仁義なき戦い 代理戦争

仁義なき戦い 代理戦争』(じんぎなきたたかい だいりせんそう、Battles Without Honor and Humanity: Proxy War )は、1973年昭和48年)9月25日東映で公開された日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第三弾。

仁義なき戦い 代理戦争
Battles Without Honor and Humanity: Proxy War
監督 深作欣二
脚本 笠原和夫
出演者 菅原文太
小林旭
梅宮辰夫
音楽 津島利章
撮影 吉田貞次
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1973年9月25日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仁義なき戦い 広島死闘篇
次作 仁義なき戦い 頂上作戦
テンプレートを表示

目次

概要編集

集団心理劇を描いた第一部から、情念の物語である第二部を経て、再び本作では集団心理劇が描かれた。その脚本の構成とダイナミックな演出は高い評価を得、1973年のキネマ旬報ベストテン第8位に選ばれた(第一部は2位に選出されている)。脚本を担当した笠原和夫は本作を「日本でも一、二位を争う群像劇になったと思う」と語っている。

物語は第一部終了後の1960年(昭和35年)~1963年(昭和38年)を描いているため、厳密に言えば第一部の続編は第二部でなく本作の第三部である。

あらすじ編集

昭和35年。広能は自らの組を持ち、広島市の大組織である村岡組と懇意にしていた。そんな折、村岡組の跡目である杉原が白昼の繁華街で暗殺される。広能は、次の有力候補で親しい関係にある打本昇に杉原の仇を討つよう提案するが、小心者の打本は言い訳をして行動を起さない。一方、呉の長老・大久保の差し金によって、広能は組ごと再び山守組傘下に引き戻されてしまう。その背景には、打本と親しい広能を取り込むことによって広島の情勢を見極めたい呉と、村岡組幹部の武田明らの働きかけがあった。

打本は跡目を盤石なものとするため、広能や他の村岡組幹部と盃を交わして同盟関係を築き、さらに神戸の大組織・明石組にも接近する。神戸は打本の価値を判断し、舎弟頭の相原と五分の兄弟盃を交わすが、打本の狙いは明石組の舎弟となって後ろ盾にすることであり、直の兄貴分は二人ともてないという不文律を犯す行動に広能は幻滅する。

打本の盃外交は村岡組長の心証を悪くさせ、その引退時に跡目は組内から立てず子分と縄張りを山守の預りとする。広能は内心不満だが村岡と山守の橋渡しを努め、近いうちに打本が正式に村岡組を継げるようお膳立てしようとする。盃を直した新生山守組は披露目の式を設け、打本組の他、山口の豊田会、岩国で抗争中の小森組と浜崎組、そして明石組が顔を揃える。この席上で調子に乗った山守に侮辱されたため打本は怒りに打ち震え、さらに広能の心中を知らずに、彼が村岡組を山守の傘下にしようと画策したと勘違いして非難し、打本と広能は袂を分かつ。そして山守と打本の水面下の対立の火種は岩国へ飛び火する。

山守は槇原の舎弟でもある浜崎組を応援することを幹部たちに宣言する。これは寄り合い所帯の山守組の統制を取るために小森(とその兄貴分の打本)を仮想敵として統一戦線を張る事にあった。しかし、松永は打本は明石組と繋がっている上に、浜崎組の背後にも豊田会の影が見えるため、介入は得策でないと指摘し、今は組の地盤固めをするべきだと具申する。山守と槇原はこの提案を押し切って介入を決定するも、そもそも介入に消極的な広能や松永らの戦力を当てにしていたため、不発に終わる。

膠着状態に業を煮やした山守は敵陣営を弱体化させるため、打本組幹部の早川の切り崩し工作などを始める。山守組内部でも仁義に外れた組長の行動に呆れながらもその方針に従はざるを得ず、広能や旧村岡組幹部らと縁を切られた打本は孤立し、山守へ指を詰めて逃亡する。計画が上手くいき喜ぶ山守であったが、広能は明石組が黙っていないと警告し、山守の能天気ぶりに呆れる。間もなく広能の予想通り、明石組が山守に警告を行い、明石組と対峙することとなった山守組は総崩れとなる。そんな中、広能を評価している相原が会談の場を設け、本気で戦うつもりでいるのは広能だけで、むしろ事を荒立てないために山守会内で粛清される危険があることを伝える。結局、明石組の圧力により岩国は手打ちとなり、打本は明石組舎弟として復権し、裏切った早川も出戻りして打本組の若頭となった。

名目は五分の手打ちとはいえ事実上の敗北を喫し、打本と立場が逆転した山守は、病気療養中の武田を若頭に指名し、矢面に立たせる。武田は明石組と対抗する神戸の神和会を後ろ盾とするため兄弟盃をかわすが、明石組は広能を仲介として打本との盃を復活させるよう要求する。あくまでこの要求を拒絶しようとする武田であったが、武田以外の幹部は明石組を恐れて及び腰になり、また広能は大久保を取持人として山守組と打本の盃を復活させることに成功する。このため、神和会は山守を責め追い詰める。すべては山守を孤立させるために広能が仕組んだことであった。

ところが事態は急転し、山守組と神和会は原因となった広能をカタギにすることで事を収めることを決める。この決定を拒否する広能は山守組から破門され、嫌気が差した松永は引退してカタギとなる。また、相原は打本に広能が破門された責任を問い、山守組と絶縁するよう迫る。武田に唆された早川は打本の事務所を襲撃し、広能も抗争の準備を進める。そして広能組の組員・倉元が槇原の命を狙うが、同じ広能組の西条が裏切って槇原に密告したことで、倉元は射殺される。

後日、広能が倉元の葬儀を訪れると命を狙われ、その際に倉元の骨壷と中身が無残に路上に飛び散る。広能はまだ熱い倉元の骨を握りしめ、抗争で若い命が失われていくことを後悔する。

キャスト編集

呉市編集

広能組(モデルは美能組

  • 広能昌三 - 菅原文太:このシリーズの主人公。山守組幹部。広能組組長。モデルは美能幸三
  • 水上登 - 五十嵐義弘:広能組若頭格。熱いモノは苦手。
  • 岩見益夫 - 野口貴史:広能組若衆。
  • 西条勝治 - 川谷拓三:広能組若衆。自らの不始末を詫びるため、片手を手首から鉈で切り落とす。
    • この役は当初、歌手の荒木一郎が演じることが決まっていたが、荒木が辞退したため急遽代役が必要となり、前作で捨て身の演技をして評価された大部屋俳優の川谷が大抜擢された。[1]荒木は「広島(は 怖い場所なので ロケに行くのが)が怖い」と言って辞退したと、山城新伍が後に語っている。
  • 倉元猛 - 渡瀬恒彦:広能組若衆。正式な盃は受けていない。走り方が少し変わっている。演じた渡瀬は、第一部では山守組系新開組舎弟の有田役で出演しており、本作が二度目の出演。

山守組(モデルは山村組)

  • 山守義雄 - 金子信雄:山守組の組長。広島市の村岡組長引退によりその勢力を継承して傘下二百余名、山陽道屈指の勢力を率いる。モデルは山村辰雄
  • 山守利香 - 木村俊恵:山守義雄の妻。1作目より登場。モデルは山村邦香。
  • 槙原政吉 - 田中邦衛:山守組幹部。槇原組の組長。山守の腹心で広能を嫌っている。1作目より登場。モデルは樋上実
  • 弘美 - 堀越陽子:山守の女。

独立系

  • 大久保憲一 - 内田朝雄:呉市の大物。渡世とは一線を引いているが山守にも強い影響力を持つ存在。広能の後見人の立場にある。モデルは海生逸一

広島市編集

村岡組(モデルは岡組)

打本組(モデルは打越組

  • 打本昇 - 加藤武:村岡舎弟分。打本組(のち打本会)組長。タクシー会社を経営する事業家。モデルは打越信夫
  • 早川英男 - 室田日出男:打本組(打本会)幹部。早川組組長。モデルは山口英弘。室田は、第二部では村岡組に対抗する大友組の幹部、中原役で出演しており、本作が二度目の出演。
  • 高石功 - 山本清:打本組若頭

神戸市編集

明石組(モデルは山口組

  • 明石辰男 - 丹波哲郎:明石組組長。モデルは田岡一雄。(写真と短い入室場面のみ出演でセリフなし)
  • 相原重雄 - 遠藤辰雄:明石組舎弟頭。情味のある筋目にこだわる人物だが兄弟分となった打本の人間性と実力については疑問視している。広能には胸襟を開くが広島側の明石組シンパとして利用している面もある。モデルは安原政雄
  • 宮地輝男 - 山本麟一:明石組若頭。直截な言動を取るが周囲への目配りが行き届いた器量人。モデルは地道行雄
  • 岩井信一 - 梅宮辰夫:明石組幹部。岩井組組長。広能とは兄弟分。明石組の切込隊長として山陽道にまで名前が響いている存在。原理主義者の実務家タイプ。広能とはウマが合うがヤクザの信念の問題として、仲間同士の流血沙汰を嫌う広能を批判し「山守造反」を勧告する。モデルは山本健一。演じた梅宮辰夫は最初眉毛をなくす為、眉に肌色の蝋を塗るというメイクをしていたが、汗が出ると蝋が溶けてしまうため眉毛を剃り落とす事にした。家に帰ると、当時産 まれたばかりの長女・梅宮アンナがその形相に怯え泣き止まなかったという。
  • 和田作次 - 木谷邦臣:明石組若衆。岩井の舎弟。

神和会(モデルは本多会

  • 神代巳之吉 - 和田真士:明石組と拮抗する広域暴力団の神和会会長。下関豊田会長の取持で村岡組合併後の山守組と親戚の縁組を結ぶ。モデルは本多仁介
  • 伊丹義市 - 中村錦司:神和会の副会長。モデルは平田勝市

スタッフ編集

逸話編集

本作から日活の大スター・小林旭が参加。貫禄の芝居でシリーズに厚みを与えている[2][3]。劇中、「ワシゃそがいな勲章も無いしの」「ワシには家賃が高過ぎますけぇ」というセリフがあるが、それがコンプレックスになっている知性派ヤクザは、それまでのヤクザ映画には現れたことのない、まったく類型のないニュータイプのヤクザであった[4]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集