メインメニューを開く

仏生山工場(ぶっしょうざんこうじょう)は高松琴平電気鉄道において琴平線長尾線所属車両の検査、改修等を行う車両基地

仏生山車両所とも呼ばれ、車庫機能も備えている。仏生山駅を挟んで両側に工場と留置線が設置されており、北側の検車・車庫施設は通称『北工場』、南側の検車・車庫施設は『南工場』と呼称される。車輪研磨装置等の重要検査設備は北工場に、洗車機つき洗浄線などの保守管理設備は南工場に配置されている。車両の入換や事故発生時に出動するデカ1形電動貨車は、通常北工場の留置線に留置されている。なお、毎年11月3日に行われる『ことでん電車まつり』で公開されるのは北工場のみで、南工場では通常の車両入換や出入庫を行うため、基本的に一般客は南工場に入ることはできないが、『列車に乗っての洗浄線通過体験』などに参加すれば、南工場内に入ること自体は可能なようである。

また、志度線の車両は通常今橋工場で検査業務を行うが、台車の重要な検査時等はトレーラーに積載して運搬し、仏生山工場で整備を担当する。そのため、線路が琴平線とつながっていない志度線車両の検査標記も、仏生山工場となっている。

関連項目編集