メインメニューを開く

仙元 誠三(せんげん せいぞう、1938年7月23日 - )は、日本映画カメラマン撮影監督日本映画撮影監督協会(J.S.C.)賛助会員[1]

せんげん せいぞう
仙元 誠三
生年月日 (1938-07-23) 1938年7月23日(81歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府
職業 撮影監督
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ
テンプレートを表示

経歴編集

京都府出身。同志社大学中退。1958年8月1日松竹に入社。松竹京都撮影所にて撮影助手を務める。1967年にフリーとなり、1969年の『新宿泥棒日記』で撮影監督としてデビュー。以来、主に村川透澤井信一郎工藤栄一きうちかずひろらの監督作品を数多く手掛ける。

デビュー前はプロ野球選手を志しており、阪神タイガースにテスト生として入団していた経歴も持つ。

2014年、平成26年度文化庁映画賞の功労賞を受賞した[2][3]

2015年11月からは山形県東置賜郡川西町に在住。[4]

主な撮影作品編集

劇場映画編集

TVドラマ編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 日本映画撮影監督協会メンバーリスト”. J.S.C. (2017年5月20日). 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ 平成26年度文化庁映画賞について”. 文化庁 (2014年9月12日). 2015年3月19日閲覧。
  3. ^ 文化庁映画賞にアニメ美術の半藤克美氏、ポスタービジュアルの生頼範義氏ら” (2014年10月1日). 2015年3月19日閲覧。
  4. ^ 第2回 仙元誠三さん・温香さん夫妻【東沢地区に移住してきた皆さんを紹介するページ】”. はっぴぃたーんず東沢 (2016年5月31日). 2018年5月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集