メインメニューを開く

仇首王(きゅうしゅおう、生年未詳 - 234年)は百済の第6代の王(在位:214年 - 234年)であり、先代の肖古王の長子。『三国史記』百済本紀・仇首王紀の分注や『三国遺事』王暦では貴須王の別名も記される。214年10月に先王の死去により王位についた。は伝わっていない。

仇首王
Baekje-monarchs(4-14).PNG
各種表記
ハングル 구수왕, 귀수왕
漢字 仇首王, 貴須王
発音 クスワン、クィスワン
日本語読み: きゅうしゅおう、きすおう
ローマ字 Gusu-wang, Gwisu-wang

子に沙伴王比流王がいるが、第7代沙伴王は234年に即位、第11代比流王は304年に即位したとされている。兄弟が70年間の差を開けて即位したとは考えにくい。

治世編集

蓋婁王・肖古王に引き続き、新羅靺鞨との交戦が続いた。新羅へは218年7月に攻め入って獐山城(慶尚北道慶山市)を包囲したが、新羅王(奈解尼師今)の反撃を受け、敗退した。222年10月には牛頭城(江原道春川市)に侵入して略奪し、迎え撃つ伊伐飡(新羅の1等官)の忠萱を熊谷(江原道春川市東南の甘渓[1])で大破した。224年7月には一吉飡(7等官)の連珍が侵入してき、烽山(慶尚北道栄州市[2])で迎え撃ったが敗北を喫した。

靺鞨に対しては、216年8月に赤峴城まで侵入されて包囲されたが、城主は防戦に努めて靺鞨兵が引き上げたところを追撃し、沙道城の付近で大いに戦果をあげた。その後も220年10月に北部辺境に侵入されたのを撃退したが、229年11月に牛谷城周辺に侵入されたときには、精兵300を派遣したが、靺鞨軍の伏兵に挟撃され大敗した。

在位21年にして234年に死去した。埋葬地は伝わっていない。

脚注編集

  1. ^ 熊谷についてはほかに江原道横城郡横城面の旧称とする説、江原郡平昌郡珍富面とする説がある。
  2. ^ 他に烽山の候補として、『新増東国輿地勝覧』には慶尚南道昌寧郡霊山面に烽山烽燧の名称が見える。

参考文献編集