メインメニューを開く

仮説実験授業(かせつじっけんじゅぎょう)は、科学の基本的概念や原理的な法則を教授するために開発された授業理論[1]1963年昭和38年)に板倉聖宣が提唱した[1]

目次

概要編集

教科書学習指導案の機能を兼ね備えた「授業書」により授業を進めるのが基本である[2]。授業書には予め問題と選択肢が用意されており、学習者はその選択肢に基づいて実験結果を予想する[2]。さらに、複数の学習者がその予想を話し合った上で実験に臨み、実験結果と仮説を比較検討する[1]。このプロセスを繰り返すことにより、学習者が概念・法則を獲得するに至るとする[1]。板倉は基礎的・基本的な概念に関わるもの常識的に考えると誤答するもの正答が簡単な実験によって判明するものという3つの条件に当てはまる課題が仮説実験授業に適するとしているという[3]。したがって、自然科学理科)に限らず、人文科学社会科学社会科)分野への適用も可能である[1]

授業書の例編集

ガリレオ・ガリレイが行ったとされるピサの斜塔の実験を題材にした場合には、以下のような授業書が用意されることになる[4]

  • 問題
    • 高さ50メートルの塔から、重さの違う大小2つの鉄球を落としたとき、結果はどうなりますか。
  • 予想(自分の予想に○をつける)
    • ア - 重い大の鉄球が速く地面に到達する。
    • イ - 軽い小の鉄球が速く地面に到達する。
    • ウ - 同時に地面に到達する。
  • 討論
    • どうしてそう思いますか。考えを話し合ってみましょう。
  • 実験の結果
    • [(記述欄)]

仮説実験授業研究会と仮説社編集

授業書の開発は仮説実験授業研究会が中心となって行っている[1]。また、仮説社が仮説実験授業に関する書籍を扱っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 碓井岑夫 2003, p. 102.
  2. ^ a b 小林重章 2011, p. 40.
  3. ^ 竹綱誠一郎 1999, p. 128.
  4. ^ 竹綱誠一郎 1999, p. 129の例を参考に作成。

参考文献編集

  • 碓井岑夫「仮説実験授業」『新版学校教育辞典』今野喜清・新井郁男・児島邦宏、教育出版、2003年、102頁。ISBN 4-316-34950-3
  • 小林重章「仮説実験授業」『新版教育小事典第3版』平原春好・寺﨑昌男、学陽書房、2011年、40頁。ISBN 978-4-313-61033-0
  • 竹綱誠一郎、鎌原雅彦『やさしい教育心理学』有斐閣〈有斐閣アルマ〉、1999年。ISBN 4-641-12068-4

関連項目編集

外部リンク編集