仁懿蕭皇后(じんいしょうこうごう、? - 1076年)は、(契丹)の興宗皇后。小字は撻里。

仁懿蕭皇后
(契丹)の皇后
在位 1035年 - 1055年

別称 貞懿慈和文恵孝敬広愛崇聖皇后
慈懿仁和文恵孝敬広愛宗天皇太后
死去 太康2年(1076年
配偶者 興宗
子女 道宗
父親 蕭孝穆
テンプレートを表示

経歴編集

欽哀蕭皇后の弟の蕭孝穆の長女として生まれた。性格は寛容で、容姿は端麗であった。興宗が即位すると、後宮に入り、道宗を生んだ。重熙4年(1035年)、皇后に立てられた。重熙23年(1054年)、貞懿慈和文恵孝敬広愛崇聖皇后の号を受けた。

道宗が即位すると、皇太后に立てられた。清寧2年(1056年)、慈懿仁和文恵孝敬広愛宗天皇太后の尊号を受けた。清寧9年(1063年)秋、耶律良耶律重元とその子の耶律涅魯古の反乱計画を太后に密告し、これを道宗に伝えた。道宗が逡巡していたため、太后は「このことは社稷の大事ですから、早く対策なさるべきです」と言った。そこで道宗は戒厳を布いた。戦いが始まると、太后は自ら衛士を督戦し、反乱軍を撃破した。

太康2年(1076年)、崩御した。仁懿皇后と諡された。

伝記資料編集