メインメニューを開く

今川 貞延(いまがわ さだのぶ)は、室町時代中期の武将遠江今川氏6代目当主。陸奥守、遠江守護。堀越貞延(ほりこし さだのぶ)とも。

 
今川貞延
時代 室町時代
生誕 不詳
死没 文明6年(1474年
別名 六郎
戒名 海雲東公
墓所  
官位 従五位下陸奥守
幕府 室町幕府遠江守護
氏族 今川氏(清和源氏足利氏流)
父母 父:今川範将
兄弟 貞延、女(足利義政側室)
瀬名一秀堀越貞基

目次

概略編集

寛正6年(1464年)に先代の範将が没すると、局面が混迷するさなか遠江今川氏を継いだ。一時、幕府に所領を没収されたが、貞延による存続が許された。貞延の在任時期は、遠江領内での一揆の頻発、狩野氏との合戦、斯波氏との対立、京では応仁の乱が拡がるなど、常に不安要素を抱えての運営であった。

  • 宗家である駿河今川氏今川義忠と共に挙兵。
  • 文明年間、貞延は見付端城を築城、見付を支配下に置いた。

などの働きを示している。文明6年(1474年)に戦死。

死後編集

貞延死去の同年、今川義忠は狩野氏を破るなど、たびたび遠江へ侵攻する。これは、遠江今川氏の遠江支配権回復という名目よりも駿河今川氏による直接支配に乗り出した印象を強めた。ただし、2年後の義忠の横死により、斯波氏との抗争は膠着した。

貞延の子に一秀と貞基がおり、前者は瀬名に移ったことから瀬名氏を称し、後者は堀越に居を構えたため堀越氏を興した。

やがて、遠江は今川氏親によって平定されたために遠江今川氏の血族は、駿河今川氏の臣下に組み込まれていく形になり、しばしのあいだ存続する。

人物編集

当初は武勇に秀でたが、歌や書にも優れていたため、次第に風流人としての一面を用いるようになっていった。

系譜編集

寛政重修諸家譜』の「瀬名」系譜は、父親を先代の今川範将としている。

貞延の父親を先々代今川貞相とする(貞延を範将の弟とする)説もある。父子相続のままでは貞延の後裔たち(関口親永築山殿など)が、宗家・駿河今川氏の当主と生存年代が噛み合わなくなる事が挙げられる。

参考文献編集

関連項目編集