メインメニューを開く

仙龍寺

日本の愛媛県四国中央市にあるの仏教寺院

仙龍寺(せんりゅうじ)は愛媛県四国中央市新宮町に所在する真言宗大覚寺派の寺院である。詳しくは金光山(きんこうざん)遍照院 仙龍寺と号する。本尊は弘法大師で、かつては、四国八十八箇所六十五番札所三角寺と一体であり、その大師堂であったが、分離独立し今はその奥の院になっている。「四国總奥之院」(伊予国総奥之院)と云われ、四国別格二十霊場十三番札所、四国三十六不動尊霊場二十六番札所でもある。

仙龍寺
Senryuji 09.JPG
境内
所在地 愛媛県四国中央市新宮町馬立1200
位置 北緯33度57分2.4秒東経133度36分22.53秒座標: 北緯33度57分2.4秒 東経133度36分22.53秒
山号 金光山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 弘法大師
創建年 不詳
開基 (伝)法道
正式名 金光山 遍照院 仙龍寺
別称 厄除大師、虫除大師
札所等 四国八十八箇所65番三角寺奥院
四国八十八箇所伊予国総奥の院
四国別格二十霊場13番
四国三十六不動26番
法人番号 2500005005859
テンプレートを表示

御詠歌:極楽は 他にはあらぬ この寺に 御法の声を きくぞうれしき

目次

概要編集

旧新宮村の国道319号沿いにあり、銅山川を見下ろす山中に所在する。境内は崖の途中にあり、本堂は舞台造りとなっている。本堂前広場の下にはが流れている。

伝説によれば法道仙人がこの地に居を構えたことに始まるとされる。平安時代初期の弘仁6年(815年空海(弘法大師)が42歳の時にこの山を訪れた。空海はここに住んでいた法道仙人よりこの地を譲り受け、厄除と虫除五穀豊穣の護摩修行を21日間行ったとされる。修行満願成就の後に空海は自身の姿を刻んだと言われ、この本尊は「厄除大師」または「虫除大師」と呼ばれるようになった。

境内編集

 
入口付近
  • 本堂:昭和9年10月竣工、服部覺禅住職の時。本堂の中に入って参拝する。本尊大師像の開帳は節分の夜と、9月最初の土曜日の夜。
  • 仙人堂:法道仙人を祀る
  • 弥勒堂
  • 鐘楼
  • 不動堂:国の史跡・伊予遍路道三角寺奥之院道を約800m戻ったところにある。毎年5月28日には当寺の住職により法要が行われる。

国道319号脇に十分な駐車スペースがあり、そこから石段を渓流沿いに約10分上がれば本堂前に至る。本堂の前にも駐車スペースがあるが、その道(入口付近の画像の左側に見える道がそれである)は急坂で普通車でぎりぎりなので初参拝者と自信の無い者は歩くべし。本堂の正面入り口に履物を脱いで二階に上がると納経所がありその奥が参拝所である。階下に降りたトイレ前の手洗い場も雰囲気が良いのでお勧め。弥勒堂、仙人堂は本堂の対面の石段を上がるとある。本堂付近と入口付近の紅葉は1か月近くずれる。

文化財編集

  • 奥之院の大杉(四国中央市指定天然記念物)通夜堂下の蟹渕のそばに自生している。目通り5.4m、樹高約40m、樹齢300年以上。1982年11月03日指定
  • 清滝(四国中央市指定名勝)滝高30m、幅5m。1972年11月03日

画像編集

前後の札所編集

四国別格二十霊場
12 延命寺 -- (29.6km) -- 13 仙龍寺 -- (13.8km) -- 14 椿堂

参考文献編集

  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 愛媛県高等学校教育研究会社会科部会/編 『新版 愛媛県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1991年 24ページ
  • 現地説明板

関連項目編集

外部リンク編集