仁田 義雄(にった よしお、1946年6月11日 - )は、日本語学者学位は、文学博士大阪大学論文博士・1991年)(学位論文「語彙論的統語論」)。大阪大学名誉教授。定年後関西外国語大学教授。日本語文法学会初代会長。

略歴編集

大阪府茨木市生まれ。1971年神戸大学文学部国文科卒、1975年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得中退大阪女子大学助教授、大阪大学文学部助教授、大阪外国語大学教授、2007年大阪大学言語文化研究科言語社会専攻教授。1991年「語彙論的統語論」で文学博士大阪大学)の学位を取得[1]。2012年定年、名誉教授、関西外国語大学教授。

単著 編集

  • 『語彙論的統語論』明治書院 1980
  • 『日本語のモダリティと人称』ひつじ書房 日本語研究叢書 1991
  • 『日本語文法研究序説 日本語の記述文法を目指して』くろしお出版 1997
  • 『辞書には書かれていないことばの話』岩波書店 もっと知りたい!日本語 2002
  • 『副詞的表現の諸相』くろしお出版 新日本語文法選書 2002
  • 『ある近代日本文法研究史』和泉書院 2005
  • 仁田義雄日本語文法著作選』全4巻、ひつじ書房
    第1巻 (日本語の文法カテゴリをめぐって) 2009
    第2巻 (日本語のモダリティとその周辺) 2009
    第3巻 (語彙論的統語論の観点から) 2010
    第4巻 (日本語文法の記述的研究を求めて) 2010
  • 『日本語文法研究の歩みに導かれ』くろしお出版 2012

共編著 編集

論文編集

脚注 編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年