メインメニューを開く
仙台トラストシティ(2010年6月1日)

仙台トラストシティ(せんだいトラストシティ)は、森トラストによる仙台市都心部東北学院中学校・高等学校跡地再開発の名称。

仙台トラストタワー
SENDAI TRUST TOWER
Sendai Trust Tower from east 2010-06-01.JPG
施設情報
所在地 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目9-1 ほか
座標 北緯38度15分23秒
東経140度52分35秒
状態 完成
建設期間 2008年平成20年)1月 - 2010年平成22年)4月30日
用途 商業施設・オフィス・ホテル
地上高
最頂部 約180m
各種諸元
階数 地上37階・地下2階・塔屋3階
延床面積 125,300
エレベーター数 37基
関連企業
設計 建築:松田平田設計大成建設
設備:森村設計
施工 建築:大成建設
空調・衛生:新菱冷熱工業
電気:きんでん
デベロッパー 森トラスト
テンプレートを表示
ザ・レジデンス一番町
THE RESIDENCE ICHIBANCHO
The Residence Ichibancho from east 2010-06-01.JPG
施設情報
所在地 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目9-4 ほか
座標 北緯38度15分20.2秒
東経140度52分35.5秒
状態 完成
建設期間 2008年平成20年)6月25日 - 2010年平成22年)6月15日
用途 共同住宅
地上高
最頂部 99.9m
各種諸元
階数 地上29階・地下1階
延床面積 30,360
関連企業
施工 戸田建設
デベロッパー 森トラスト
テンプレートを表示

180m超高層ビル仙台トラストタワー」、および、約100mの超高層マンションザ・レジデンス一番町」が主要な建造物となる。

沿革編集

2005年平成17年)4月東北学院中学校・高等学校東二番丁通りから宮城野区小鶴に移転した。この跡地を同年11月森トラストが取得した[1](取得額は不明)。仙台市の環境アセスメント条例などの適合を受ける間は平面駐車場として利用され、その後着工された。仙台トラストシティの総投資額は約550億にのぼる[2]

2008年平成20年)6月24日までは、建設地の住所である宮城県仙台市青葉区一番町に因み、仙台一番町プロジェクト(せんだいいちばんちょうプロジェクト)との仮称であったが、同日を以って現在の名称となった。

2010年平成22年)8月1日に仙台トラストタワーがグランドオープン。同日オープンしたウェスティンホテル仙台は、同年9月15日 - 26日までの12日間、第22回APECにおける第3回高級実務者 (SOM3) 会合の会場となった[3]

仙台トラストタワー編集

2008年平成20年)1月に着工、2009年平成21年)7月15日上棟2010年平成22年)4月30日に竣工[4]。地上37階・地下2階建て、延べ床面積は12万5299.60m2(約3万7900)、高さは約180m東北地方で最も高いビルである[5]。建設費500億円。

37階建ての高層棟とその周囲の低層部よりなり、車寄せがある東二番丁通りから見て左側(南側)にウェスティンホテル仙台の入口、中央にオフィス区域(6階〜24階)の入口、右側(北側)にトラストシティプラザの入口がある。オフィス最上階には第一三共(株)が入居している。

トラストシティプラザ編集

トラストシティプラザ(英称TRUST CITY PLAZA)は、仙台トラストタワーの低層部の1階~3階および高層棟の3階~5階にあるショッピング、レストラン、診療所、健康検診クリニック(企業経由の予約制が原則で、個人は、3Fの東二番町診療所[6] に受診することで一部の設備を活用する形で行う)などの商業施設である。

開業日には、日本初出店となったニューヨークチョコレート店「ジャック・トレス」や、東北地方初出店となった「サブウェイ」などが地元マスメディアで紹介された。また東日本大震災での被災に伴い、東京スター銀行仙台支店ファイナンシャル・ラウンジが5Fに旧店舗から移転してきている。

ザ・レジデンス一番町編集

仙台トラストタワーの南側の隣地に建設された集合住宅である。地上29階・地下1階建て、総戸数244戸(分譲125戸、賃貸119戸)[7]、高さ99.9mの超高層マンションで、2008年(平成20年)6月25日に着工され、2010年(平成22年)6月15日に竣工した[8][9]。上から見ると、南面に向かうV字型の形をしているのが特徴的である。

仙台圏ではミニバブル期にマンションが大量に供給されたためリーマンショック後には供給過剰の状態となり、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生前の当マンションの成約率は約7割に留まっていた[10]。しかし、当マンションは免震構造で地震の影響が少なく、また、中心部は震災翌日に停電が復旧してオール電化の強みが出せたことなどから、被災住宅からの住み替えによって入居が進み、6月末までに約9割まで埋まり[10]、翌年度中に完売した。

ギャラリー編集

アクセス編集

周辺施設編集

 
仙台トラストシティとSS30AERから撮影)

当施設は、北目町通り東二番丁通りの交差点の四つ角の一角を占める。他の3つの角は以下の施設が占める。

脚注編集

関連事項編集

外部リンク編集