メインメニューを開く

今八幡宮(いまはちまんぐう)は山口県山口市にある神社。山口総鎮守。別名は八幡さま。

今八幡宮
所在地 山口県山口市上宇野令828番地1
(山口県山口市八幡馬場22番地〈社務所〉)
位置 北緯34度11分14.25秒
東経131度28分53.15秒
座標: 北緯34度11分14.25秒 東経131度28分53.15秒
主祭神 応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、玉依姫命、宇治皇子
社格 郷社
創建 創建年代不詳
本殿の様式 三間社流造
別名 八幡さま
地図

今八幡宮の位置(山口県内)
今八幡宮
今八幡宮
今八幡宮の位置
今八幡宮の位置(日本内)
今八幡宮
今八幡宮
今八幡宮の位置
テンプレートを表示

目次

祭神編集

  • 応神天皇
  • 仲哀天皇
  • 神功皇后
  • 玉依姫命
  • 宇治皇子

歴史編集

(この節の主な出典[1]

創建年代は不詳だが、鎌倉時代弘安年間(1278年 - 1287年)に大内弘成の娘に「今八幡殿」という名が見えることからそれ以前の創建である。初めに宇治皇子一座を祀り、今八幡宮と称した。文明3年(1471年)朝倉八幡宮(山口市)を大内政弘が合祀した。文亀3年(1503年大内義興が社殿を造り替えた。幕末には社務所が八幡隊の屯所となっていた。

社名編集

「今」には「新しい」という意味があり、八幡神が祀られているので、「新しい八幡宮」という意味で「今八幡宮」と称した[2]

社殿編集

  • 本殿 - 三間社流造。拝殿、楼門とともに室町時代中期(15世紀末頃)の建立。本殿・拝殿・楼門は国の重要文化財に指定[3]

境内摂社編集

(この節の主な出典[4]

  • 八柱神社 - 今八幡宮氏子のうち、八ケ町内にあった摂末社八社を、1907年明治40年)の内務省令により氏神神社に合祀、うち一社の社殿を現在の地に移設して八柱神社と称した。
    • 大歳神社(上天花) - 天照大神・豊受大神・高皇産霊神・大歳の神
    • 春日神社(八幡馬場) - 天児屋根命・市杵島姫命
    • 荒高神社(荒高 ) - 菅原道真
    • 恵比寿神社(中市) - 事代主神
    • 大歳神社(糸米) - 天照大神・豊受大神・高皇産霊神・大歳の神
    • 道祖神社(道祖町 ) - 猿田彦神
    • 恵比寿神社(諸願小路) - 事代主神
    • 杵築神社(天神通り) - 大国主命

祭事・年中行事編集

  • 春祭 - 4月15日
  • 秋祭(例祭) - 10月6日

文化財編集

重要文化財(国指定)
山口市指定有形文化財
  • 祭礼名籍札 - 天文14年(1545年)8月26日[5]

所在地情報編集

所在地
  • 山口県山口市上宇野令828番地1(社殿)
  • 山口県山口市八幡馬場22番地(社務所)
交通

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 今八幡宮について”. 今八幡宮. 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ 社号の由来”. 今八幡宮. 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ 今八幡宮本殿”. 山口県社会教育・文化財課. 2019年5月11日閲覧。
  4. ^ 八柱神社”. 今八幡宮. 2019年5月3日閲覧。
  5. ^ a b 鰐口・祭礼名籍札”. 今八幡宮. 2019年5月4日閲覧。
  6. ^ 上山口駅 から 今八幡宮”. Google マップ. 2019年5月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集