メインメニューを開く

仁木 他喜雄(にき たきお、1901年明治34年)11月14日 - 1958年昭和33年)5月13日)は、昭和期の作曲家編曲家北海道出身。

仁木他喜雄
生誕 (1901-11-14) 1901年11月14日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1958-05-13) 1958年5月13日(56歳没)

経歴編集

横浜のバンド屋(鼓笛隊養成所の意味)「睦崎」に入門してドラムを学び、ハタノ・オーケストラ日本交響楽協会を経て、1926年(大正15年)の新交響楽団(のちのNHK交響楽団)創設時にティンパニ奏者として参加。1940年以降は、コロムビア専属として、レコーディングにおける多数の編曲と作曲で知られる。

1958年(昭和33年)5月13日死去。享年56。葬儀の際には、二葉あき子が、ヒット曲「別れても」を嗚咽しながら歌い、その早すぎる死を悼んだ。根室本線東滝川駅前東側に、仁木他喜雄顕彰歌碑(めんこい仔馬)がある。

作品編集

歌謡曲編集

映画音楽編集

外部リンク編集