今宮子供えびすマンザイ新人コンクール

今宮戎神社 こどもえびす マンザイ新人コンクール(いまみやえびすじんじゃ こどもえびす マンザイしんじんコンクール)は、上方漫才の賞。「今宮こどもえびす新人漫才コンクール」とも表記される。

1980年(昭和55年)から毎年夏に今宮戎神社大阪府大阪市浪速区)の境内で行われる「今宮こどもえびす祭」の中で開催されているもので、子供向けの大会というわけではない。2020年(令和2年)は新型コロナウイルス感染症の影響でこどもえびすが中止になったのでコンクールも中止となった[1]

開催事務局は芸能事務所「テレビランド」内にある。

概要編集

  • 参加資格はプロを目指していて、過去に受賞経験のないコンビもしくはグループ。
  • 最高賞は「福笑い大賞」で、賞金は20万円。次いで「奨励賞」は、賞金10万円。
  • 福娘が選ぶ「福娘大賞」の受賞者には記念品が贈られる。
  • 1994年(平成6年)の第15回から、同年に逝去した香川登枝緒の冠をつけた「香川登枝緒賞」(第23回から「香川登枝緒記念敢闘賞」)が設けられた。香川は第1回より審査委員長を務めた人物。敢闘賞の意味合いを持ち、10万円の賞金と副賞が贈られる。
  • 第7回から第24回まで、審査員の子供が選ぶ「子供大賞」が設けられていた。
  • MCは田渕岩夫

受賞者編集

コンビ名はいずれも受賞当時[2]

備考編集

  • 結成直後の福笑い大賞受賞例。
  • 第29回(2008年)福笑い大賞の「マグナム」は小学生コンビ。新人漫才奨励賞の藤本淳史(田畑藤本)は東京大学卒の為、当時「小学生が東大を倒した」と話題になった。

脚注編集

外部リンク編集