仁科氏

仁科氏(にしなうじ)は、日本の氏族。系統は仁品王系・皇極太子系桓武平氏繁盛流信濃平氏)・清和源氏・義光流・武田支流。また、清和源氏頼季流乙葉氏族の仁科氏もある。

仁科氏
家紋
揚羽蝶
本姓 崇神天皇の末の太子
「皇極ノ太子」の太子
・桓武平氏繁盛
阿部氏?
安曇氏?
家祖 仁品王
仁科高明
仁科盛遠
種別 武家
出身地 信濃国
主な根拠地 信濃国
著名な人物 仁科盛遠
仁科盛政
仁科盛信
凡例 / Category:日本の氏族



目次

仁品王系仁科氏編集

祖は仁品王。『仁科濫觴記』にみられ、仁品主、仁品親王とも綴られる。仁科氏として知られる、おそらく最初の記録。「仁品」は、長野県池田町公民館所蔵の『仁科濫觴記』では「ひとしな」と訓じられているが、仁科宗一郎[1]は「にほん」と訓じることを考察している。同記録によれば、崇神天皇の末の太子であり、垂仁天皇の弟にあたる人物。都より降臨し、王町(現・大町市)に館を構え、犀川[2]の水を開いて安曇平を開墾し、仁科神明宮を建立した。子には、早世し若一王子神社として祭られた一ノ宮と、仁品王の跡を継いだ二ノ宮があった。

白雉2年(651年)には、二ノ宮から数えて21代目(つまり22代目)の子孫、高根伊勢(たかねのいせ)が継ぎ、一族は伊勢、出雲、隠岐、主膳の四家に分かれて栄えていた。

斉明天皇2年(656年)に、大海人皇子(天武天皇)に比定されうる「皇極ノ太子」の密命で、その3歳になる子が岡本宮から仁科の城主として派遣されたことにより、高根伊勢の代からは皇極太子系仁科氏の家臣に下ることとなる。その際、高根伊勢を国守に任命した。信濃国守に高根氏の名前があることは、『新撰仁科記』、『信濃宝鑑』にも見える。

皇極太子系仁科氏編集

「皇極ノ太子」の3歳の子は、仁品の館に入り、宝祚谷(ほそ(が)や)氏[3]と名乗った。7歳のときに高明王(高明天王、高明親王)と名乗ることとなり、天智天皇7年(668年)には和泉守に被任したことから仁科和泉守高明(森和泉守)とも呼ばれる。この年、皇極ノ太子の命で、「仁」は「日本」と訓が同じであることから、「仁」と改めさせられた。ここで、仁科の姓が起こることとなる。

『仁科濫觴記』では、9世紀の仁科高明王の孫(祖父と同じ仁科和泉守という名)の代までの記述しかない。

平姓仁科氏編集

出自は諸説あり、未だ確定されていない。『仁科濫觴記』の記した9世紀以降、平安時代末期の治承・寿永の乱前後から、仁科氏は再び史書に登場するようになる。

  • 愛国主義の歴史家小山愛司による『信濃史源考[4]は、奈良時代に信濃国安曇郡に古代豪族阿倍氏または安曇氏大宝律令後は安曇郡司)が定住し、その支族が伊勢神宮の御領「仁科御厨」を本拠としたことを起源とする、という説を紹介している。
  • 信府統記[5]は、承安の頃、奥州安倍貞任の末裔(あるいは貞任の弟則任の末裔)の「五郎丸」を名のる者が、仁科城代荇野谷(かんのや)政治を討ち、仁科の城をのっとった(仁科氏を滅ぼしたわけではない)、という話を紹介している。五郎丸は悪逆不道であったため、鎌倉に訴え仲原義治を差し向けたが、これも討たれ、悪逆は増長した[6]。その後、後鳥羽院に仕えた仁科城主の「山田治郎」(盛遠か?)の末子(もしくは末孫)で、源義仲に仕えた「山田次郎」によって誅され、五郎丸の首を鎌倉の頼経に謁した、という[7]
  • 菩提寺の霊松寺の縁起では、永承7年(1052年平清長が仁科郷領主となり仁科を姓としたという[8]
  • 『岩城仁科系図』によると、平貞盛の後裔の平中方の子が、仁科盛遠(仁科次郎)を名乗ったことになっている[9]。同系図には、盛遠とその子2人(盛勝(仁科太郎)と盛義(仁科三郎))の3名のみがみえる。一方『平家物語』は、源義仲の家臣に、寿永2年(1183年)の北陸での戦いに参戦している「仁科の次郎」[10]をあげており、『源平盛衰記』によって「仁科次郎」とは「盛家[11]であることがわかる。さらに源平盛衰記には、「仁科太郎・守弘」[12]もみえる。したがって、ここでの「仁科太郎・次郎」は、治承・寿永の乱時のものとは異なる。
  • 『飯砂山仁科系図』では、鎌倉幕府滅亡後、平姓関盛長の子である盛忠が仁科城主源義隆の婿となり、文和2年(1353年)に仁科郷領主となったという関氏出身説を採っている。[要出典]

鎌倉時代編集

この頃には既に安曇郡一帯を治める大豪族として知られるようになり、仁科盛家は木曾義仲の挙兵に従って、横田河原の戦い倶利伽羅峠の戦い等で武功を上げ、在洛中は京中警護を行い、水島の戦いで戦死した。信濃源氏高梨盛光の四男盛弘も仁科氏の養子となって義仲挙兵に従い、盛弘の子である盛宗は建武の新政後醍醐天皇方の武者所の寄人を務めたとされる。[要出典]

盛遠熊野参詣の折に後鳥羽上皇の知遇を得て西面武士を務めたが、その処遇が一端となって、承久3年(1221年)に承久の乱が起きた。盛遠は上皇方として北陸道に派遣されて越中国北条朝時の幕府軍と戦い敗死した。

室町・戦国時代編集

南北朝の争いには南朝に属し宗良親王を奉じ、北朝側の守護小笠原氏と争ったが、南朝衰亡によって北朝に帰属した。一族の重貞は上洛して後醍醐天皇に随身している。その後の大塔合戦では盛房が大文字一揆衆を率いて守護軍を圧倒し、小笠原長秀信濃から追い払う活躍を見せる[13][14]

応仁元年(1467年)からの応仁の乱では東軍(細川勝元)につく。文明12年(1480年)には盛直が小笠原長朝と穂高川で戦って敗れたが(穂高合戦)、翌年諏訪氏に従って長朝の軍を破った。また、長享元年(1487年)からの長享・延徳の乱では、将軍足利義尚近江国守護六角高頼征討に出陣して戦功を挙げた。明盛も永正10年(1513年)に将軍足利義稙が六角征討を再開すると近江国に出陣した。

その後、『二木家記』や『小笠原系図』に名前が見られる盛能(道外)は信濃守護となった小笠原長時に従って縁戚関係を結んでおり、天文年間に本格化した甲斐国守護武田氏信濃侵攻においては小笠原氏村上氏と同調して武田に抗していた。しかし盛能は、天文17年(1548年)の塩尻峠の戦いを前に戦線離脱し、この戦いで小笠原長時が武田方に大敗する原因となった。

武田方の史料である『高白斎記』によれば天文19年に仁科上野介(盛政か)を介して武田氏に臣従している。武田方に帰属した仁科氏は千国街道の流通など支配権益を保障され、道外の孫である盛政の頃には武田被官化するが、一族の間で内紛が発生し、更に盛政自身も川中島の戦いで上杉氏に寝返ったとして処刑され、仁科氏の正統は絶える。

武田信玄は信濃攻略において、諏訪氏など信濃名族に対して実子に名跡を継がせ親類衆に列して懐柔する方法を行っているが、仁科氏も五男に名跡を継がせた(仁科盛信)。以降仁科氏は平姓を改め、「清和源氏・義光流・武田氏支流」として源姓を名乗ることになる。 

系図編集

北澤繁樹の推定による仁科氏の嫡流の系図[15]

  • 仁科盛弘 - 盛家 - 盛遠 - 盛勝 → 承久の乱後の処分で関氏から養子を迎える
  • 関盛長 - 仁科盛忠 - 盛国 - 盛房 - 盛豊 - 持盛 - 盛直 - 明盛 - 盛国 - 盛能 - 盛康 - 盛政 → 武田氏が跡目を相続する

源姓仁科氏編集

仁科氏
 
割菱
本姓 清和源氏義光流武田支流
家祖 仁科盛信
種別 武家
出身地 甲斐国
主な根拠地 信濃国
凡例 / Category:日本の氏族

盛信の子と自称する仁科信基なる人物の家系で、盛信長男信基と次男の信貞が残り、両名とも戦国時代を生き抜いた。家康と対面したとき、敗将の子として罰せられるのを恐れた。子孫が仁科氏の存続と仁科盛信の家系を名乗ることを願い出て、それを許される。その後、徳川旗本として仁科信基の系統に3100石を与えられ、後に1000石加増されて4100石となる。 江戸時代を乗り切り、両系統とも現存している。[要出典] 

  • 仁科盛信(武田晴清) - 信基 - 盛忠 - 信照 - 盛晴 - 盛朝 - 忠盛 - 高信 - 盛次 - 信真 - 定盛 - 盛照 - 信国 - 盛輔 - 盛定

美作仁科氏(1)(清和源氏 仁科氏流)編集

源姓仁科氏嫡流の14代目当主仁科盛輔の次男盛助の系統。明治時代に岡山県に移住。


美作仁科氏(2)(大伴氏後裔? 詳細は不明)編集

仁科氏
 
梅鉢
五七桐
本姓 伴氏?
斎部宿禰?
家祖 ?
種別 地下人
平民
出身地 ?
主な根拠地 美作国
岡山県 など
著名な人物 仁科芳雄
支流、分家 非常に多し。
凡例 / Category:日本の氏族

上記の仁科氏とは別で大伴氏の一族が奈良時代の頃に美作に土着したとされる。仁科氏が岡山県浅口郡濱中村(現・里庄町)に家を構え、領主の年貢のとりまとめをする庄屋をしていた。また鍛冶を家業としていた系統もある。昭和期物理学者仁科芳雄はこの末裔にあたる。この仁科氏は多くの支流を出し、どの系統が美作仁科氏の宗家かは不明である。

明治時代に潰れた後は庄屋・鍛冶をしていた仁科氏達は各地に散らばり、それぞれの道をたどる。そのため、岡山県浅口郡や備前市日生地域には仁科姓が多い。丸に梅鉢[1]または五七桐[2]を家紋にしていた。


会津仁科氏編集

福島県会津若松市に住んでいた仁科氏一族がある。これも嫡流とは別で清和源氏頼季流乙葉(おとは)氏族としているが詳細は不明である。

その他の仁科氏編集

信濃の仁科宗家・武田両氏滅亡後、上杉氏を頼って臣従した者、小笠原氏に「仁科衆」として出仕した者(穂高・沢渡・渋田見・古厩・日岐・細萱・小宮・耳塚・真々部など)、兵農分離で帰農した者に別れている。また会津仁科氏と同族の仁科氏、桓武平氏繁盛流、大伴氏安部氏など複数の氏族が仁科を名乗っている。

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 仁科宗一郎著『安曇の古代 -仁科濫觴記考-』(柳沢書苑、1982年)
  2. ^ 仁科濫觴記では、「犀川」とは書かれておらず、山征場あるいは山征地(現・山清路)の水路を広げたとあるのみ
  3. ^ 現在の安曇野市豊科に仁科氏支族の細萱(ほそがや)氏があったが、ここでは現在の北安曇郡松川村をさす
  4. ^ 1940、中央学会、巻七
  5. ^ 「信府統記 第十七」1973年『新編 信濃史料叢書』第六巻、信濃史料刊行会、360-361頁
  6. ^ 渡辺市太郎 1974 [1900- ] 『信濃宝鑑』中巻、143頁
  7. ^ この逸話は、「旧俗伝」と称して近隣の話を集めたものであり、参照した文献名もなく、信府統記の著者自ら「上古ノ沿革ハ其所由分明ナラザルカ・・・棄テ置キ難キカ故ニ、別ニ集テ一巻トナス」と、真偽がわからぬことを断っている。
  8. ^ 霊松寺の歴史
  9. ^ 国書刊行会1915「仁科岩城系図」『系図総覧』国書刊行会96頁
  10. ^ 『平家物語』巻第七・第六十六句(国会図書館・百二十句本)
  11. ^ 内閣文庫蔵慶長古活字本(国民文庫)巻第三十二
  12. ^ 内閣文庫蔵慶長古活字本(国民文庫)巻第二十八
  13. ^ 町田礼助1932『異本対照 大塔物語』信濃郷土研究会
  14. ^ 「大塔物語」1969『信濃史料叢書』下巻
  15. ^ 北澤繁樹『仁科氏』(東京図書出版会2010年

関連項目編集