仕太刀(したち)とは、武術(特に剣術)、武道(特に剣道)において用いられる用語の一つ。杖術杖道においては「仕杖」という。

形稽古(組太刀)を行う際に仕掛けてくる打太刀を倒す側の技または(技を披露する)人物を意味する。日本剣道形では打太刀は「師の位」、仕太刀は「弟子の位」とされ、上級者が打太刀、下級者が仕太刀をとる。

関連項目編集