メインメニューを開く

今村 仁司(いまむら ひとし、1942年2月26日 - 2007年5月5日)は、日本の現代哲学思想研究者。主に1980年代以降、多数の翻訳や著作によって、フランス現代思想を中心に現代思想の諸潮流を日本に紹介した。

略歴編集

1942年岐阜県出身。岐阜県立岐阜高等学校を経て、京都大学経済学部へ進学し、1965年に卒業。1970年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京経済大学経済学部教授。

元々マルクス経済学の研究者だったが、当時マルクス主義の独自な認識論を展開していたフランスのルイ・アルチュセールに関心を抱き、アルチュセールを批判的に考察した諸論考を世に出した。その後労働暴力の2つを主題にした社会哲学的論考を執筆。

1980年代前後から、ジャン・ボードリヤールモーリス・ゴドリエジャン=フランソワ・リオタールなどの翻訳のほか、啓蒙書や対談など幅広く手がけ、アルチュセール、シャルル・フーリエルネ・ジラールを含めたフランスのポストモダン思想の断片を日本に紹介した。日本における80年代のポストモダン・ブーム、ニューアカデミニズム(ニューアカ)ブーム、現代思想ブームの火付け役の一人。

また、1990年代前後からピエール・ブルデューヴァルター・ベンヤミンの翻訳などにも対象を広げた。

1995年に、真宗大谷派金沢教化研究室から依頼された講演をきっかけに、浄土真宗の人々と交流を持つようになる。その交流の中で真宗大谷派の僧侶である清沢満之の哲学精神に驚き、『清沢満之と哲学』(岩波書店)を書き上げている。清沢満之を案内者として親鸞『教行信証』を第一級の哲学書とみなすようになる。ただし、清沢満之が重要視した『歎異抄』については、親鸞の著作でないため補助的材料以上ではないとしている[1]

絶筆である『親鸞と学的精神』の序に「歴史時代を異にする日本思想史上希有の二人に出会うことができたのは二重の幸運と言うべきである。」と述べている[2]

2007年5月5日胃癌のため死去。享年65。

著書編集

  • 1970年代
  • 1980年代
  • 1990年代
    • 1990年『理性と権力――生産主義的理性批判の試み』勁草書房
    • 1990年『作ると考える――受容的理性に向けて』講談社現代新書
    • 1991年『格闘する現代思想――トランスモダンへの試み』講談社現代新書
    • 1992年『現代思想の基礎理論』講談社学術文庫
    • 1993年『タイで考える』青土社
    • 1994年『近代性の構造――「企て」から「試み」へ』講談社選書メチエ ISBN 4062580012
    • 1994年『中国で考える』青土社
    • 1994年『貨幣とは何だろうか』ちくま新書
    • 1995年『ベンヤミンの〈問い〉――「目覚め」の歴史哲学』講談社選書メチエ
    • 1996年『群集――モンスターの誕生』ちくま新書
    • 1996年『「大菩薩峠」を読む――峠の旅人』ちくま新書
    • 1996年『現代思想の源流――マルクスニーチェフロイト』(共著)講談社
    • 1997年『アルチュセール――認識論的切断』(現代思想の冒険者たち、第22巻)講談社
    • 1998年『近代の思想構造――世界像・時間意識・労働』人文書院
    • 1998年『近代の労働観』岩波新書
    • 1999年『人と思想フーコー』栗原仁と共著、清水書院
  • 2000年代
    • 2000年『交易する人間〈ホモ・コムニカンス)――贈与交換の人間学』講談社選書メチエ ISBN 4062581787
    • 2000年『ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読』岩波現代文庫
    • 2003年『清沢満之の思想』人文書院
    • 2004年『清沢満之と哲学』岩波書店
    • 2005年『抗争する人間(ホモ・ポレミクス)』講談社選書メチエ ISBN 4062583240
    • 2005年『マルクス入門』ちくま新書
    • 2007年『社会性の哲学』岩波書店
    • 2009年『親鸞と学的精神』岩波書店

訳書編集

  • 1970年代
  • 1980年代
    • 1980年 モーリス・ゴドリエ『経済人類学序説』日本ブリタニカ
    • 1981年 ジャン・ボードリヤール『生産の鏡』宇波彰と共訳、法政大学出版局
    • 1982年 ジャン・ボードリヤール『象徴交換と死』塚原史と共訳、筑摩書房。ちくま学芸文庫(1992年)
    • 1982年 ジャン・ボードリヤール『記号の経済学批判』共訳、法政大学出版局
    • 1984年 モーリス・ゴドリエ『経済における合理性と非合理性――経済人類学への道』国文社
    • 1985年 マイケル・ライアン『デリダとマルクス』勁草書房11
    • 1987年 ジャン=フランソワ・リオタール『漂流の思想――マルクスとフロイトからの漂流』共訳、国文社
    • 1987年 『叢書知のパサージュ3 交差する科学知』共訳、ユニテ
    • 1987年 『叢書知のパサージュ1 哲学のポスト・モダン』共訳、ユニテ
    • 1988年 ピエール・ブルデュ『実践感覚1』港道隆と共訳、みすず書房
    • 1988年 ジャン=リュク・プチ『労働の現象学』松島哲久と共訳、法政大学出版局11
    • 1989年 ジャック・ビデ『資本論をどう読むか』共訳、法政大学出版局
    • 1989年 マーティン・ジェイ『永遠の亡命者たち――知識人の移住と思想の運命』共訳、新曜社
  • 1990年代
    • 1990年 ピエール・ブルデュ『実践感覚2』港道隆と共訳、みすず書房
    • 1993年 シモーヌ・ドゥブー『フーリエのユートピア』監訳、平凡社
    • 1993年 W.ベンヤミン『パサージュ論1』岩波書店。岩波現代文庫(2003年)
    • 1993年 W.ベンヤミン『パサージュ論4』岩波書店。岩波現代文庫(2003年)
    • 1994年 W.ベンヤミン『パサージュ論3』岩波書店。岩波現代文庫(2003年)
    • 1995年 W.ベンヤミン『パサージュ論2』岩波書店。岩波現代文庫(2003年)
    • 1995年 ルイ・アルチュセール『哲学について』筑摩書房
    • 1995年 W.ベンヤミン『パサージュ論5』岩波書店。岩波現代文庫(2003年)
    • 1996年 アレクサンドル・コジェーヴ『法の現象学』堅田研一と共訳、法政大学出版局
    • 1996年 L.アルチュセール他『資本論を読む』全3巻、ちくま学芸文庫
    • 1997年 J.J.ルセルクル『現代思想で読むフランケンシュタイン』沢里岳史と共訳、講談社
    • 1997年 マーティン・ジェイ『世紀末社会主義』大谷遊介と共訳、法政大学出版局
    • 1998年 ヤン・ムーリエ・ブータン『アルチュセール伝――思想の形成(1918-1956)』(共訳)筑摩書房
  • 2000年代
    • 2001年 『清沢満之語録――現代語訳』岩波現代文庫
    • 2005年 カール・マルクス『資本論』三島憲一らと共訳(マルクス・コレクション3、4、5)、筑摩書房
    • 2007年 ジョルジュ・ソレル暴力論塚原史と共訳 岩波書店。岩波文庫

編著編集

  • 1980年代
    • 1986年『ワードマップ資本主義』新曜社
    • 1987年『老いの様式――その現代的省察』多田富雄と共編、誠信書房
    • 1988年『現代思想を読む事典』講談社
  • 1990年代
    • 1992年『トランスモダンの作法』リブロポート
    • 1994年『現代思想ピープル101』新書館
    • 1996年『広松渉著作集』共編、岩波書店
    • 1996年-98年『現代思想の冒険者たち』共編、講談社
  • 2000年代
    • 2001年『思想読本マルクス』作品社
    • 2004年『ヘーゲル』共編、講談社選書メチエ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『親鸞と学的精神』P.3 - 4、P.7
  2. ^ 『親鸞と学的精神』P.4より引用

参考文献編集

  • 桜井哲夫『今村仁司の社会哲学・入門 目覚めるために』(講談社
  • 今村仁司『親鸞と学的精神』岩波書店、2009年。ISBN 978-4-00-023471-9

関連項目編集

外部リンク編集