メインメニューを開く

仙名紀(せんな おさむ、1936年1月8日 ‐ )は、日本の翻訳家。

東京市(現東京都渋谷区)生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。朝日新聞社出版局で雑誌編集などをし、1996年定年退職。新聞社在職中から、上智大学で非常勤講師を務め、また翻訳を手がけていた[1][リンク切れ]

著書編集

  • 『ハワイ・歴史の旅』花曜社 1973
  • 『クリエイティブ・ライティング 新川マスコミ文章練習法』朝日ソノラマ 1975

翻訳編集

  • フレッド・ブランフマン編著『ジャール平原』二見書房 1973
  • ライラ・カリド『わが愛はパレスチナへ』番町書房 1974
  • レナード・ビッケル『飢餓への挑戦 ノーマン・ボーローグと緑の革命』TBS出版会 1975
  • バーナード・クリッシャー『インタビュー 天皇から不破哲三まで』サイマル出版会 1976
  • C.P.ルイス,A.A.ヨルゲンセン『栄光の蒸気機関車 写真集 アフリカ大陸』ノーベル書房 1982
  • リー・アイアコッカ『アイアコッカの直言』朝日新聞社 1986
  • アーネスト・ヘイコックス『テキサスから来た男』1986 (中公文庫)
  • バーナード・クリッシャー『住んでみた日本 東と西は理解し合えるか』サイマル出版会 1986
  • アイザック・アシモフ,カレン・フレンケル『ロボットの世界 知能ロボットは人間を越えるか』東急エージェンシー出版部 1986
  • トマス・オリヴァー『コカ・コーラの英断と誤算』早川書房 1986
  • ジェフ&マリー・ブリスカル『PRビジネスの内幕 マスコミを操る影武者たち』東急エージェンシー出版事業部 1987
  • ジョージ・ギャラップ・ジュニア,アレック・M.ギャラップ『新・成功哲学 いま、アメリカをリードする50人のサクセスストーリー』竹井出版 1987
  • アンソニー・サンプソン『ブラック・アンド・ゴールド 国際ビジネスを揺るがす南アフリカ』早川書房 1987
  • アンソニー・スミス『ザ・ニュースペーパー』1988 (新潮選書
  • ウイリアム・J.ドネリー『コンフェッティ・ジェネレーション ニューメディア近未来白書』早川書房 1988
  • ジェームズ・スパダ『グレース・ケリー プリンセスの素顔』朝日新聞社 1989
  • ナンシー・ミルマン『スーパーアドマン 国際広告界の帝王たち』ダイヤモンド社 1989
  • ロバート・S・マクナマラ『冷戦を超えて』早川書房 1990
  • テッド・オールビュリー『沈黙の向う側』東京創元社(創元ノヴェルス) 1990
  • ジェローム・トッチリー『マードック 世界制覇をめざすマスコミ王』ダイヤモンド社 1990
  • ノロドム・シアヌーク,バーナード・クリッシャー『私の国際交遊録 現代のカリスマとリーダーシップ』恒文社 1990
  • アルバート・ゴールドマン『ジョン・レノン伝説』朝日新聞社 1992
  • ジャン・モリス『スペイン』図書出版社(海外旅行選書) 1992
  • ジョイス・ミルトン『イエロー・キッズ アメリカ大衆新聞の夜明け』文芸春秋 1992
  • ロン・グローヴァー『ディズニー・タッチ 王国を建て直した経営の魔術』ダイヤモンド社 1992
  • マーティン・S.キグリー『バチカン発・和平工作電 ヒロシマは避けられたか』朝日新聞社 1992
  • ロバート・F.スレイツァー『マリリン・モンロー他殺の証明』朝日新聞社 1993
  • ジェームズ・ウィテカー『最後の審判 ダイアナvsチャールズ新潮社 1993
  • ジェイン・コービン『ノルウェー秘密工作』新潮社 1994
  • アレグザンダー・ウォーカー『エリザベス・テイラー』朝日新聞社 1994
  • マイケル・ホワイト,ジョン・グリビン『素顔のアインシュタイン』新潮社 1994
  • ジュディ・ローマックス『ヴァイキングの航海 「ガイア号」でアメリカ大陸へ』図書出版社(海外旅行選書)1994
  • ラリー・キング『CNNラリー・キングの話し上手のコツ』東急エージェンシー出版部 1995
  • ジョナサン・ディンブルビー『チャールズ皇太子の人生修業』朝日新聞社 1995
  • H・M・スタンリー『緑の魔界の探検者 リビングストン発見記』小学館(地球人ライブラリー)1995
  • ジョン・ケアリー編『歴史の目撃者』朝日新聞社 1997
  • ジェームズ・A.ベーカーIII,トーマス・M.デフランク『シャトル外交激動の四年』1997 (新潮文庫)
  • マイケル・フォッセル『不老革命』アスキー 1997
  • ブルース・ポリング『だからスキャンダルは面白い』1997 (文春文庫)
  • ジョン・リトワイラー『オーネット・コールマン ジャズを変えた男』ファラオ企画 1998
  • ドナルド・スポト『ダイアナ仮面の裏側』主婦と生活社 1998
  • アーマ・ボンベック『シワの数だけ愛をこめて 笑いのバイブル』主婦と生活社 1998
  • ウィリアム・ショークロス『マードック 世界のメディアを支配する男』文藝春秋 1998
  • ビル・ガーツ『誰がテポドン開発を許したか クリントンのもう一つの“失敗"』文藝春秋 1999
  • ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験 北米アパラチア自然歩道を行く』中央公論新社 2000
  • ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『水によるセラピー』アサヒビール(アサヒ・エコブックス 2001
  • ソロー『山によるセラピー』アサヒビール(Asahi eco books 2002
  • ソロー『風景によるセラピー』アサヒビール(Asahi eco books 2002
  • ハディル・ハムザ,ジェフ・スタイン『私はサダム・フセインの原爆を作っていた!』廣済堂出版 2002
  • スチュワート・A.シュレーゲル『熱帯雨林の知恵 フィリピン・ミンダナオ島の平和愛好部族』アサヒビール 2003
  • キティ・ケリー『ブッシュ・ファミリー ブッシュ一族虚飾の源流1908年』ランダムハウス講談社 2004
  • キティ・ケリー『ブッシュ・ダイナスティ 父子二代大統領栄華の行方1972年』ランダムハウス講談社 2004
  • D.リー・ジェイコブズ『FBI潜入捜査官 マフィアを騙してゴッドファーザーになった男』バジリコ 2004
  • ジャイルズ・ミルトン『奴隷になったイギリス人の物語 イスラムに囚われた100万人の白人奴隷』アスペクト 2006
  • アルバート・ジャック『のぞき見トムとハットトリック 英語慣用句のふしぎな語源』2006 (小学館文庫)
  • テッド・C.フィッシュマン『中国がアメリカを超える日』ランダムハウス講談社 2006
  • ルイス・J.フリー『マイ・エフ・ビー・アイ』オープンナレッジ 2006
  • エリザベス・コルバート『地球温暖化の現場から』オープンナレッジ 2007
  • ニーアル・ファーガソン『憎悪の世紀 なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか』早川書房 2007
  • H.ポール・ジェファーズ『愛しの太っちょ ダイヤモンド・ジムの生涯』清流出版 2008
  • ニーアル・ファーガソン『マネーの進化史』早川書房 2009 のち文庫 
  • ダン・ビュイトナー『ブルーゾーン 世界の100歳人に学ぶ健康と長寿のルール』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010
  • リチャード・フロリダ『グレート・リセット 新しい経済と社会は大不況から生まれる』早川書房 2011
  • スチュアート・ブランド『地球の論点 現実的な環境主義者のマニフェスト』英治出版 2011
  • グレッグ・パラスト『告発!エネルギー業界のハゲタカたち』早川書房 2012
  • ニーアル・ファーガソン『文明 西洋が覇権をとれた6つの真因』勁草書房 2012
  • ゲイブリエル・ウォーカー『命がけで南極に住んでみた』柏書房 2013
  • クライメート・セントラル『いま地球には不気味な変化が起きている』柏書房 2013
  • アレックス・ザヴォロンコフ『平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか』柏書房 2014
  • ダイアン・ヘイルズ『モナ・リザ・コード』柏書房 2015
  • エドワード・ワン『箸はすごい』柏書房 2016

脚注編集