メインメニューを開く

今藤 洋子(こんどう ようこ、1975年昭和50年)1月14日 - )は、日本女優である。千葉県千葉市出身、長野県長野市育ち。東京学芸大学演劇研究部出身。株式会社wood luck office所属。

今藤 洋子
基本情報
出生名 今藤 洋子
出生日 (1975-01-14) 1975年1月14日(44歳)
血液型 B型
出生・出身地 日本の旗 日本千葉県千葉市
職業 女優
事務所 株式会社wood luck office
公式サイト 今藤 洋子

目次

来歴編集

千葉で生まれ、生後まもなく長野に移住、高校卒業までを過ごす。東京学芸大学入学と共に上京。在学中、東京学芸大学演劇研究部「劇団漠」に在籍し、ほぼ毎日ジャージを着て、昼も夜も芝居漬けの生活だったという。大学内の敷地にテントを建て、野外公演なども積極的に行い、今日に至るまで様々な舞台に出演。

2007年頃まで、劇団「回転OZORA」の看板女優として活躍。ひとり芝居なども行う。劇団退団後も演技力を買われ、俳優の佐藤二朗主宰の「ちからわざ」や、同じく俳優の坂上忍作・演出の舞台に数多く出演。

2013年12月には鈴舟・内海賢二追悼公演では主演を務めた。 日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」の再現VTRの常連だった。その際、性格にクセのある女性を担当することが多かった。

人物編集

1週間から1か月位のバックパック旅行が好き。渡航国は、タイ、カンボジア、ベトナム、韓国、台湾、香港、マカオ、トルコ、ギリシャ、フランス、ドイツ、スイス。

お酒全般が好き。特にビールが大好きである。芝居を通して知り合った、佐藤や坂上とはプライベートでも仲が良く、よく飲みに行っているという。

趣味は映画鑑賞。古民家観察。プロレス観戦。好きなレスラーは小橋建太。私服のセンスが個性的でお洒落である。

2012年、隣家が放火されたもらい火で、アパートの自室が全焼。部屋の真ん中に巨大な穴が開き、家財一式、すべてを失う。この火事で、三沢光晴のサイン入りTシャツも失い、大変深いショックを受ける。

活動内容編集

舞台編集

1997年編集

1998年編集

  • 劇団マグネシウムリボン「圧力の卯月」(作・演出:塚本健一)
  • 劇団マグネシウムリボン「俺のつむじ風」(作・演出:塚本健一)

1999年編集

  • シリアルナンバーズ「ジェフリー」
  • 劇団阿佐々谷南南京小僧「太陽を盗んだ男」(作・演出:飯野邦彦)
  • プレイヤーズリーグ「サイレント・プレイヤー」
  • 回転OZORA「黄昏の笑顔」(作・演出:村上秀樹)
  • 劇団マグネシウムリボン「暮れなずめ街」(作・演出:塚本健一)

2000年編集

  • 回転OZORA「Hallelujah」(作・演出:村上秀樹)

2001年編集

  • 回転OZORA「黄昏の笑顔」(作・演出:村上秀樹)
  • 回転OZORA「BLOOD」(作・演出:村上秀樹)

2002年編集

2003年編集

  • 回転OZORA「June bride jn the sky」(作・演出:村上秀樹)
  • 「メトロポリスプロジェクトvol.11」(作・演出:じんのひろあき)
  • 回転OZORA「Bouquet」(作・演出:村上秀樹)

2004年編集

  • 「俺なら職安にいるぜ」(作・演出:じんのひろあき)
  • 回転OZORA「N.O.」(作・演出:村上秀樹)
  • 回転OZORA「monotera」(作・演出:村上秀樹)

2006年編集

  • 回転OZORA「ORANGE68%」(作・演出:村上秀樹)
  • 回転OZORA「Nightbird」(作・演出:村上秀樹)
  • 「ビューティフルドリーマー」(作・演出:じんのひろあき)
  • 回転OZORA「喧騒浜茶屋凪日記」(作・演出:村上秀樹)

2007年編集

  • 回転OZORA「すずらん通り数え歌-Flower Shop Kodama-」(作・演出:村上秀樹)
  • 今藤洋子ひとり芝居「mama.」作・演出:村上秀樹(回転OZORA)

2008年編集

  • バジリコ・F・バジオ「最北端の姉妹」(作・演出:佐々木充郭)

2009年編集

  • ちからわざ「はるヲうるひと」(作:佐藤二朗 演出:堤泰之)
  • B-amiru「ペンパル狂時代」(作・演出:イチキ游子)
  • 「殺める人々」(作・演出:坂上忍)

2010年編集

  • 散歩道楽太田組「粋で鯔背で、すごい馬鹿」(作・演出:太田善也)
  • 「EGO-WRAPPIN'とメス豚の太股」(作・演出:坂上忍)

2011年編集

  • 「或る、致し方ない罪に対する、やるせない復讐のはじまり」(作・演出:坂上忍)
  • 「株式会社893(ハチキューサン)」(作・演出:坂上忍)
  • 「マザーフッカー」(作・演出:坂上忍)

2012年編集

  • ちからわざ「ハラナイ荘の人々」(作:佐藤二朗 演出:堤泰之)
  • 「レッドカードファミリー リターンズ」(作・演出:坂上忍)
  • 「ダメ出し」(作・演出:坂上忍)
  • 肯定座「暗礁に乗り上げろ!」(作・演出:太田善也)

2013年編集

  • 「DRUG STORE」(作・演出:坂上忍)
  • 鈴舟・内海賢二追悼公演「デイドリーム・ビリーバー」(作・演出:堤泰之)

2014年編集

  • ちからわざ「はるヲうるひと」(作:佐藤二朗 演出:堤泰之)
  • ナミチョウ関係「海賊屋万次郎がゆく」(作・演出:太田善也)

2015年編集

  • モダンスイマーズ「悲しみよ、消えないでくれ」(作・演出:蓬莱竜太)
  • アヴァンセプロデュース公演「或る、致し方ない罪に対する やるせない復讐のはじまり」(作・演出:坂上忍)
  • 東京マハロ「女は過去でできている」(作・演出 矢島弘一)
  • 風琴工房「無頼茫々」(作・演出 詩森ろば)

2016年編集

  • 朗読劇「黄昏流星群」原作・弘兼憲史

テレビ編集

映画編集

ラジオCM編集

CM編集

ラジオドラマ編集

外部リンク編集