メインメニューを開く

今井 泉(いまい いずみ、1935年6月5日 - 2013年3月7日)は、日本の小説家

今井 泉
誕生 (1935-06-05) 1935年6月5日
高知県高知市
死没 (2013-03-07) 2013年3月7日(77歳没)
香川県高松市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 神戸商船大学航海科
活動期間 1977年 - 2013年
ジャンル 船舶ミステリー
代表作 『ガラスの墓標』
主な受賞歴 国鉄文芸年度賞(1979年)
サントリーミステリー大賞読者賞(1991年)
テンプレートを表示

人物編集

1935年高知県高知市に生まれる。1958年神戸商船大学航海科卒業後、同年、国鉄に入社。青函連絡船に乗務し、1970年に船長となる。1981年宇高連絡船に移り、船長、航路監督を歴任する。

勤務の傍ら執筆活動を行い、1977年に函館市民文芸賞を受賞、1978年1979年に国鉄文芸年度賞を受賞。1980年に『二等航海士石川達雄』を出版。1984年に『死の海図』で香川菊池寛賞を受賞

1988年4月の宇高航路連絡船廃止を期に3月にJRを退職、執筆活動に専念。

1984年『溟い海峡』、1993年『ガラスの墓標』で直木賞候補。1991年『碇泊なき海図』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞。

2013年3月7日、肺炎の為に、香川県高松市の病院にて亡くなった[1]。77歳没。

著作編集

  • 『二等航海士石川達雄』成山堂書店 1980
  • 溟い海峡
  • 道連れ
  • 『碇泊(とまり)なき海図』文芸春秋 1991
  • 『碧(みどり)の遺稿』文芸春秋 1992
  • 『ガラスの墓標』文藝春秋、1993 
  • 島模様
  • 『もう一つの記憶』祥伝社、1994 
  • 『死の海図』祥伝社 1995
  • 『迷走航路』潮出版社 1995

脚注編集

  1. ^ 今井泉氏死去(作家) 時事通信 2013年3月8日閲覧

関連項目編集