メインメニューを開く

仏眼院(ぶつがんいん)は、岐阜県各務原市にある真言宗醍醐派寺院である。佛眼院ともいう。山号は矢熊山。

仏眼院
前渡不動尊.jpg
所在地 岐阜県各務原市前渡東町6-1975
位置 北緯35度23分5.84秒
東経136度52分51.28秒
山号 矢熊山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 不動明王
創建年 江戸時代
開基 明心
別称 前渡不動尊
札所等 美濃四国25番
法人番号 7200005002493
テンプレートを表示

通称「前渡不動尊(まえどふどうそん)」。正式名称より通称で呼ばれる事が多い。眼病治癒にご利益があるという。

本尊不動明王千葉県成田山の分身。

美濃四国札所第二十五札所。

目次

沿革編集

  • 前渡の旗本坪内家の家臣・山本軍八郎藤原盛行の一子・秀之助が盲目となり成田不動に眼病治癒を祈願し開眼。その報恩のために成田不動於いて得度を受け僧名を明心と改名。
  • 1890年明治23年)、標高87mの矢熊山(現 不動山)の山頂付近に二間四面の仮堂を建て、諸人の厄除の霊場となる。
  • 1891年(明治24年)、京都市醍醐山にあった土御門天皇1203年建仁3年)創建による豊臣秀吉の祈願所・仏眼院を移転、安置し奉る。
  • 1927年昭和2年)、岐阜県の十名所に選ばれる。
  • 現在の本堂は1900年(明治33年)に再建、1910年(明治43年)には鐘楼堂1928年(昭和3年)に弘法堂を建立。
  • 仏眼院開山 明心、二代目 了明、三代目 了英、四代目 心行 5代目 優王。

所在地編集

  • 岐阜県各務原市前渡東町6丁目1975

交通アクセス編集

その他編集

 
承久の乱 供養塔