メインメニューを開く

仙川アヴェニュー・ホール“ve quanto ho......”

仙川アヴェニュー・ホール "ve quanto ho......"(せんがわアヴェニュー・ホール「ヴェ・クヮント・オ……」)は、東京都調布市仙川町にあるビル「仙川アヴェニュー」内で、2009年7月1日から2014年8月31日まで営業していた音楽ホール[1]。ビルとしての施設名は「仙川アヴェニュー」で、後述のとおり「仙川アヴェニュー 北プラザ」にテナントとして入居する形で音楽ホールを運営していた事業所名が「仙川アヴェニュー・ホール“ve quanto ho......”」であり、本項目では主に後者について述べる。

仙川アヴェニュー・ホール“ve quanto ho......”
Ve quanto ho.......JPG
ホール2階席からの眺望
(写真のピアノはKAWAIのクリスタル・グランド)
情報
正式名称 仙川アヴェニュー・ホール“ve quanto ho......”
旧名称 桐朋学園第二別館ホール
完成 1988年6月
開館 2009年7月1日
開館公演 藤井一興岩崎淑岩崎洸
閉館 2014年8月31日
客席数 160席(増減可)
延床面積 ホール:244.7m2
楽屋:34.55m²
設備 音楽ホール
用途 コンサートクラシック、レコーディング、公開レッスン、一般貸し出しなど
旧用途 桐朋学園の学内催事
運営 桐朋学園OB・OG
所在地 東京都調布市仙川町1-25-2 仙川アヴェニュー北プラザ2F
アクセス 京王電鉄京王線仙川駅より徒歩2分

ホールの音響設計は橘秀樹。総床面積245m2天井高6.5m客席160人収容。全2階席構成で、1階席壁面には音響調整カーテンが装備されていた。

名称の由来編集

"ve quanto ho......"(ヴェ・クヮント・オ)は、イタリア語で「ここにどれだけを有するだろうか……」という意味[2]。ホールを救済したメンバーたちによる期待感が込められたネーミングである。また、1988年6月から2007年3月まで入居していた桐朋学園の内部では「別館ホール」と呼ばれていたことにちなみ、“ve quanto ho”は単語の区切りを変えると「別館・桐朋」と読める掛け詞になっている。

仙川アヴェニューの沿革編集

設立当初編集

京王線仙川駅東南部の都道調布都市計画道路3.4.17号狛江仙川線[3][4]工事着手予定計画により、当該土地で作を営んでいた土地所有者の伊藤容子が、畑の真ん中に都道が通ることになるため畑作を断念した。そして数棟の賃貸テナントビルを構想するに至り、地元で音楽学部を擁する桐朋学園大学を運営する学校法人桐朋学園に呼びかけ、桐朋学園が入居するビル群「仙川アヴェニュー」を竣工した。

伊藤容子が代表取締役を務める不動産取引業有限会社ハウジングプラザ(仙川町1丁目24-1)[5][6]が土地所有者であり、またビル管理会社を兼ねて同ビル内に事務所を設け、自前で管理メンテナンスを営んでいる。

仙川アヴェニューはテナント以外に、桐朋学園が使用する施設と、賃貸マンションで構成されたビル群であった。テナントとして他に、カフェアート・ギャラリーミュージアム演劇場弦楽器工房、舞台衣装店、美容室フランス料理店、スイーツ店、高級防音賃貸マンションなどが入居していた。

桐朋学園時代編集

複数の棟は時期を違えて完成したが、本ホールが含まれる「仙川アヴェニュー 北プラザ」は1988年6月に完成し、桐朋学園の内部では「第二別館」と呼ばれていた。この「北プラザ」のうち5部屋の防音教室と音楽ホール部分のみ桐朋学園が使用し、同ビルの他部分はテナントと賃貸マンションで構成されていた。

その後、桐朋学園が入居していた教室部分から退去し、有限会社ハウジングプラザが元教室部分を防音マンションに改装し、賃貸マンションとして一般に提供することとなった。「仙川アヴェニューホール」部分のみはその後も継続して桐朋学園が入居していたが、2007年3月末で桐朋学園が全面的に退去した。

自社運営時代・1編集

     
ホール1階席からの眺め(写真のピアノはKAWAIのクリスタル・グランドピアノ)
桐朋学園第二別館
晴天時にはオープン・カフェになるホール1階部分のテラス

2007年4月以降は、「仙川アヴェニューホール」を有限会社ハウジングプラザが自前で貸しホールとして運営開始した。古いアップライトピアノが1台設置されただけで、楽屋もなく、施設内も改装されていなかったため、利用者がほとんどない状態であった。

「仙川アヴェニュー」内の賃貸マンション部分の入居者には、桐朋学園の在校生や卒業生らが多く、事情を知った桐朋学園OB・OGが立ち上がり、2008年より有限会社ハウジングプラザをサポートする活動を開始した。現代建築アートの街であることにちなみ試験運用として、KAWAIクリスタルグランドピアノ[7]を特別に改造し演奏の可能性を拡張した楽器を、賛同者とともに用意しホールに提供した。発起人は同ビル内の住人であった桐朋学園OBの尾西秀勝であった。

桐朋学園OB・OG時代編集

本格的なコンサートグランドピアノを導入することで運営できる可能性を見出し、桐朋学園大学OBの尾西秀勝が個人事業主として正式に起業することで、2009年7月1日に「仙川アヴェニュー・ホール "ve quanto ho......"」の事業名で開館した。こけら落し公演は藤井一興および岩崎淑と弟のチェリスト岩崎洸により行われた。納入されたのはファツィオリ (FAZIOLI) のセミ・コンサート・グランドピアノで、ファツィオリピアノの響板は、ストラディヴァリウスアマティウスグァルネリウスなどのクレモナの歴史的弦楽器と同じく、フィエンメ渓谷産の赤トウヒで制作されていることにちなみ、岩崎洸がストラディヴァリウスを持ち込んでのこけら落しとなった。

ファツィオリ・ピアノの評判が非常に高く、たちまち中小ホールでは演奏しないような国内の著名アーティストや、来日するビッグ・アーティストたちが利用し、テレビ番組音楽雑誌でも多く取り上げられる人気ホールとなり、レコーディング場所としても人気を博した。

有名コンサートホールとして稼働率が高かったが、2014年8月31日をもって地主の急な方針転換により突然閉館となった[1]。閉館後はインターネット上に数々の憶測と批判が広がったが、公式サイト上で閉館の理由が情報公開されたことから、SNS上の噂話は姿を消した[1]

公式サイトによれば、過去の利用者がホールに設置していたファツィオリのグランドピアノに対し、利用規約で禁止されていた内部奏法ピアノ内部のを素手で触り騒音を出す)を無断で実施する事件が発生し、その利用者がホール事務局側から損害賠償を請求されたが従わず、さらに腹いせにホールに対し営業妨害脅迫行為を繰り返し、さらにビル所有会社の管理事務所へ押しかけるなどしたことから、長期にわたるトラブルを抱えていたことが閉館の理由と説明されている[1]。なお、問題のファツィオリ・ピアノのモデル「シルヴァー」は、館長であった尾西秀勝の個人所有物であったため、閉館とともに搬出された。

美術館時代編集

2014年9月より新しいテナントが入居し、古美術商による美術館としての運営を開始したが、長くは入居せず退去した。

自社運営時代・2編集

再度テナントを失ったことから、有限会社ハウジングプラザが「仙川アヴェニューホール」として、自前で貸しホールとして運営開始することとなった。ピアノのない状態であった。

現在編集

KEI音楽学院[8]や東京シティオペラ協会[9]を主宰する川村敬一夫妻が新しいテナントとして入居することとなり、2016年4月に仙川フィックスホールの名称で開館した[10]ハンブルク・スタインウェイのB型ピアノモデルが納入されているため、ピアノソロ室内楽よりも、川村の人脈から歌曲の伴奏用途を中心とする公演企画で使用されている。

またビル群そのものは「プラザ・ギャラリー」「ハウジング・プラザ 仙川アヴェニュー」「東京アートミュージアム (TOKYO ART MUSEUM, TAM) 」として、近隣の調布市せんがわ劇場とともに、仙川駅から続く「仙川安藤忠雄ストリート」の一角をなしている[5]

脚注編集

参考資料編集

  • クラシック音楽情報誌『ぶらあぼ』2009年5月号
  • 音楽之友社『音楽の友』2009年7月号
  • ショパン『ショパン』2009年10月号
  • 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 (PTNA) 会報『OUR MUSIC』282号「特別インタビュー・リポート 演奏家の理想をかなえるホールを/仙川アヴェニュー・ホール館長、尾西秀勝先生と楠原祥子先生に聞く」[1]
  • 桐朋学園音楽部門同窓会会報『同窓会便り』15号

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ 会報バックナンバー 282号 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 (PTNA) 公式サイト