今小路基冬
時代 南北朝時代
生誕 興国2年/暦応4年(1341年
死没 弘和2年/永徳2年11月21日1382年12月26日
別名 法号:後浄覚寺殿
官位 従一位権大納言
主君 光明天皇崇光天皇後光厳天皇後円融天皇
氏族 二条家庶流今小路家
父母 父:今小路良冬
師冬満済
テンプレートを表示

今小路 基冬(いまのこうじ もとふゆ)は、南北朝時代公卿権大納言今小路良冬の子。官位従一位・権大納言。二条良基の子とされていたという[1]

経歴編集

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

従一位昇叙の背景編集

今小路家は摂関家二条家の庶流であるが、摂関家並の昇進を遂げ従一位にまで叙せられた背景は、足利義満の覇権が確立しつつある時期に、同時代に従一位に叙せられた他の公卿と同様に北朝政権と足利義満に忠実な立場であったからと考えられる。

満済の実父編集

室町幕府の政権運営に大きな影響力を発揮した醍醐寺三宝院満済は、『尊卑分脈』では基冬の孫であるが、『大日本史料』第7編の資料では基冬の子としている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『公卿補任』延文元年の条。養子か猶子かは明確ではない。
  2. ^ 従三位に叙せられる前の経歴は不明である。
  3. ^ 同じ年には万里小路仲房正親町三条実音准大臣宣旨を得ている。また、四辻善成が従一位に叙せられ広橋兼綱が准大臣となったのは前年の永徳元年(1381年)である。
  4. ^ 『大日本史料』第7編の20所収、応永21年11月22日の条。

参考文献編集