メインメニューを開く

仁摩町(にまちょう)は、島根県邇摩郡にあった町。

にまちょう
仁摩町
Flag of Nima Shimane.gif Nima Shimane chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
大田市温泉津町仁摩町大田市
現在の自治体 大田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
邇摩郡
団体コード 32422-1
面積 30.75km2
総人口 4,911
(国勢調査、2000年10月1日)
隣接自治体 大田市温泉津町
町の木 サザンカ
町の花 ノウゼンカズラ
仁摩町役場
所在地 699-2391
島根県邇摩郡仁摩町大字仁万町562-3
 表示 ウィキプロジェクト

2005年10月1日大田市温泉津町と合併し、新市制による大田市となり廃止された。

目次

地理編集

島根県の中央部に位置し、東は大田市、南は温泉津町に接し、西は日本海に面する。総面積の76%が丘陵地帯で、畑作と漁業が主な産業であった。古くから左官の出稼ぎ地としても有名である。

歴史編集

古代の石見国邇摩郡の地で、郡家も仁万平野にあった。中世には豪族・久利氏が支配し、大内氏尼子氏毛利氏に従った。石見銀山が開発されると、鞆ヶ浦から博多に銀が積み出された。江戸時代には幕府直轄地となり、石見銀山領の佐摩組に編成された。

1869年には大森県(後、浜田県)に入り、1876年島根県に入った。1936年町制が施行されて仁万村は仁万町となり、1954年に仁万町、宅野村、大国村、馬路村が合併して仁摩町が成立した。町名は仁万町と邇摩郡の合成地名である。当時の人口は9,983人だったが、過疎化が進んでいる。1991年に世界最大の巨大1年砂時計が作られた。

沿革編集

経済編集

産業編集

漁業編集

  • 仁万漁港
  • 友漁港

教育編集

交通編集

観光編集

仁摩町出身の有名人編集

関連項目編集