メインメニューを開く

代明親王

醍醐天皇の皇子

代明親王(よしあきらしんのう)は平安時代中期の皇族。第60代醍醐天皇の第三皇子。母は更衣藤原鮮子官位三品中務卿

代明親王

続柄 醍醐天皇第三皇子
身位 親王
敬称 殿下
出生 延喜4年(904年
死去 承平7年3月29日937年5月12日
配偶者 藤原定方の娘
子女 源重光
源保光
源延光
恵子女王
荘子女王
厳子女王
ほか
父親 醍醐天皇
母親 藤原鮮子
役職 三品中務卿
テンプレートを表示

経歴編集

親王の邸宅は桃園親王と呼ばれた貞純親王の邸宅で、後に源保光(桃園中納言)、藤原師氏(桃園大納言)、藤原近信藤原伊尹家へ移り、その後藤原行成(親王の曾孫にあたる)の邸宅となり、行成はその邸内に寺を建立した。これが世尊寺である。

親王の王子はいずれも源姓を賜り臣籍降下した。いわゆる醍醐源氏で、特に保光王は桃園家の、延光王は枇杷家の祖となり繁栄した。

血縁編集

  • 同母姉妹

関連項目編集