メインメニューを開く

今川貞相

室町時代初期から中期にかけての武将

今川 貞相(いまがわ さだすけ、生没年不詳)は、室町時代初期から中期にかけての武将。遠江今川氏4代当主。官位・伊予守、治部大輔。子に今川範将

父・今川貞臣から家督を継承し、東海において最大規模の勢力を持ち、全盛期を築いた。

天竜川西域の広大な遠江領土を統治するため、佐鳴湖東部の丘陵地帯に曳馬城を築城(異説あり)。同時に、軍事交易の流通を整備した。

関連項目編集