今治タオル体操(いまばりタオルたいそう)は、今治タオル体操愛好会によって考案された体操

概要編集

2000年に「今治市生活文化女性塾」などの参加者たちが、市民の健康づくりと愛媛県今治市の特産品のタオル産業活性化を目的に発表された。

体操の所要時間は約3分で、「座位編」、「立位編」、ロック調の曲に合わせた「ニューバージョン編」の3種類がある。タオルを使って筋肉を伸ばす体操で、地元の愛媛県今治市で古くから伝わる「木山音頭」をアレンジした曲に合わせて動くのが特徴である。

テレビ番組で肩こりに効くと取り上げられ話題となった。

取り組み編集

  • 今治タオル体操愛好会が四国タオル工業組合などの後押しを受け、今治市内の福祉施設などで普及活動を行っている。2012年には愛好会の会員などが東日本大震災の被災地支援の一環として宮城県で体操の紹介を行った[1]
  • 2013年4月には講談社から「今治タオル体操」のDVD付き解説本が全国販売された[2]
  • 今治市では始業前に市職員らが行っているラジオ体操をやめ、2013年6月3日からは「今治タオル体操」に切り替えた[3]

出版物編集

脚注編集

  1. ^ 被災地でタオル体操指導。愛好会会員ら宮城県へ - 愛媛新聞(2012年09月02日)、2013年1月5日閲覧。
  2. ^ 今治タオル体操 解説本全国販売開始:ニュース:新おとな総研 - 読売新聞(2013年4月26日)、2013年5月3日閲覧。
  3. ^ 今治タオル体操:市職員が健康維持と産地アピール - 毎日新聞(2013年6月4日)、2013年6月5日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集