メインメニューを開く

仁保 亀松(にほ かめまつ、1868年4月24日慶応4年4月2日)- 1943年昭和18年)9月26日)は、日本法学者京都帝国大学名誉教授財団法人立命館初代協議員。日本民法典の成立に寄与。

略歴編集

昭和天皇が皇太子時代の法学教師も務めた。
その後、毎日新聞顧問等も歴任。また自らの財産を使い郷里の西柘植村で荒地を開墾、小学校を設立した。

栄典編集

学説編集

指導教官である穂積陳重の法律進化論の流れを汲み、法理学法史学比較法学を近接させた立場であった[2]

著書編集

  • 『国民法制通論 下巻 法律篇法律関係篇』(発行:刀江書院/ 発行年:1929)
  • 『国民法制通論 上巻 国家篇』(発行:刀江書院/ 発行年:1928)
  • 『国民教育法制通論』(発行:金港堂書籍/ 発行年:1904)

合著編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  2. ^ 潮見俊隆利谷信義編『日本の法学者』70頁(日本評論社1974年

外部リンク編集