メインメニューを開く

仙台国際センター(せんだいこくさいセンター)は、宮城県仙台市青葉区にあるコンベンションセンター、および、国際交流施設。「会議棟」(地図)と「展示棟」(地図)で構成される。隣接する「せんだい青葉山交流広場」(地図)にも大型テントを設営すると1万人規模の会議を開催することが可能。

仙台国際センター
Sendai International Center
Sendai international center03s3200.jpg
情報
完成 1991年3月
開館 1991年9月
収容人員 会議棟と展示棟の一体利用:6,000人
客席数 1,000席(会議棟・大ホール)
延床面積 会議棟:22,968.35m2[1]
展示棟:約6,000m²
設備 6か国語同時通訳ブース
用途 会議
運営 青葉山コンソーシアム
所在地 980-0856
宮城県仙台市青葉区青葉山無番地[2]
位置 北緯38度15分31.1秒 東経140度51分28.1秒 / 北緯38.258639度 東経140.857806度 / 38.258639; 140.857806座標: 北緯38度15分31.1秒 東経140度51分28.1秒 / 北緯38.258639度 東経140.857806度 / 38.258639; 140.857806
アクセス Sendai City Subway Logo.png地下鉄東西線国際センター駅より徒歩1分
外部リンク 仙台国際センター
玄関前のモニュメント:武藤順九「風の環」

仙台城大手門前にあるため、外観デザイン和風となっている。

概要編集

1991年平成3年)、6カ国語同時通訳設備を持つ国際会議場を備えたコンベンションセンター、および、一般市民向けの国際交流施設の2つの機能を持つ複合施設として開館した。コンベンション施設は、座席数1,000席の大ホールのほか、レセプションホール、12の会議室などを備える。仙台市は、1994年(平成6年)10月20日国際会議観光都市に認定された[3]

2010年(平成22年)9月6日から9日までの期間、APEC日本2010知的財産権専門家会合(IPEG)の会場となった。2015年(平成27年)3月14日から18日までの期間、第3回国連防災世界会議の主会場として使用された[4]。これに合わせ、既存施設を「会議棟」とし、新たに2014年(平成26年)12月には「展示棟」を隣接地に完成させ、同会議で使用した[1][5][6]。なお、同会議開催後の同年12月6日、最寄り駅として開業した仙台市地下鉄東西線国際センター駅地図)の2階部分には、当センターのコンベンション機能を一部支援することも考えて多目的ホールが併設された[7][8]

仙台市都心部の西、広瀬川右岸の青葉山公園内に所在するが、周辺は仙台城址のほか、仙台市博物館宮城県美術館東北大学川内キャンパス・宮城県仙台第二高等学校など、文教施設が集積している。川内キャンパスにも6カ国語同時通訳設備を備えた東北大学百周年記念会館川内萩ホール(1,230席、地図)があり、キャンパス内には講義室が多くあるため、学会会場として当センターとそれらを一体的に利用する例が見られる。

市民向け国際交流施設としての面では、例年9月に、当センターや市民団体などによるイベント 「せんだい地球フェスタ」が開催されている。

施設編集

利用情報編集

  • 開館時間 - 9:00 - 21:30
  • 休館日 - 12月29日 - 1月3日

会議棟編集

コンベンション施設
  • 大ホール
    • 1,000席(収納テーブル付席994席 + 車椅子6席)、舞台(間口16m、奥行12m、高さ8m)、6カ国語同時通訳ブース、300インチ大型映像装置
  • 会議室(大会議室2、中会議室2、小会議室8)
  • レセプションホール
一般市民向け利用無料施設
その他
  • カフェ「リーフ」

建築概要編集

展示棟編集

  • 展示室(シアター形式:2,560人、スクール形式:1,536人)
  • 会議室(4室)
  • 応接室(2室)
  • 控室(4室)

せんだい地球フェスタ編集

例年9月に「せんだい地球フェスタ」(2006年までの名称は「仙台国際センターまつり」)が開催される。各国料理の屋台が並び、外国の音楽・文化がステージ上で繰り広げられる。2007年(平成19年)の内容は以下の通りで、入場者4,500名、参加団体数67団体、ボランティア80名だった[9]

  • 国際交流団体・外国籍市民団体・留学生・ボランティアなどが主催
    • ステージパフォーマンス(2007年からステージを2か所に分散)
    • 世界の食ブース
    • スタンプラリー
    • 日本語弁論大会
    • 世界の文化★体験広場
  • 仙台国際交流協会主催
    • 日米文化交流「アメリカンアート・ワークショップ」
    • 防災ワークショップ「クロスロード」
    • 留学生のための自転車販売とリサイクルバザー
    • 「地球の子どもたち」写真展とコンテスト

なお、例年、東北大学国際交流会館(仙台市青葉区三条町)において、東北大学の留学生団体 (TUFSA) 主催で「東北大学国際祭り」が同様の形式で開催されていた[10]。「仙台国際センターまつり」(当時)との違いは、主催団体のほかに、観客規模が1000人程度であること、夜間にディスコパーティが開催されることにあった。2007年(平成19年)は「東北大学創立100周年まつり」と合同し、片平キャンパスで開催された。

利用者数・決算編集

仙台市に提出された指定管理者評価シート[11]に記載されているデータは以下の通り。2005年度と2006年度の利用者数は概数。


2005年度[12] 2006年度[12] 2007年度[13]
利用者数(合計) 234,000人 211,000人 256,700人
内訳 ホール・会議室 (不明) (不明) 222,700人
交流コーナー 34,000人
市の支出 指定管理者費用 4億1311万 4億0267万円 3億7180万円
その他 728万円 1118万円 1926万円
市の収入 使用料 2億8763万円 2億8751万円 2億9654万円
その他 904万円 889万円 881万円

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集