メインメニューを開く

今井 勇之進(いまい ゆうのしん、1907年10月12日 - 2001年9月18日)は、日本の金属工学者東北大学名誉教授工学博士(東北帝国大学、1947年)。

鉄鋼材料に関する研究を進めた。鋼の微量成分の研究で、窒素が極めて有用な合金成分になることを発見した。1992年文化功労者村上武次郎は岳父にあたる。

略歴編集

  • 長野県上水内郡柳原村(現・長野市)生まれ、旧制長野中学(長野県長野高等学校)卒業
  • 1931年3月:東北帝国大学工学部金属工学科卒業、海軍航空技術廠勤務
  • 1940年:東北帝国大学金属材料研究所助手
  • 1943年1月:東北帝国大学金属材料研究所助教授
  • 1947年3月:東北帝国大学金属材料研究所教授
  • 1947年5月:東北大学工学博士 博士論文は「鋼の恒温變態に及ぼす諸元素の影響」
  • 1971年3月:東北大学退官
  • 1971年4月:東北大学名誉教授
  • 1975年4月:社団法人日本金属学会附属金属博物館館長

出典編集