された。

本シリーズでは北海道のみならず、サハリン  ロシアなどでもロケを行ってきた。一部作品はハイビジョンで制作された。またギャラクシー賞をはじめ、受賞歴も多い。

HTBではこれまで、スペシャルドラマや「HTBカップ国際スキージャンプ競技大会」「TOYOTA BIG AIR」など、年数本ペースで全国ネット番組を放送してきた実績があり、また、北海道を中心に根強い人気を誇っている「水曜どうでしょう」を全国区人気番組にしたことでも有名である。

なお、「人間ビジョン」は放送開始当時のHTBのキャッチフレーズであった。

シリーズの終了とその後編集

2005年2月27日放送の第14回「青いツバメ 〜秋野豊 タジキスタンからのEメール〜」を最後に全国ネットを中止、シリーズ15年目となる2006年2月5日放送の「感動! 知床 川の神秘 サケ先生の特別授業」は北海道ローカルのゴールデンタイムでの放送となり、後日全国各地の系列局で順次放送されたほか、BS朝日CS放送朝日ニュースター(現・テレ朝チャンネル2)などでも放送された。

2006年を最後に、本シリーズは約15年にわたる歴史に幕を下ろし、翌2007年より事実上の後継企画として、今や北海道を代表する動物園となった旭川市旭山動物園をテーマにしたドキュメントバラエティ番組「旭山動物園日記」シリーズを開始。2013年まで年1本単位で制作し、毎年冬にテレビ朝日系列全国ネット(サンデープレゼント枠)で放送された。2014年は制作を休止したが、2015年からは毎年、北海道ローカルの人気バラエティ番組の特番『ハナタレナックスEX-特別編』が全国ネットで放送されている(サンデープレゼント枠)。

放送履歴編集

人間ビジョンスペシャルの放送履歴
番組タイトル 放送年月日 主な出演者 ナレーター 主な撮影地 受賞 備考
1 カムイ・ミンタラ 神々の遊びの庭・阿寒 1992年4月29日 阿寒湖など
2 4,000キロ雁渡る 小さな沼とシベリアと 1992年12月23日 シベリア半島など 第13回動物愛護映画コンクール内閣総理大臣賞
3 森が歌う日 魚が帰る 1993年11月3日 第31回ギャラクシー賞奨励賞
平成6年科学放送賞 高柳賞
HTB開局25周年記念番組
4 風の王国 生命(いのち)の森〜大雪山・四季の小宇宙〜 1995年2月12日 大雪山など 第32回ギャラクシー賞 奨励賞
5 流氷 白い海〜オホーツクの遥かな旅人〜 1996年3月10日 オホーツク海など 第2回北海道映像コンクール最優秀撮影賞
平成8年科学放送賞 高柳賞
第36回映画テレビ技術賞
6 クリル はるかなる半島〜知られざる光と影の島々〜 1997年3月2日 渡辺謙 北方領土など
7 雪の花咲く大地なり〜大雪山と北極と〜 1998年3月1日 早見優
井川比佐志
大雪山、北極など
8 カムイの鳥 生命の原野〜シマフクロウとタンチョウの四季〜 1999年2月27日 西田敏行 根室原野 第36回ギャラクシー賞 奨励賞
第41回科学技術映像祭科学技術長官賞
9 日高大いなる山脈(やまなみ) 〜立松和平が行く 2000年2月26日 立松和平
樋口和生
高橋恵子 日高山脈 北海道映像コンテスト2000優秀賞
10 知床悠久の半島(しま) 2001年2月18日 森繁久彌
中里雅子
知床半島 第45回ニューヨーク国際映像祭 テレビドキュメンタリー自然野生生物部門 銀賞(2002年 この回からハイビジョン制作となる。
また、銀賞受賞記念として、2002年12月24日 9:55-10:50、HTB(北海道ローカル)で同作品が再編集版で放送された。また、2005年9月10日には同作品のDVDが発売された[1]
11 日本最北 愛しき野生たち〜利尻・礼文・サロベツの四季 2002年2月3日 加藤登紀子 利尻島礼文島サロベツ原野 ナレーションの加藤登紀子は番組内の音楽も担当。
12 霧の日記〜アリューシャンからの伝言〜 2003年2月16日 緒形直人(日記朗読) 中里雅子 アラスカ州アリューシャン列島アッツ島 20thATP賞2003優秀賞(ドキュメンタリー部門)
第40回ギャラクシー賞 奨励賞
平成15年日本民間放送連盟賞 最優秀賞(番組部門・テレビ教養部門)
HTB開局35周年記念番組
13 心の中の国境〜無国籍投手スタルヒンの栄光と挫折〜 2004年2月15日 徳光和夫
佐々木主浩
徳光和夫 旭川市旭川スタルヒン球場など 21stATP賞2004優秀賞(ドキュメンタリー部門)
第41回ギャラクシー賞 奨励賞
ゲストの佐々木は当時横浜ベイスターズに在籍[2]
14 青いツバメ 〜秋野豊 タジキスタンからのEメール〜 2005年2月27日 泉谷しげる
優香
平泉成 タジキスタン共和国など 全国ネット放送はこの回をもって最後となった。
15 感動! 知床 川の神秘 サケ先生の特別授業 2006年2月5日 酒井美紀
小宮山英重
酒井美紀 知床半島 この年は同時ネットをやめ北海道ローカルとなり初のゴールデン枠(18:56-19:58)[3]での放送となるが、この回をもって事実上最終回となった。

主なスタッフ編集

ほか

放送ネット局編集

※局名・略称は現在のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
北海道 北海道テレビ放送(HTB) テレビ朝日系列 ※制作局
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 1996年10月1日開局、第6回から放送
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 1992年10月1日開局、第2回から放送
山形県 山形テレビ(YTS) 1993年4月にフジテレビ系列からネットチェンジ。第3回から放送
福島県 福島放送(KFB)
関東広域圏 テレビ朝日(EX) 2003年10月に社名を全国朝日放送からテレビ朝日に変更。第12回までANB
新潟県 新潟テレビ21(UX) 2006年8月1日より略称をNT21からUXに変更。第15回はUXに変更した前後で放送された可能性あり 
石川県 北陸朝日放送(HAB)
長野県 長野朝日放送(abn) 2006年4月1日より略称をABNからabnに変更。第15回はabnに変更した前後で放送された可能性あり
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 第2回までは静岡けんみんテレビ(SKT)。1993年10月1日より社名を静岡朝日テレビに変更。
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) 2003年3月より呼称を名古屋テレビからメ〜テレに変更。第13回よりメ〜テレ
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
岡山県
香川県
瀬戸内海放送(KSB)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab) 1993年10月1日開局、第3回から放送
2006年7月14日より略称をYABからyabに変更。第15回はyabに変更した前後で放送された可能性あり
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 1995年4月1日開局、第5回から放送
2005年4月1日より略称をEATからeatに変更(全国ネット時代はEAT)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB) 1993年10月1日開局、第3回から放送
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 1995年10月1日開局、第5回から放送

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 2004年シーズンより横浜復帰、2005年で引退。
  3. ^ テレビ朝日系では『旅の香り』を放送。

関連項目編集

外部リンク編集

人間ビジョンスペシャル(HTB公式)

HTB北海道テレビ 全国ネット特番(年1回)
前番組 番組名 次番組
(不明)
人間ビジョンスペシャル