今月の独立運動家朝鮮語: 이 달의 독립운동가)は、大韓民国国家報勲処によって定められる朝鮮独立運動家の名簿である。

国家報勲処では1992年から毎月一人独立運動家を指定し、その人物の追慕行事や展示などの記念事業を展開している。

リスト編集

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1992年 金相玉朝鮮語版 片康烈朝鮮語版 孫秉煕 尹奉吉 李相龍 池青天 李商在 徐一 申圭植朝鮮語版 李奉昌 李会榮 羅錫疇朝鮮語版
1993年 崔益鉉 曺晩植 黄炳吉朝鮮語版 盧伯麟 趙明河 尹世胄 羅喆朝鮮語版 南慈賢朝鮮語版 李麟栄 李章寧 鄭寅普 呉東振朝鮮語版
1994年 李陸史 林炳瓚 韓龍雲 梁起鐸 申八均 白貞基 李儁朝鮮語版 梁世奉 安武 曺成煥朝鮮語版 金学奎 南宮檍朝鮮語版
1995年 金祉燮 崔八鎔朝鮮語版 李種一 閔弼鎬朝鮮語版 李振武 張鎭弘 全垂鏞 金九 車利錫朝鮮語版 李康秊 李鎭龍朝鮮語版 趙秉世
1996年 宋鍾翊 申采浩 申錫九 徐載弼 申翼煕 柳一韓朝鮮語版 金河洛 朴尚鎮 洪震 鄭寅承 田明雲 鄭伊衡
1997年 盧応奎朝鮮語版 梁基瑕 朴準承 宋秉祚朝鮮語版 金昌淑朝鮮語版 金淳愛朝鮮語版 金永蘭 朴昇煥 李南珪朝鮮語版 金躍淵 丁泰鎭 南廷珏
1998年 申彦俊 閔肯鎬 白龍城朝鮮語版 黄炳学 金仁全朝鮮語版 李元大 金瑪利亜朝鮮語版 安熙済 張道斌朝鮮語版 洪範図 申乭石朝鮮語版 李允宰朝鮮語版
1999年 李義駿 宋継白 柳寛順 朴殷植 李範奭 李殷瓚朝鮮語版 周時経 金弘壹 楊宇朝 安重根 姜宇奎 金東植
2000年 柳麟錫朝鮮語版 盧泰俊 金秉祚 李東寧 梁振汝 李鍾健 金漢鍾 洪範植朝鮮語版 呉成述 李範允 張泰洙 金奎植
2001年 奇参衍朝鮮語版 尹世復朝鮮語版 李昇薫 柳林 安圭洪 羅昌憲 金承学 鄭靖和 沈薫 劉瑾 閔泳煥朝鮮語版 李在明
2002年 郭在驥 韓焄朝鮮語版 李弼柱 金赫 宋学善 閔宗植朝鮮語版 安在鴻 南相悳朝鮮語版 高而虚 高光洵 申叔 張建相朝鮮語版
2003年 金皓 金中建 劉如大 李始榮 文一平朝鮮語版 金擎天 蔡基中朝鮮語版 権基玉 金泰元 奇山度朝鮮語版 呉剛杓 崔養玉
2004年 許蔿朝鮮語版 金炳魯 呉世昌 李剛 李愛羅朝鮮語版 文譲穆 権仁圭 洪学淳 崔在亨朝鮮語版 趙時元朝鮮語版 張志淵朝鮮語版[1] 呉義善
2005年 崔容信朝鮮語版 崔碩淳朝鮮語版 金福漢 李東輝 韓聖洙朝鮮語版 金東三 蔡応彦朝鮮語版 安昌浩 趙素昻朝鮮語版 金佐鎮 黄玹 李相卨朝鮮語版
2006年 柳子明朝鮮語版 李承熙朝鮮語版 申洪植 厳恒燮朝鮮語版 朴次貞朝鮮語版 郭鍾錫朝鮮語版 姜振遠朝鮮語版 朴烈 玄益哲朝鮮語版 金澈朝鮮語版 宋秉璿朝鮮語版 李命夏
2007年 林蚩正 金光済朝鮮語版
徐相敦朝鮮語版
権東鎮 孫貞道朝鮮語版 趙信聖 李瑋鍾朝鮮語版 具春先 鄭煥直 朴始昌 権得洙 朱基徹 尹東柱
2008年 梁漢黙 文泰洙朝鮮語版 張仁煥 金星淑朝鮮語版 朴載赫朝鮮語版 金元植 安恭根朝鮮語版 柳東説 尹熙順朝鮮語版 劉東夏朝鮮語版 南相穆 朴東完
2009年 禹在龍 金度演 洪秉箕朝鮮語版 尹琦燮朝鮮語版 梁槿煥 尹炳求朝鮮語版 朴慈恵朝鮮語版 朴賛翊 李鍾熙 安明根朝鮮語版 張石泉 桂奉瑀
2010年 方漢旻朝鮮語版 金尚徳 車喜植朝鮮語版 廉温東朝鮮語版 呉光心 金益相 李光敏朝鮮語版 李重言 権俊 崔鉉培朝鮮語版 沈南一 白一圭
2011年 申鉉求 姜基東 李鍾勳 趙琬九 魚允姫 趙秉準 洪焉 李範晋 羅泰燮 金圭植 文錫鳳 金宗鎭
2012年 李甲 金奭鎭 洪元植 金大地 池福榮朝鮮語版 金法麟 呂準 李晩燾 金東洙 李熙昇朝鮮語版 李奭鎔朝鮮語版 玄鼎健朝鮮語版
2013年 李珉和 韓相烈朝鮮語版 梁甸伯朝鮮語版 金朋濬朝鮮語版 車敬信 金元国
金元範
ホーマー・ハルバート[2] 姜永韶 黄学秀朝鮮語版 李声九 盧炳大 元心昌朝鮮語版
2014年 金道鉉朝鮮語版 具然英 全徳基 延秉昊朝鮮語版 方順熙朝鮮語版 白初月 崔重鎬 アーネスト・ベセル[3] 羅月煥 韓澄朝鮮語版 李慶採 呉冕稙
2015年 黄尚奎朝鮮語版 李壽興朝鮮語版 朴寅浩 ジョージ・ルイス・ショー朝鮮語版[3] 安敬信朝鮮語版 柳寅植 宋憲澍 延起羽 李俊植 李鐸 李偰 文昌範朝鮮語版
2016年 趙熙済 韓始大 フランク・スコフィールド英語版[4] 呉永善朝鮮語版 文昌学 安承禹 李信愛朝鮮語版 蔡光黙
蔡奎大
羅仲昭朝鮮語版 羅雲奎 李漢応朝鮮語版 崔壽鳳
2017年 李昭応朝鮮語版 李泰俊 権秉悳朝鮮語版 李相定朝鮮語版 方定煥 張徳俊朝鮮語版 趙姓女朝鮮語版 金秀敏 高雲起 蔡相悳朝鮮語版 李根周 金致宝
2018年 ジョージ・アシュモア・フィッチ 金圭冕 金元璧朝鮮語版 尹顕振朝鮮語版 申健植
呉健海[5]
李大為朝鮮語版 延薇堂 金教献 崔用徳 玄天黙朝鮮語版 趙卿煥 柳相根

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ただし張志淵には親日行為の疑惑がかけられているため、国家報勲処の今月の独立運動家公式サイトには記載されていない。
  2. ^ ハルバートはアメリカ人であり、朝鮮人以外では初めて選ばれた人物である。
  3. ^ a b イギリス人である。
  4. ^ カナダ人である。
  5. ^ 夫婦である。

外部リンク編集