メインメニューを開く

仙石 政明(せんごく まさあきら)は、信濃上田藩の第3代藩主、のち但馬出石藩の初代主。出石藩仙石家4代。

 
仙石政明
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年3月1日1659年4月22日
死没 享保2年6月6日1717年7月14日
別名 主税(通称)、政俊(祖父と同名)
戒名 真竜院殿徳巌雄義大居士
墓所 東京都文京区白山の大乗寺
官位 従五位下、越前
幕府 江戸幕府高田城在番
主君 徳川家綱綱吉家宣家継吉宗
信濃上田藩主→但馬出石藩
氏族 仙石氏
父母 父:仙石忠俊
母:浅野光晟の娘・亀子(仙寿院)
養父:仙石政俊
正室:中川久恒の娘・佐都子(清光院)
側室:鳥居氏、清瀬(平林氏)
勝姫(織田信房正室)
養子:政房

目次

生涯編集

万治2年(1659年)3月1日、上田藩の第2代藩主・仙石政俊の長男・仙石忠俊の長男として生まれる。忠俊は寛文7年(1667年)2月に早世したため、政明が祖父・政俊の養嗣子となり、寛文9年(1669年)2月25日に政俊が隠居すると家督を継いだ。しかし幼少のため、実権は政俊が握っていた。藩主就任のとき、政俊の弟・仙石政勝に2000石を分与したため、上田藩は5万8000石となった。

寛文12年(1672年)12月28日、従五位下越前守に叙任する。延宝2年(1674年)7月に政俊が死去すると、仙石政勝や松平光勗らの補佐を受けた。藩の財政がこの頃から行き詰まったため、延宝3年(1675年)7月に上米・倹約令などを出している。

天和元年(1681年)には酒井忠能改易により、駿河田中城受け取り役を務めた。また同年、上野沼田藩のお家騒動と改易に伴い、真田信利の3男・栗本直堅(栗本外記)と4男・真田辰之助を預かり、上田城内の空き屋敷に軟禁する(元禄元年(1688年)赦免)。貞享元年(1684年)には越後高田城在番を務めている[1]。貞享3年(1686年)と元禄15年(1702年)の2度にわたり、上田城の修築工事を行っている。

宝永3年(1706年)1月28日、上田藩から出石藩へ移封された。享保2年(1717年)6月6日に死去した。享年59。男子6人が全て早世したため、分家の政房を養子にして跡を継がせた。

脚注編集

  1. ^ 天和元年(1681年)の高田藩松平光長改易後の4年間は1年交代で、近隣の大名2家ずつが選ばれ、高田城に在城で城番を勤めた。政利の時の相方は同じ信州の諏訪藩主の諏訪忠晴(諏訪因幡守)と思われる。

外部リンク編集

関連項目編集

  • 出石そば - 前述の信濃上田から但馬出石への移封の際、信州そばの職人を連れてきたことに始まるとされる。