今村長賀

今村 長賀(いまむら ながよし、天保8年5月23日1837年6月25日〉 - 1910年12月27日)は、日本の陸軍軍人刀剣鑑定家。幼名は和助。

履歴編集

1837年(天保8年)5月23日、土佐に生まれた。1868年(明治元年)、戊辰戦争従軍。のち中尉に。1877年(明治10年)、陸軍一等主計大尉相当官)。1881年(明治14年)、宮内庁御用掛。1886年(明治19年)、東京九段遊就館取締となり武器甲冑の整頓、鑑別を託された。全国有名寺社旧家の武器を調査、刀剣鑑定家としての名声をあげた。

晩年、宮内庁御刀剣係となる。蒐集した刀剣は3000振りと言われている。1910年(明治43年)12月27日、東京麹町で死去、享年74。

著書編集

参考資料編集

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。