メインメニューを開く

仇討選手

1931年の映画。およびそのリメイク作品

仇討選手』(あだうちせんしゅ)は、内田吐夢監督による日本のサイレント映画剣戟映画。1931年(昭和6年)製作・公開。第二次世界大戦後、テレビ映画で4度リメイクされ、うち1981年版は舞台化された。本項では、リメイク版・舞台版についても詳述する。

仇討選手
監督 内田吐夢
脚本 小林正
原作 小林正
出演者 大河内伝次郎
山田五十鈴
撮影 松沢又男
配給 日活
公開 日本の旗 1931年12月18日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

足軽・柴野又助に父・辰三を斬り殺された植木職人の由松は、赤穂浪士に憧れる殿様の命令により、仇討ちの旅に出た。苦難の末に仇を討ち果たして帰郷した由松は、許嫁のお静が家老・下坂八郎次の妾にされたことを知る。口論の最中に下坂がお静を斬り殺したため、由松は下坂を斬る。殿様は下坂の息子に仇討ちを命じ、果たし合いが行われるが、彼を殿様たちの操り人形にはさせるまいと考えた由松はそれを返り討ちに遭わせ、自ら切腹した。

概要編集

内田吐夢は現代劇監督として「傾向映画」と呼ばれるプロレタリア映画を制作していたが、厳格化する検閲から逃れるため、舞台を現代から江戸時代に移した本作を撮影した。 本作の上映用プリントは唯一、大阪芸術大学が29フィート(約29秒)分のフィルムを復元・公開している[1]。2時間弱という長尺の映画であったが、このわずかな部分以外、現状では観賞することはできない。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

テレビ映画編集

1959年版編集

仇討選手』(あだうちせんしゅ)は、1959年(昭和34年)に製作・放映された日本のテレビ映画。同年3月1日に開局したてのフジテレビで放送。前篇・後篇と2週に分けて放映された。

1963年版編集

仇討選手』(あだうちせんしゅ)は、1963年(昭和38年)に製作・放映された日本のテレビ映画。『日本映画名作ドラマ』の1篇として製作された。

1969年版編集

仇討選手』(あだうちせんしゅ)は、1969年(昭和44年)に製作・放映された日本のテレビ映画。一話完結のテレビ映画『仇討ち』の第16話として製作された。

1981年版編集

仇討選手』(あだうちせんしゅ)は、1981年(昭和56年)に製作・放映された日本のテレビ映画。『時代劇スペシャル』の1篇として製作された。

スタッフ・放映データ編集

キャスト編集

フジテレビ 月曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
仇討選手(1959年版)
(1959.3.2 - 3.9)
消えた女
(1959.3.16)
NET 日本映画名作ドラマ
貸間あり
(1963.8.18)
仇討選手(1963年版)
(1963.8.25)
子供の目
(1963.9.1)
TBS 仇討ち水曜20時枠
幕末無頼
(1969.1.8)
仇討選手(1969年版)
(1969.1.15)
フジテレビ 時代劇スペシャル
岡っ引どぶ
(1981.9.18)
仇討選手(1981年版)
(1981.9.25)

演劇編集

忠臣蔵症候群 仇討ちでござる』(ちゅうしんぐらしょうこうぐん あだうちでござる)は、1999年(平成11年)製作・上演、堺正章主演による剣劇芝居。1931年(昭和6年)のサイレント映画『仇討選手』、ならびにそれを原作として堺が主演したテレビ映画『仇討選手』のスピンオフ。

編集

  1. ^ Archived 2018年6月15日, at the Wayback Machine.
  2. ^ Film Calculator Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.換算結果、コダック、2010年1月8日閲覧。

外部リンク編集