メインメニューを開く

今昔続百鬼――雲

今昔続百鬼――雲』(こんじゃくぞくひゃっき くも)は、講談社から刊行されている京極夏彦の妖怪探偵小説集。百鬼夜行シリーズの「番外編」となる4作品を集めたミステリー中編集。副題は『多々良先生行状記』。

目次

出版経緯編集

  • 2001年(平成13年)11月 講談社ノベルスより探偵小説『今昔続百鬼――雲』刊行
  • 2006年(平成18年)6月 『今昔続百鬼――雲』が講談社文庫より刊行

概要編集

「百鬼夜行シリーズ」でも登場している人物・多々良勝五郎と沼上蓮次を主人公とした中編集である。妖怪伝承のためのフィールドワークの旅先で出会う妖怪に絡んだミステリーをコメディタッチで描いている。同シリーズから他に中禅寺秋彦や里村紘市、伊庭銀四郎が登場。昭和25年初夏から昭和26年秋までの出来事で、掲載作品の時系列としては『姑獲鳥の夏 』以前の話である。ノベルス版の挿絵はマンガ家のふくやまけいこ

主要登場人物編集

多々良 勝五郎(たたら かつごろう)
在野の民俗学者。妖怪伝承を収集・研究している妖怪研究家。外見は、寝癖のついた髪をしていて小柄で太っており、小さな眼鏡をかけている。元々は理系で力学・天文・気象に詳しく、建築を学んでいたが、好きが高じて妖怪研究に専念するようになった。少女歌劇が好き。沼上を相棒として、たびたび妖怪研究旅行をする。沼上からは「センセイ」と呼ばれている。旅先で妖怪への興味のおもむくままに、事件に首をつっこんでは困ったことになるのだが、懲りていない。シリーズ本編では『塗仏の宴』に登場してる。
沼上 蓮次(ぬまがみ れんじ)
本作の語り手。自称、伝説探訪家。 戦前は左官をしていて、独学で民俗学を勉強していた。同好の士らと共に同人誌「迷ひ家」を創刊し、柳田國男の講演先で多々良と出会った。大戦では徴兵され、復員を果たすも同人誌仲間は離散。闇市で働いていたところに、多々良と再会し、彼の斡旋で印刷所に就職した。以後、多々良の困った言動に振り回され、始終ケンカをし、文句を言いながらも、彼の研究旅行に同行している。シリーズの中では『塗仏の宴』と『五徳猫』に登場する。
村木 富美(むらき ふみ)
『岸崖小僧』の事件の際に、多々良と沼上と出会う。村木作左衛門の養女で養父の趣味に自らも興味を持って付き合っていて、妖怪に関する知識が豊富。江戸の読み本なども難なく読みこなす聡明で快活な少女。以後も主にふたりを助けるために登場する。そして『古庫裏婆』以外の各事件の総括をする役割を担っている。ふたりに出会ったときは16歳だった。

岸崖小僧編集

甲府に研究旅行していたふたりは、川辺で大きな水音と「カッパ」と呼ぶ声を耳にする。その声に引かれて川に入っていたふたりは、妖怪好きの地主親子に出会う。小説現代2000/1月号増刊メフィスト掲載。

登場人物編集

村木 左衛門(むらき さくざえもん)
在住地域一帯の大地主。村木富美の養父。お化けや妖怪の愛好家として地域では有名で妖怪爺ぃなどと呼ばれている。彼の遺産分配に関する遺言状のせいで、村が二分するほどの問題となり、殺人事件にまで発展してしまう。事件後、同好の士である多々良と沼上の妖怪研究のスポンサーとなった。
津坂 平四郎(つさか へいしろう)
作左衛門の友人で、彼に数頭の犬を譲った。川辺で不可解な死を遂げていたところを、多々良と沼上に発見される。

泥田坊編集

諏訪方面に研究旅行していた多々良と沼上。遭難しかけて辿りついた雪深い見知らぬ山の村で、ふたりは「~を返せ」という不気味な声を発しながら徘徊する黒い人影を目撃して驚愕する。小説現代2000/5月号増刊メフィスト掲載。

登場人物編集

田岡 太郎(たおか たろう)
田岡吾市の息子。地学を研究している。父の女癖のせいで、長らく父と離れていたが15年ぶりに会いにくる。
田岡 吾市(たおか ごいち)
田岡太郎の父。女グセが悪く、村人にもてあまされている。
伊勢 隆吉(いせ りゅうきち)
田岡吾市の従兄弟。村外れに暮らしている鼻抓み者。
田尾 信三(たお しんぞう)
松本在住の温泉掘削師。

手の目編集

「泥田坊」事件が解決したあと、多々良と沼上、そして救援にかけつけてきた富美は、ついでの調査がてらに遠回りして東京に戻ることにした。しかし迷って、霧積方面に出てしまい、また見知らぬ村で宿泊するはめとなった。村では、男衆が不審な行動をとっており、多々良が首を突っ込んだせいで、今回も一行は渦中に巻き込まれることになる。小説現代2000/9月号増刊メフィスト掲載。

登場人物編集

女将
多々良一行を泊めてくれた旅籠の女将。自分の亭主をはじめとする村の男たちの不審さに頭を痛めている。
富の市(とみのいち)
按摩の座頭。村に住みついて村の男衆を賭博に誘う。
中井 八兵衛(なかい はちべえ)
村の古老。盲目の富の市を賭博でカモろうとするが、逆にボロ負けする。
滋治(しげはる)
村の粉屋の若旦那で新婚。有志から集めた金を元手に富の市と博打を打って勝つ。
金平(きんぺい)
村の物屋の好色な亭主。富の市と博打を打つが負けが込む。

古庫裏婆編集

東京での衛生展示会で、多々良と沼上は旧知の笹田冨与巳と再会する。笹田は、縁戚が騙されて、持ち出されたまま返ってこない優門海上人の即身仏を探しているという。ふたりは興味をひかれ、出羽に向かう。ノベルス版書き下ろし。

登場人物編集

笹田 冨与巳(ささだ とよみ)
沼上も参加していた「迷ひ家」の執筆同人。衛生展示会にて、多々良と沼上に再会したことが、今回の話の発端になった。
栗田 周次(くりた しゅうじ)
岩手出身の拝み屋。栗田コウの最初の夫。妻のために故郷を追われ、廃寺となっていた紫雲院に入る。修行して周海(しゅうかい)と改名した。
栗田 コウ(くりた こう)
栗田周次の妻であった老婆。
栗田 要次(くりた ようじ)
栗田コウの息子である初老の男。
笠倉 新海(かさくら しんかい)
紫雲院2代目住職で栗田コウの2人目の夫。優門海上人の弟子の孫を自称し、優門海上人の即身仏を紫雲院に持ち込んだ。
浅野 六次(あさの ろくじ)
旅宿で多々良と沼上を酔わせ、2人の金と荷物を盗む。
山浦 匡太郎(やまうら まさたろう)
紫雲院隣町の隠居で蔵書家。昭和23年ごろに行方不明になっている。
中禅寺 秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)
中野の古書肆。行方不明の蔵書家の蔵書の処分について相談を受けて当地に赴いていた。
伊庭 銀四郎(いば ぎんしろう)
東京警視庁の警部補。戦前は国家警察長野県本部所属だった。衛生展示会に出展されていた優門海上人の即身仏に疑惑が持ち上がったため、里村紘市とともに出羽に赴く。
里村 紘市(さとむら こういち)
中禅寺の知人の医者で、温厚な解剖マニア。自身でも医院を開業しているが、警察の監察医も務めている外科医。

関連項目編集