メインメニューを開く

今夜はブギー・バック」(こんやはブギーバック)は、日本のミュージシャンである小沢健二と、日本のラップユニットであるスチャダラパーによるコラボレーション楽曲。

今夜はブギー・バック
小沢健二
スチャダラパー楽曲
リリース 1994年3月9日
ジャンル ヒップホップ
J-POP
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
Ki/oon Sony Records
作詞者 光嶋誠
小沢健二
松本洋介
松本真介
作曲者 光嶋誠
小沢健二
松本洋介
松本真介
プロデュース 小沢健二
スチャダラパー

後述を参照

1994年3月9日東芝EMI/イーストワールドレーベルと、キューン・ソニーレコードより同時リリースされた。

目次

解説編集

レコード会社の枠を超えたコラボレーション楽曲として、小沢健二がメインの"nice vocal"バージョンと、スチャダラパーがメインの"smooth rap"バージョンが2枚同時でリリースされ話題を呼んだ。このことから、コラボレーション作品のさきがけとして著名な作品となっている。なお、この2作の裏ジャケットを並べると、繋がって1つの写真になる。

もともと小沢もBOSEも同じマンションで暮らし行き来する仲であり、楽曲もお互いの部屋に行き来しながら制作された。なお、このコラボレーションについてスチャダラパーは、2018年のライブイベントにて「当初は冨好真にオファーしていた」と明かしている[1]

50万枚を超える大ヒットにより、2組の名は一躍広く知れ渡り、後にリリースされた互いの作品もヒットとなった。数多くのミュージシャンによりカバーされ、ライブで演奏されたりリリースされた。

この曲のコード進行はアン・ヴォーグの「Give It up, Turn It Loose」と言われてきたが、twitter上でANIが否定した[2]また、2005年11月3日に放送されたラジオ番組『WANTED!』(TOKYO FM系列)において、ジャズミュージシャンである菊地成孔がこの件について言及していた[3]

バックトラックはナイス&スムースの「CAKE & EAT IT TOO」をサンプリングしており、各バージョン名の由来もここからきている。

シングル編集

  • 今夜はブギー・バック (nice vocal)東芝EMI1994年3月9日、最高位15位)※「小沢健二 featuring スチャダラパー」名義。
  • 今夜はブギー・バック (smooth rap)キューン・ソニーレコード、1994年3月9日、最高位21位)※「スチャダラパー featuring 小沢健二」名義。

※他に両方のシングル全曲を収録したヴィニール12インチ盤がファイルレコードから発売された。

今夜はブギー・バック (nice vocal)編集

今夜はブギー・バック
(nice vocal)
小沢健二 featuring スチャダラパーシングル
初出アルバム『LIFE
B面 今夜はブギー・バック (meanwhile back at the party)
リリース
ジャンル ヒップホップ
J-POP
レーベル EASTWORLD ⁄ 東芝EMI
作詞・作曲 小沢健二
光嶋誠
松本真介
松本洋介
プロデュース 小沢健二&スチャダラパー
チャート最高順位
テンプレートを表示

今夜はブギー・バック (nice vocal)」(こんやはブギーバック ナイスヴォーカル)は、日本のミュージシャンである小沢健二 featuring スチャダラパーシングル

1994年3月9日東芝EMIのイーストワールドレーベルよりリリースされた。

前作「暗闇から手を伸ばせ」以来3か月ぶりのリリースで、小沢健二としては3枚目のシングルとなる。

収録曲

全曲、作詞・作曲・編曲:小沢健二、光嶋誠、松本真介、松本洋介

  1. 今夜はブギー・バック (nice vocal) BOOGIE BACK
    池袋P'PARCO』キャンペーンCMソング
    フジテレビ系列『タモリのスーパーボキャブラ天国』エンディング・テーマ
  2. 今夜はブギー・バック (meanwhile back at the party)
  3. 今夜はブギー・バック (ヴォーカル用カラオケ)

今夜はブギー・バック (smooth rap)編集

今夜はブギー・バック (smooth rap)
スチャダラパー featuring 小沢健二シングル
初出アルバム『スチャダラ外伝』
B面 今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル HIPHOP
レーベル キューン・ソニーレコード
作詞・作曲 小沢健二
光嶋誠
松本真介
松本洋介
プロデュース スチャダラパー&小沢健二
チャート最高順位
スチャダラパー 年表
コロコロなるまま
1993年
今夜はブギー・バック (smooth rap)
1994年
ドゥビドゥWhat?
1995年
テンプレートを表示

今夜はブギー・バック (smooth rap)」(こんやはブギーバック スムースラップ)は、日本のミュージシャンであるスチャダラパー featuring 小沢健二シングル

1994年3月9日キューン・ソニーレコードよりリリースされた。

スチャダラパーとしては7枚目のシングルである。

収録曲

全曲、作詞・作曲・編曲:小沢健二、光嶋誠、松本真介、松本洋介

  1. 今夜はブギー・バック (smooth rap) BOOGIE BACK
  2. 今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)
  3. 今夜はブギー・バック (ラップ用カラオケ)

バージョン編集

今夜はブギー・バック (meanwhile back at the party)
"nice vocal"のカップリングとして収録。「今夜はブギー・バック」のバックトラックに歓声やスチャダラパーによるラップが部分的に乗せられた音源。
今夜はブギー・バック (Live at BIG EGG?)
"smooth rap"のカップリング。ラップ部分のみを擬似ライヴに仕立てたミックス。
今夜はブギー・バック ("DISCO TO GO LIVE") featuring スチャダラパー
小沢健二のシングル「ラブリー」収録。小沢のライブにスチャがゲスト出演した際、収録されたもの。
今夜はブギー・バック (smooth rap) Remixed by 小山田圭吾
スチャダラパーのリミックスアルバム『サイクル・ヒッツ 〜リミックス・ベスト・コレクション〜』収録。リミックスを手がけた小山田圭吾が小沢健二のパートを歌っている。
今夜はブギー・バック (smooth rap) Remixed by 高木完K.U.D.O.
『サイクル・ヒッツ 〜リミックス・ベスト・コレクション〜』収録。
今夜はブギーバック/あの大きな心
小沢健二のアルバム『Eclectic』に収録されたセルフカバー音源。原曲からアレンジが大幅に変更され、スチャダラパーによるラップ部分がカットされ、原曲にあった英語のフレーズが一部日本語に書き換えられたうえに、新たに歌詞を書き加えている。

カバー編集

アーティスト 収録 備考
チャッカマンズ Al『チャッカマンズゴーゴー』 パンク風にアレンジされている。
Anny's Ltd
竹中直人&
ワタナベイビー
Sg『今夜はブギー・バック』 竹中直人主演映画男はソレを我慢できないテーマ曲
プロデュースはスチャダラパー。
KREVA Sg『Have a nice day』 1番Aメロの歌詞のみ小沢健二によるセルフカバー「今夜はブギーバック/あの大きな心」仕様になっている[4]。なお、ラップ・パートはカットされている。
Dell Feat. Clock Ag『今夜はブギーバック』 アナログ盤のみのリリース。
THE HELLO WORKS
Feat. ハナレグミ
Al『PAYDAY スチャダラパーによるセルフカバー。
Ricco Al『In The Silence』 オムニバスカバーアルバム。
TOKYO No.1 SOUL SET
+ HALCALI
Sg『今夜はブギー・バック』
Al『TOKYO GROOVE』(HALCALI)
CM用に制作されたが、多くの反響から
配信・CDリリースとなる。日産自動車キューブ(Z12)CMソング(2009年)
noelle Al『LOVE ELECTR O2』 上記のTOKYO No.1 SOUL SETバージョンが主軸としたテクノアレンジ。
RYOCO Al『Proposal of Healing』 R&B風にアレンジされている。
ロットングラフティー 配信『My Tunes supported by SPACE SHOWER TV』 iTunes配信のみのリリース。
加藤ミリヤ feat. 清水翔太&SHUN Al『TRUE LOVERS アレンジは "nice vocal" のバージョンで収録。
どついたるねん (バンド) CD-R 『ドツノポリスBEST』『裏ドツノポリスBEST』 それぞれに違うバージョンが収録されている。
中野テルヲ Al『Teruo Nakano 1996-2016』
宇多田ヒカル ライブ「Luv Live」においてカバー。
櫻井翔 ライブツアー「ARASHI All arena tour "Join the STORM"」でカバー。 その模様はVHS/DVD「ALL or NOTHING」に収録。
DJ PMX
feat. HI-D&GIPPER&cak73
AI『THE ORIGINAL III ディスコ・ミュージックの様なアレンジの "nice vocal" のバージョンが収録されている。
FEMM Al 『80s/90s J-POP REVIVAL』

TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALI のカバー・シングル編集

今夜はブギー・バック
TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALIシングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル tearbridge production
作詞・作曲 光嶋誠
小沢健二
松本洋介
松本真介
チャート最高順位
TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALI シングル 年表
今夜はブギー・バック
2009年
You May Dream
2010年
TOKYO No.1 SOUL SET 年表
Change my mind
2004年
今夜はブギー・バック
2009年
You May Dream
2010年
HALCALI 年表
Re:やさしい気持ち
2009年
今夜はブギー・バック
(2009年)
ENDLESS NIGHT
2010年
ミュージックビデオ
「今夜はブギー・バック」 - YouTube
テンプレートを表示

今夜はブギー・バック」(こんやはブギー・バック)は、TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALIのシングル。

1994年小沢健二スチャダラパーによるコラボレーション楽曲「今夜はブギーバック」のリミックスバージョンで、2009年6月22日から日産自動車キューブ」のテレビCMソングとして使用された。

当初は楽曲リリースの予定がなかったが、オンエアしてから多くの問い合わせが殺到し、リクエストの声に応え、同年8月5日から着うたで配信開始。レコチョクの着うたデイリーチャートで初登場3位を獲得、高い注目を集めたことから、CDでの発売が決定した[5]。また、CDジャケットはCM映像と同じで、赤塚不二夫のキャラクターが登場している。

オリコン初登場10位を獲得。TOKYO No.1 SOUL SETにとって自身初のオリコントップ10入りを果たしたが、HALCALIはアルバム『ハルカリベーコン』以来のトップ10入りとなった。。

収録曲
  1. 今夜はブギー・バック/TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALI
    日産自動車キューブ」CMソング。
  2. Rising Sun(Single Mix)/TOKYO No.1 SOUL SET
  3. Innocent Love 2009/TOKYO No.1 SOUL SET
    以上2曲はいずれもTOKYO No.1 SOUL SETの楽曲で、「Rising…」は同年3月にリリースされたアルバム『BEYOND THE WORLD』からのシングルカット、「Innocent…」は2007年12月にデジタルシングルでリリースされた楽曲の新バージョンである。
  4. 今夜はブギー・バック(Karaoke)/TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALI

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “オザケンは第2候補だった?ちゃらんぽらん冨好がブギーバック、本場の発音「ミルクハニー」”. お笑いナタリー. (2018年9月16日). https://natalie.mu/owarai/news/299939 2019年5月19日閲覧。 
  2. ^ twitter - SDP_ani”. 2010年5月22日閲覧。
  3. ^ WANTED!”. 2007年7月10日閲覧。
  4. ^ “カバーされ続ける『今夜はブギー・バック』 それぞれの魅力”. エキサイトニュース (エキサイト株式会社). (2019年4月28日). https://www.excite.co.jp/news/article/OhtaBooks_014631/ 2019年5月19日閲覧。 
  5. ^ “ソウルセット+ハルカリ「今夜はブギー・バック」がCD化”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年8月12日). https://natalie.mu/music/news/19812 2019年5月19日閲覧。 
  6. ^ “[Base Ball Bear] 若若男女サマーツアー今年も開催”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2007年5月16日). https://natalie.mu/music/news/1800 2019年5月19日閲覧。 
  7. ^ “初音ミクが歌う「今夜はブギー・バック」が公開に”. OTOTOY (オトトイ株式会社). (2012年5月22日). https://ototoy.jp/news/71501 2019年5月26日閲覧。 
  8. ^ REALSOUND (2016年5月23日). “スチャダラパー、『SMAP×SMAP』出演決定 SMAPと共に「今夜はブギー・バック」を歌唱”. 2016年10月30日閲覧。
  9. ^ cinemacafe.net (2016年10月21日). “池松壮亮&小松菜奈も出演!40年分の東京カルチャーを凝縮したMVをビームスが発信”. 2016年10月30日閲覧。