メインメニューを開く

人と動物、愛のドラマスペシャル 『介助犬ムサシ〜学校へ行こう!〜』(かいじょけんむさし がっこうへいこう)は、2007年4月20日に放送したフジテレビ系列テレビドラマ。実話が基になっている。原作はハート出版の『介助犬武蔵と学校へ行こう!』。

目次

物語編集

吹奏楽部に所属し、中学校生活を送る少女、久美子。しかし彼女は「脊髄性筋萎縮症」という重い病気を抱えていた。病気が進行していくにつれて自分で動くことさえままならない状態となった彼女は絶望のふちに落とされる。そんな彼女を救ったのは介助犬「ムサシ」の存在。そして以前の明るさを取り戻していく。

主なキャスト・登場人物編集

板倉久美子:成海璃子
主人公。幼いころに「脊髄性筋萎縮症」にかかり、中学生になってから両親にそのことを告げられた。病気の進行とともに笑顔が無くなるが、言葉を話さないために嘘をつかないムサシに励まされ、以前の明るさを取り戻す。非常に明るい人物。
森岡祐司:吹越満
ムサシのいる「介助犬センター」の経営者。本来未成年に介助犬の貸し出しはしていないが、久美子の病状を知り特例で貸し出しを認める。久美子とムサシの絆を誰よりも深く信じる人物。
田口綾子:白石美帆
久美子のクラスの担任及び吹奏楽部の顧問。生徒には厳しい態度で接する。最初は久美子の病気に対し無関心な態度を示すが、後に介助犬との登校をPTAに説得するなど、久美子を支えていく存在となる。
板倉実:相島一之
久美子の父親。
池山和之:大杉漣
久美子の病名を告げた医者。
板倉祥子:片平なぎさ
久美子の母親。久美子のことを一番に考えている。
森岡新一:若葉竜也
森岡祐司の息子で久美子のクラスの転校生。一回目の介助犬とのマッチングテストで犬を怖がってしまった久美子にもう一度テストを受けるように説得するなど、久美子とムサシとの出会いに大きく影響を与えた人物のひとり。

2年3組の生徒編集

スタッフ編集

その他編集

  • ドラマ『1リットルの涙』で企画を担当していた関谷正征がプロデューサーを務めているためか、1リットルの涙との類似点が多く見られる。また、成海を主演に起用した理由も、「1リットルの涙の演技力を評価して」である。
  • 当初は3月16日に、『人と動物、愛のドラマスペシャル』として『介助犬ムサシ〜学校へ行こう!〜』と『太郎と次郎〜反省ザルとボクの夢〜』を二夜連続放送する予定だったが、この『介助犬ムサシ〜学校へ行こう!〜』が放送延期となったために両ドラマが単独放送となった。しかし、『人と動物、愛のドラマスペシャル』という題は残っている。
  • 白石は盲導犬をテーマにした映画『ベルナのしっぽ』に主演している。
  • 「私の一生はほんの十数年です 」で始まる『犬の十戒』のナレーションが各場面に散りばめられ、そのテーマとなっている人間と犬の信頼関係が感動的に描かれている。

関連項目編集

外部リンク編集