メインメニューを開く

今剣(いまのつるぎ)とは、軍記物語『義経記』で源義経自刃に用いたとされる架空の日本刀で、刃長65短刀[1]

『義経記』および判官物語の写本の一つである『よしつね物語』では[1][2]三条小鍛冶宗近鞍馬寺から依頼を受けて制作、奉納した刀を別当の東光坊が名付けて秘蔵し、後に守り刀として義経に与えたとされる[1]。義経はこの刀を肌身離さず持ち、屋島の戦いでも鎧の下に差していたとされる[1]。義経はこの短刀を用いて左胸下部を刺し貫き、内臓を抉りだした後に衣服の袖で拭ったとされる[1]。『よしつね物語』によるとには紫檀を使っている[1]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 岡見 1992、p. 383.
  2. ^ 岡見 1992、p. 31.

参考文献編集

  • 岡見正雄(校注) 『義経記』 (新装版) 岩波書店、1992年10月7日。ISBN 4000045008NCID BN08465262