メインメニューを開く

今野 真二(こんの しんじ、1958年 - )は、日本日本語学者清泉女子大学教授

目次

人物編集

神奈川県鎌倉市生まれ。神奈川県立湘南高等学校の同級生に入不二基義阿部嘉昭がいる。1982年早稲田大学文学部国文科卒、1985年大学院博士課程後期退学。1986年松蔭女子短期大学講師、助教授、1995年高知大学助教授、1999年清泉女子大学文学部助教授、教授。2002年『仮名表記論攷』で金田一京助博士記念賞受賞。

は今野さなへ、祖父山田孝雄伯父山田忠雄山田俊雄も著名な日本語学者である。

著書編集

  • 『仮名表記論攷』清文堂出版 2001
  • 『文献から読み解く日本語の歴史――鳥瞰虫瞰』笠間書院 2005
  • 『消された漱石――明治の日本語の探し方』笠間書院 2008
  • 大山祇神社連歌の国語学的研究』清文堂出版 2009
  • 『振仮名の歴史』集英社新書 2009
  • 『文献日本語学』港の人 2009
  • 『漢語辞書論攷』港の人 2011
  • 『百年前の日本語――書きことばが揺れた時代』岩波新書 2012
  • 『ボール表紙本と明治の日本語』港の人 2012
  • 『漢字からみた日本語の歴史』ちくまプリマー新書 2013
  • 『『言海』と明治の日本語』港の人 2013
  • 『かなづかいの歴史 日本語を書くということ』中公新書、2014
  • 『日本語の近代 はずされた漢語』ちくま新書、2014
  • 『日本語のミッシング・リンク 江戸と明治の連続・不連続』新潮選書、2014
  • 『日本語の考古学』岩波新書、2014
  • 『「言海」を読む ことばの海と明治の日本語』角川選書、2014
  • 『辞書からみた日本語の歴史』ちくまプリマー新書、2014
  • 『かなづかいの歴史』中公新書 2014
  • 『辞書をよむ』平凡社新書、2014 
  • 『日本語の近代 はずされた漢語』ちくま新書 2014 
  • 『戦国の日本語 五百年前の読む・書く・話す』河出ブックス、2015
  • 『超明解!国語辞典』文春新書、2015
  • 『盗作の言語学 表現のオリジナリティーを考える』集英社新書 2015 
  • 『常用漢字の歴史 教育、国家、日本語』中公新書、2015 
  • 『リメイクの日本文学史 リライトの日本文学史』平凡社新書、2016
  • 『ことばあそびの歴史 日本語の迷宮への招待』河出書房新社、2016
  • 『漢和辞典の謎 漢字の小宇宙で遊ぶ』光文社新書、2016
  • 北原白秋 言葉の魔術師』岩波新書、2017
  • 『かなづかい研究の軌跡』笠間書院、2017
  • 『詩的言語と絵画 ことばはイメージを表現できるか』勉誠出版、2017
  • 『漢字とカタカナとひらがな 日本語表記の歴史』平凡社新書、2017
  • 『ことばでたどる日本の歴史』河出ブックス、2018
  • 『『日本国語大辞典』をよむ』三省堂、2018
  • 『日日是日本語 日本語学者の日本語日記』岩波書店、2019

編著・共著編集

  • 『日本語学講座 第1巻 書かれたことば』清文堂出版 2010
  • 『日本語学講座 第2巻 二つのテキスト(上)明治期以前の文献』清文堂出版 2011
  • 『日本語学講座 第3巻 二つのテキスト(下)明治期の文献』清文堂出版 2011
  • 『日本語学講座 第4巻 連合関係』清文堂出版 2011
  • 『日本語学講座 第5巻 『節用集』研究入門』清文堂出版 2012
  • 『日本語学講座 第6巻 明治期の辞書』清文堂出版 2013
  • 『日本語学講座 第7巻 ボール表紙本』清文堂出版 2013
  • 『日本語学講座 第8巻 自筆原稿』清文堂出版 2014
  • 『日本語学講座 第9巻 仮名の歴史』清文堂出版 2014
  • 『日本語学講座 第10巻 言語の揺れ』清文堂出版 2015
  • 『学校では教えてくれない ゆかいな日本語』河出書房新社<14歳の世渡り術>、2016
  • 『大人になって困らない 語彙力の鍛えかた』河出書房新社<14歳の世渡り術>、2017
  • 『図説 日本語の歴史』河出書房新社<ふくろうの本>、2015
  • 『図説 日本の文字』河出書房新社<ふくろうの本>、2017
  • 小野春菜と共著『言海の研究』武蔵野書院、2018
  • 編『秋萩帖の総合的研究』勉誠出版、2018

参考編集