今羽町

埼玉県さいたま市北区の町丁

今羽町(こんばちょう)は、埼玉県さいたま市北区町名。現行行政地名は今羽町のみ。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施地区[4]郵便番号は331-0801[2]。本項では、今羽町の前身である大字今羽(こんば)と、その前身である今羽村(こんばむら)についても述べる。

今羽町
今羽駅(所在地は吉野町)
今羽駅(所在地は吉野町)
■今羽町の位置(埼玉県内)
■今羽町
今羽町
今羽町の位置
北緯35度56分57.04秒 東経139度37分16.56秒 / 北緯35.9491778度 東経139.6212667度 / 35.9491778; 139.6212667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
北区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 3,946人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
331-0801[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

地理編集

さいたま市北区北東部の大宮台地上に位置する[5]。東側で上尾市原市東大宮に、南側で本郷町に、西側から北側にかけて吉野町に隣接する。芝川に平行する市道を境に東側は市街化調整区域、西側は市街化区域に指定されている[6]。近隣にニューシャトルの駅が設置されているものの、開発はあまり進んでおらず、生産緑地地区[6]としての農地が目立つ。東側および南側に見られる芝川都市下水路[6]周辺の沖積平野はかつての見沼の北端にあたり、隣接する原市地区同様に荒地が残る。湿地帯を埋め立てさいたま市立泰平小学校さいたま市立泰平中学校などの学校用地に使われている場所もある。都市計画道路宮原駅前通線が宮原駅東交差点から今羽町団地の西を通り、県営砂団地の北側を経て第二産業道路へつながるよう計画されていたが、2013年3月1日に廃止された[7]

古戦場跡である吉野原合戦(舟橋合戦)の跡が北東端の舟橋周辺に所在する[5]

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、今羽町250番10の地点で9万8000円/m2となっている[8]

歴史編集

もとは江戸期より存在した武蔵国足立郡吉野領に属する今羽村であった[5]。村高は正保年間の『武蔵国田園簿』では197余(田113石余、畑84石余)、『元禄郷帳』では211石余、『天保郷帳』では212石余であった[5]助郷中山道大宮宿に出役していた[5]化政期の世帯数は24軒で、村の規模は東西14町、南北18町余であった[5]。周辺の村々からの悪水が集まりやすく大水や旱魃の両方に見舞われやすい場所であった。甘藷や紅花の栽培が盛んで甘藷は鴻巣宿、紅花は桶川宿へ出荷していた[5]

今羽村に存在していた小字編集

  • 丸山・領家谷津・平・横枕・薬師堂前[15]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
今羽町 1,749世帯 3,946人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[16]

番地 小学校 中学校
全域 さいたま市立泰平小学校 さいたま市立泰平中学校

交通編集

鉄道編集

(いずれもホームの一部が今羽町域に掛かるが、駅の所在地は今羽町ではなく吉野町である。)

道路編集

施設編集

町域の北部は吉野原工業団地に掛かる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、さいたま市行政区画審議会による行政区画の編成についての最終答申では「B区」(北区)に大字今羽が記載されている[13]。詳細は不明。

出典編集

  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施地区一覧 (PDF)”. さいたま市 (2019年2月26日). 2019年11月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』392頁。
  6. ^ a b c 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。
  7. ^ 都市計画道路の見直し(さいたま市道路網計画の策定)”. さいたま市 (2019年4月19日). 2019年11月22日閲覧。
  8. ^ a b 土地総合情報システム”. www.land.mlit.go.jp. 2020年7月17日閲覧。
  9. ^ 『大宮のむかしといま』78-81頁。
  10. ^ 『大宮のむかしといま』86-93頁。
  11. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  12. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』957頁。
  13. ^ さいたま市/さいたまWeb/2 行政区画の編成について(最終答申)”. www.city.saitama.jp. 2020年7月17日閲覧。
  14. ^ 『大宮のむかしといま』資料-6-11頁。
  15. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1389頁。
  16. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939

関連項目編集

外部リンク編集