仙台市立上愛子小学校

宮城県仙台市にある小学校

仙台市立上愛子小学校(せんだいしりつかみあやししょうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区にある公立小学校

仙台市立上愛子小学校
Kamiayashishogakko.JPG
上愛子小学校
過去の名称 広瀬小学校上愛子分教場
広瀬国民学校上愛子分校
上愛子国民学校
広瀬村立上愛子小学校
宮城村立上愛子小学校
宮城町立上愛子小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 仙台市
併合学校 大倉小学校
作並小学校
設立年月日 1879年3月
開校記念日 11月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 989-3124
仙台市青葉区上愛子字白沢14
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

所在地編集

歴史編集

上愛子小学校は、1879年明治12年)3月に当時の上愛子村によって白沢に創設された。1889年(明治22年)に宮城郡作並村熊ヶ根村、上愛子村、下愛子村郷六村の5村合併により広瀬村が生まれると、下愛子にあった愛子小学校改め広瀬小学校の分教場(分校)になった。1932年(昭和17年)に上愛子国民学校に昇格した。1947年(昭和22年)に国民学校から小学校に改称した。上愛子小学校には、熊ヶ根の生徒も通い、後には大倉地区の南部も学区に組み入れた。児童数は1960年昭和35年)に485人に達したが、その後減少し、1968年昭和43年)には346人、2006年平成18年)には133人になった。

学区編集

上愛子地区(愛子小学校の学区は除く)、熊ヶ根地区、大倉地区の一部、芋沢地区の一部である[3]

上愛子と熊ヶ根は旧広瀬村内、大倉と芋沢は大沢村内。広瀬・大沢両村が合併して宮城町となり、その後、宮城町は仙台市に吸収合併された。

2020年4月1日からは、大倉・作並両小学校の学区も含まれる。

卒業後編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 上愛子小学校沿革
  2. ^ 147年お疲れさま 作並小の閉校式、感染防止へ異例の形式 -.河北新報・2020年3月16日配信(この記事に大倉小学校に関する記載もある)
  3. ^ a b 市立小・中学校の学区検索 - 仙台市公式HP

外部リンク編集