メインメニューを開く

今宮エビス(いまみや えびす、1942年1月10日 - 2008年1月27日)は、お笑い芸人漫才師京都府京都市嵯峨野出身。本名は土屋 嘉生(つちや よしお)。芸名は吉田留三郎が命名。

今宮エビス
本名 土屋 嘉生
生年月日 1942年1月10日
没年月日 (2008-01-27) 2008年1月27日(66歳没)
出身地 京都府京都市嵯峨野
言語 日本語
コンビ名 内海カッパ・今宮エビス
活動時期 1960年-2008年
同期 4代目桂福團治
テンプレートを表示

来歴・人物編集

  • 豆腐料理屋「竹むら」の息子。立命館高校卒業後に芦屋雁之助に師事し、「十日戎」の芸名でデビュー。初舞台は1960年京都南座
  • 過去に4回寝坊をして舞台に遅刻したことが原因で、芦屋に一回破門されたことがある。
  • 1966年に初代内海突破門下の内海カッパと「内海カッパ・今宮エビス」を結成。 (松竹芸能所属だが、ホームページ上にプロフィールは記載されていない。)
  • 一時肺の病気で入院静養していた。この頃相方は高野山比叡山で得度をし坊主姿で僧侶姿で数珠持ちネタをしていた。
  • 若井ぼんが主催するNPO法人笑集会に参加していた。 [1]
  • 2008年1月27日9時17分肺炎のため死去。66歳没。同年8月27日にカッパも死去。

逸話編集

  • 1990年の夏に若井ぼんと音頭を取り、横山やすし三重県鳥羽市の断酒修行が出来る旅館へ3ヶ月間断酒修行に行かせたが、やすしはわずか2週間で挫折。大阪へ帰阪する時やすしは「みんな潰したるから。本当にお世話になりました。ぼんちゃん・エビっちゃん、ありがとう。やすしより」とメモに書き残していった。そのメモはエビス本人が保管していた。
  • 芦屋に一度破門された頃、隣家に勝新太郎が住んでいて、弟子にならないかと薦められたことがある。

外部リンク編集